2012年10月31日

私はイメルダ

今日はハロウィンです。
日本でもだいぶ定着してきましたネ。
先週末は勝田台の商店街でも何人かの魔女っ子を見かけました 
今日は一目散に帰ってきたので分りませんが、きっと繁華街はすごいことになっているのでしょう。なんとも日本人らしいことです♪

ちなみに私は毎年この時期になると、イメルダ夫人だったあの日を思い出します(゚∇゚ ;)エッ!?    ・・・覚えてますか?? イメルダ夫人。

フィリピンのマルコス大統領夫人にして、靴コレクター。
その独裁ぶりと強烈なキャラは世界中で話題となりましたね。
日本でも一時期、彼女の顔をニュースで見ない日はなかったものです。

私はアメリカに留学中、何故かハロウィンにこのイメルダ夫人の格好をさせられたのですよ(´-д-;`)
アメリカはモチロン本場ですから、ハロウィンの盛り上がりっぷりはすごいものがあります。子供はみんな朝から仮装をし、高校でも『ハロウィン仮装大賞』があるんです

私たち日本人留学生(計9名)は少しでもアメリカ文化に触れ、溶け込まなくてはいけない身。もちろんこうした行事をスルーは出来ません。引率教員の鶴の一声でゾロゾロと演劇部の衣裳部屋へ向ったのでした。そしてそこにあったのがキラキラゴテゴテのド派手なドレス・・・
思わず手に取った私を見て、誰かが呟きました。
           
  「Mrs.Imelda・・・」 ※どういう意味じゃ

(ツッコミも虚しく)Japanese Imelda誕生の瞬間です
こういうの大好きでノリノリでメイクを施してくれたホストマザーの協力もあり、当日はかなり立派なイメルダ夫人が出来上がりました。みんな大ウケです。私もその頃にはけっこう楽しくなっていたのでフト思いついてホストマザーのハイヒールを2足、両手に持ってみたら、これまたウケました。ちょどその頃、イメルダ夫人の靴コレクションが公開され、強烈なインパクトを与えてたんですよ( ̄ー ̄)ニヤリッ

まぁコンテストで入賞はしなかったものの「オモロイ日本人」として認識されたのは確か。他の日本人の女の子は「白雪姫」とか「森の妖精」とかの仮装をしてましたが、イメルダである私の後ろには子供の列が出来てましたね~w

・・・以上、私のハロウィンにまつわるレアすぎる思い出です。
あの時の写真が手元にないのが残念でなりません。
ま、あっても載せないけどね!!!(爆)

 
            お後がよろしいようで。




image[2]
←懐かしいですねぇ、イメルダ夫人。今はどうしているのでしょうか・・・
とりあえず「マリキナ靴博物館」という所に夫人の数々の靴コレクションが展示されているそうです。ちょっと見たい気がする(笑)



shizutamarakugo at 21:08コメント(8)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2012年10月31日 21:26
そのうち世界中のお祭りを日本でやりそうですね(^_^;)。
海の向こうでハロウィンのたびに猫ムスメさんが
思い出されていることでしょう。
その装束での(^_^;)。
ハロウィンもそのうち日本流にアレンジされて
本家とは別の道を歩んでいきそうです。
2. Posted by こうじ   2012年10月31日 21:43
ハロウィーンなるもの、参加したことがないだけに、楽しさも内容もイマイチわかりません。
帰り道、魔女が被る様な帽子姿の白人親父とその子供にすれ違ったくらいです。
イメルダ夫人確かアメリカにいるのでは?テレビで見た様な気がします。

ブログから想像する猫ムスメさん、米国でイメルダにされてる姿がミスマッチでウケました(笑)。トホホ顔からのどや顔ってところでしょうか
3. Posted by 猫ムスメ   2012年11月01日 07:39
HyperChemさん

良くも悪くも柔軟な日本人。
ハロウィンで魔女に扮する「平たい顔族」を見ると残念な気持ちになりますね ま、イメルダもどうかと思いますが(笑)

コンビニで、昨日20時くらいにはハロウィン関連商品(中身は全然関係ないけどパッケージがハロウィンとか)が投売りされてたそうですw なんだかなぁって感じですね。
4. Posted by 猫ムスメ   2012年11月01日 07:47
こうじさん

アメリカではハロウィンもクリスマスも家族が(遠方に住む人も)集まり皆で楽しむ大事な行事です。目的の1つは皆が集まり無事を確認し合うことです。馬鹿騒ぎするものではありません。そこからしてもう日本人は履き違えてますね まぁなんとも日本人らしくていいのかな(?)とは思いますが・・・

私は当時、巨漢ホストファミリーのお世話になっていたお陰で自分も巨漢になっていました(8キロ増量)。顔も身体もパンパンだったので、イメルダのイメージにピッタリだったのだと思います
やはり化粧の力が大きいと思いますが、かなり立派なイメルダでしたよ(笑) ホント、しまいには楽しくなってドヤ顔でした
5. Posted by オスカー   2012年11月01日 11:14
こんにちは。懐かしいイメルダ夫人!!でも印象は大量の靴しかない!!
ハロウィンって本来の意味からハズレ過ぎてるし、色も黒とオレンジがメインでディスプレイもいまいち暗くて~別になくてもいいイベントな気がする…
猫ムスメ様の写真がないのが本当に残念!!
今日から11月、またよろしくお願いいたします~ペコッ!!
6. Posted by 猫ムスメ   2012年11月01日 17:59
オスカーさん

やはりイメルダ夫人と言えば靴ですよね~ あの「靴部屋」っていうんですかね、3千足の靴がズラリと仕舞われた部屋が公開された時にはスゴッ! と思いましたもん。そして子供心に「悪いことしたお金でこれだけ買ったんだろうなぁ」と思いました 
まさか自分がその “悪いこと(独裁政治)して靴買ったおばちゃん”に扮することになるとは・・・人生って分からないものです(笑)

ハロウィンはだいぶ騒がれるようになりましたが、本当の意味でクリスマスほど定着はしないと思いますよ。まず、子供が他人の家を訪問したら危ないですしね、今の日本だとw 逆に大人もお菓子あげたら「声かけ禁止条例」に抵触して逮捕されちゃいますよ~

早いもので今日から11月
こちらこそ今月もよろしくお願い致しま~す(ペコリペコリ)

7. Posted by 甘木   2012年11月01日 21:02
遅ればせながら3周年おめでとうございます
今後も楽しい話題を期待しております。
・・・しっかし、イメルダ夫人とはまたずいぶん古い話で(笑)。
あの革命は私が高校生の時の話ですからねぇ。
靴の話もそうですが、一連の騒動でフィリピンの大司教だかが
「マルコスから金だけ貰って、選挙はアキノに入れましょう」
と呼びかけていたのが妙に印象に残っています。

・・・ハロウィンは確か「カボチャ大王」が来る日じゃ・・・(笑)。
8. Posted by 猫ムスメ   2012年11月02日 06:55
甘木さん

お祝いコメントありがとうございます
イメルダ夫人、やっぱちょっと古かったですかね(^_^;) 今の20代以下は「誰それ?デビ夫人じゃね~のw」って感じなんでしょうね(笑) 私も革命の時は多分まだ子供だったと思うので靴の印象しか覚えてませんが、大司教のそんな発言もあったのですね。核心を突いているかもしれませんね。
流石は甘木さん、素晴らしい記憶力です

まぁこんな感じの化石的ブログですが(笑)、どうぞ今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ