2012年11月25日

根津の紅葉

谷中で数々のリベンジを果たしたワタクシでしたが、季節は正に紅葉シーズン  例年なら成田山まで紅葉狩りに行っている頃です。

今年は日程が合わず成田へは行けませんでしたが、考えてみればすぐ近くに「根津神社」があるではないか!!! 根津神社と言えばつつじですが、神社なんだから銀杏の1本くらい有るんでないいかい??  ということで、急遽「ギャラリー猫町」から神社に向かってみました~(^∀^)

121123_1438~0002121123_1440~0001121123_1441~0002











・・・申し訳ない。“銀杏の1本くらい” どころじゃなかった(爆)
樹齢ウン百年ではないかと思われる大木の数々が、今が盛りと見事なまでに葉を色付かせておりました。その景色は圧巻。黄色というより黄金色です。いや~正直ちょっと身震いしましたねぇ  小雨で人が少ないのがまた良かった。厳かで静かな根津神社。つつじ祭りの時とは全くの別物(あれは酷かった)。思わぬところで心の洗濯が出来たことに感謝です。

・・・ところで根津神社は立川談志師匠ゆかりの地。
すぐ近くのマンションに住んでおられ、毎年1月2日(家元の誕生日)、一門全員で根津神社へ参詣に行くのが事始めだったと聞きます。

奇しくも11月21日は談志師匠のご命日。あれから1年が経ちました。
偶然とはいえ一周忌の2日後に根津神社へ行けたのも、何かのご縁だったのかもしれませんね。




                  お後がよろしいようで。

 



shizutamarakugo at 18:27コメント(6)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2012年11月26日 00:36
とてもナイスなタイミングでイチョウを見ることができましたね。
巷では、紅葉を通り越して、クリスマスイルミに走りそうに
なりますが、自然そのままの季節を味わうのが一番です。
談志師匠のご命日から1年と数日にその場にいたというのも
落語に恋したOLの宿命というものでしょう。
2. Posted by 猫ムスメ   2012年11月26日 07:59
HyperChemさん

はい(#^-^#)
紅葉は(木によっては)まだ色付いてませんでしたが、銀杏は正に盛りでした 黄金色の木々が曇り空にそびえ立ち、人工のイルミネーションなんか目じゃない荘厳さになっていました。

談志師匠も毎年この景色を見ていたのかなと思うとまた味わい深いですね
3. Posted by こうじ   2012年11月26日 09:09
お疲れ様です。
東京でも十分紅葉楽しめるんですね。谷中周辺は以前よく行ってましたが、最近はご無沙汰ですね。人ごみを避けて生きてるもので(笑)。
『談志が死んだ』から一年ですか…光陰矢の如しですね。今ひとつ年末モードに切り替えられない私ですが、このブログで座標軸を確認してるような気がします(笑)。
4. Posted by 求名のワタル   2012年11月26日 10:32
根津神社で紅葉を味わえるとは知りませんでした。昨年は紅葉をカメラに収めるため小石川後楽園と成田山に出かけました。今年は六義園ともう一か所と考えていましたので根津神社に行こうかと思います。
根津神社で思い出したことがあります。3年前の春に高齢の父が神社の前にある日本医大病院に入院したことがあり、病院内で車いすを押しながら元気になったら根津神社を散歩しようと語りかけたことです。残念ながらその願いは叶いませんでしたが。談志師匠も去って一年になるのですね。先日DVDで油の乗っていた時代の談志の噺を聞ました。上手いなと再認識した次第です。

5. Posted by 猫ムスメ   2012年11月26日 13:58
こうじさん

お役に立てているようで光栄です(^_^;) ‘季節の報せが出来るブログ’目指して頑張ります(笑)

谷中ですが、数年ぶりに行ったら驚きますよ もぅ観光客だらけ。谷中銀座だけじゃなくちょっとした路地までも谷根千マップとカメラ持った人で溢れかえってます 下町人気というか、それを煽るメディアの力ってすごいですよね

でも流石に根津神社の辺りは静かです。「つつじ祭り」の時はすごかったですが、神社の周りって人がいても空気が違いますよね。静かで荘厳、そんな言葉が似合います。家元も生前はあの境内を散歩していたかもしれませんね
6. Posted by 猫ムスメ   2012年11月26日 14:51
求名のワタルさん

根津、派手ではないけど見事な紅葉を見ることが出来ます。六義園や成田山のように何万本もあるワケじゃなく、ただの神社ですが、その分ゆっくり静かに味わうことが出来ました。特に能舞台と銀杏のコラボが日本らしくて素敵でしたね~ でも銀杏は先週末が盛りで散り始めている木もありましたので、行くならお早目が良いかもしれません。いわゆる紅葉の名所ほど広くはなく本数もありませんので、谷根千散策と併せ技で行くのがお勧めです~

と言うかワタルさんは根津神社にまた特別な思い出をお持ちだったのですね お父様、家元と同じ日本医科大学病院に入院されていたのですね~。根津神社を散歩できなかったのは残念です  今頃は空の上から紅葉を眺めているかもしれませんね。

私も落語を聴き始めた頃、あまり他の噺家さんを知らないので家元の若い頃の音源を図書館で借りて次々聴いてました。今じゃとても放送できないようなマクラを連発し絶好調(笑) 若い頃はやはり勢いが良いですね。本当に天才だったんだなぁと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ