2012年12月27日

老犬死す

今日の昼頃、母からメールが来ました。
「ハッピー(犬)が死んだ。いま火葬場。」

亡くなったのは昨晩だそうです。享年18。
昨日あんな記事を書いたばかりなので驚きだわ~
帰省した時かなりヨボヨボしていたのでこの冬は越せないなと“見納め”の覚悟はしておりましたが、まさかこんなに早いとは思いませんでした。
昨晩の何時頃かは聞いてませんが、もしかしたら私が記事を書いていた頃かもしれません。なんらかの力が働いていたのかな、と感じます。

しかし犬で18歳と言えば大往生。ボケたけど最期まで食欲もあったし散歩にも行っていたし、幸せな犬生だったのではないでしょうか(そう信じたい)。考えてみればずっと飼っていた(ハッピーの母親代わりだった)猫のタマも数年前、18歳で亡くなりました。何故か皆やたら長生きするウチの動物達ですが、同じ18年という年を生き、消えて行ったことに巡り合わせのようなものを感じます。また、私が帰省して10日後に死んだというのも “待っててくれたのかな” 的な感傷を覚えます

私はハッピーを飼い始めてからの大半をアメリカに行ってしまったり上京してしまったりで留守にしていたのであまり「飼い主」という感じはしませんでしたが、それでもたまに帰ると不審そうな目でチラリと見上げ、フンッと鼻を鳴らしてくれました。成人式の振袖姿だけは激しく吠えられたな~とか、いい思い出です(笑)   あの世でウチの歴代のワンコ・ニャンコ達と楽しく過ごして頂ければなと思います(*'-'*)

尚、気になる「最近できた猫の友達」ですが、息を引き取った時そばにいたかどうかは分かりません。でも母が「もう(自分達が歳だから)犬は飼わないけど犬小屋だけはしばらくそのままにしておく」と言っていました。猫が暖を取れるように・・・とのことです 
もう餌が出ないので現れることはないかもしれませんが、冷えてしょうがない夜、ふと思い出して訪問してくれると嬉しいです。せめてこの子にだけは元気に健康に冬を越して欲しいですネ(⌒-⌒)




                     お後がよろしいようで。






shizutamarakugo at 19:33コメント(10)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2012年12月27日 20:19
昨日の記事で今日ですから、ホントびっくりでした。
随分冷えた今朝でしたから、猫が寄り添っていても
それ以上の冷え込みだったのかもしれません。
猫ムスメさんの実家の風景の1つとしていた訳です
から、それがいないというのは、大きな違いだと思います。
次に住人のいない犬小屋を見た時に、もっといろいろ
感じるものがあるのではないでしょうか。
合掌(-人-)
2. Posted by こうじ   2012年12月27日 20:56
残念でしたね。家族が一人いなくなるという事ですから。しかし、18年は大往生ですね。新鮮な空気と、何よりも御家族の愛の賜物でしょう。その昔飼い犬に死なれた時は、嗚咽が止まらなかったのを覚えております。今頃天国でうちのフーちゃんと走り回ってるかもしれませんね(笑)。
3. Posted by i10k2   2012年12月28日 00:50
集合住宅なので犬猫は飼えなくて、子供が選んだのは小桜インコ。

5年生になったときに、習字塾で3段になったら飼うと約束した半年後に砂町銀座の小鳥屋さんで買った親から生まれた子供達。一番長生きをしたのが入退院したりして享年17才。

脱走して町内を散歩しても、飽きると自分のカゴの上に帰ってきて。

最後のころは、カゴにいるときは自分で立っていても手のひらに乗せると、くたってとして。
親子全員、成人した娘が動物墓地に祀っています。

もう、そろそろ長生きする動物は飼えない歳に入ってきたような。
4. Posted by 猫ムスメ   2012年12月28日 08:01
HyperChemさん

本当に驚きました。合掌ありがとうございます。ここ数年は「犬が無事かどうか」を確認するのが帰省の目的の1つになっていたので、その存在が無くなるというのはやはり淋しいですね。でも天寿なので仕方がないですね。事故や病気で死なれるよりいいかなと思っております
冬が終わったら犬小屋も撤去するのではないでしょうか・・・
5. Posted by 猫ムスメ   2012年12月28日 08:05
こうじさん

毎日1時間の散歩とゴチャ混ぜご飯(人間の残り物w)が長寿の秘訣だったかなと思います。犬小屋の下ももちろんアスファルトじゃなく土の地面だったし、春は満開の枝垂れ桜が頭上に咲いたし、(飼い犬としては)良い環境で暮らせたんじゃないかなと自負してます。本人もそう思っていてくれるといいですね

フーちゃんにはウチのハッピーをどうかよろしくとお願いしたいです(笑) 
6. Posted by 猫ムスメ   2012年12月28日 08:11
i10k2さん

インコも飼ってましたね~。手に乗せて遊んでいる時パタパタと飛んでしまい、目の前で当時飼っていた犬にパクッと食べられてしまったという衝撃の思い出があります  しかしインコで17年は長寿ですね。ウチの鶏が15年行きましたが、獣医さんに「鳥でこんなに生きるなんて奇跡」と驚かれたものです。

ちなみにウチの両親も同じことを言ってました。父が今65歳、母が63歳・・・犬を飼ってまたその犬が18年生きたら自分達の方が先に逝く可能性があります だからずっと途切れなく飼ってきましたが今回ばかりはもう飼わないと言っていました。これもまた淋しい事実です
7. Posted by オスカー   2012年12月28日 09:48
こんにちは。残念です、ショックです…!!でもたくさん愛された一生だったんだなぁと思います。いつかは来るお別れ…あちらでウチの父や祖父とあったらよろしく伝えて欲しいです。猫ちゃんには元気でいてほしいです。猫ムスメさまもお母さまもご家族の皆さまも辛い年末になりましたが、どうぞお身体に気をつけて!!
8. Posted by チータン   2012年12月28日 13:26
18年は、天寿を全うされたと思いますが、さみしいですね。
実家でかつて飼っていた犬とのお別れを思い出しました。
猫ムスメさん、最後のお別れができてよかったですね。
今でも心残りなのは、急死した犬が学校から帰宅したら、すでに運ばれてしまっていて、お別れができなかったこと。
小学校低学年でしたが、とても悲しく、今でもあの当時の残念な気持ちが思い出されます。
老いらくの友だった猫ちゃん、さみしがっていないといいのですが…
9. Posted by 猫ムスメ   2012年12月28日 15:32
オスカー

毎度のことながら年の瀬は訃報が多いです。身近でもここ2週間程の間に親御さんを亡くされた方が2人いらっしゃり、さぞお辛いことだろうと思います。もちろん犬を一緒にしてはいけませんが、18年も飼っていれば家族同然。私は離れていたのでそうでもないですが、旅行でもなんでも犬の世話中心に回していた両親は寂しい想いをしているだろうなと思います。

オスカーさんのお祖父様とお父様、天国でハッピーと仲良くしてくださるでしょうか。是非よろしくお願いしますと伝えたいです
10. Posted by 猫ムスメ   2012年12月28日 15:37
チータンさん

私も可愛がっていたタマ(猫・18歳)が旅立った時、東京にいて最期に立ち会えなかったのが残念でなりません。大学に通っていたのでしょうがないと自分を納得させてはいるのですが、タマも私に会いたかったろうに・・・と今でも悔やんでいます。こういうのって後を引きますよね

老いらくの友猫は今どうしているでしょうか。ハッピー亡き今、どこか別の場所でご飯の分前を貰えているかな?? 少し心配です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ