2013年04月24日

えほんのつづき

『がむといたちょこ』に思いを馳せていたところ、「かこさとしさんの絵本の続きが刊行される」という素晴らしいニュースを目にしました。しかも全10巻

【偕成社HP】http://www.kaiseisha.co.jp/news/news/447-20130410.html

これは本当に意義あることだと思います。
かこさとしさんと言えば日本を代表する絵本作家の一人。ある年代以降の日本人なら、誰もがお世話になった記憶があるのではないしょうか。お名前は知らなくても『からすのパンやさん』や『どろぼうがっこう』の絵を見たらハッと思い出すのでは??  私も家に大量の絵本が有っていつも読んでいましたが、特にこれらの作品は、それこそスリ切れるほど読みました。あのパンの美味しそうだったこと!!(笑) どろぼう達の冒険にハラハラドキドキしたこと!!  どろぼう=唐草模様に頬っかむりというイメージもココで出来た気がします(^∀^)

ところで失礼ながら私、このニュースを見るまでかこさとしさんがご存命であることを知りませんでした~(; ̄Д ̄)

私の中で “ご存命でビックリ” ベストⅢは・・・
①まどみちおさん(103歳!)
②谷川俊太郎さん(81歳)
③かこさとしさん(87歳) 

でしたわぁ~(●´ω`●)(●´ω`●)(●´ω`●)
やはり教科書で拝見したお名前だからかしら どうも “歴史上の人物” という気がしていたので、まだご存命でしかも現役バリバリだと何かの弾みで知った時には心底驚いたものです(勝手に死なせてスイマセンでした・・・)  やはり絵本や童話で子供に夢を与えた方って長生きなのかしら。心だけじゃなく身体も歳を取らないのかしら。・・・なんて思います  
(ちなみに今回ご年齢を調べていて、谷川俊太郎さんの3度目の妻が佐野洋子さんであったことを知りこれまた仰天したワタクシです。)


絵本を手に目をキラキラさせていた女の子が、今は母親に。
同じ絵本を我が子に読み聞かせてあげられたなら。
そして絵本の「続き」を一緒に楽しむことが出来たなら。
それはそれはとっても素敵なことだと思うのです(^_^)ニコニコ




shizutamarakugo at 20:44コメント(6)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by チータン   2013年04月24日 22:34
絵本の思い出、それぞれにありますね♪
猫ムスメさん、お探しの絵本が判明し、大げさに言えば、人生を辿る旅の不透明だった部分が鮮明に…良かったですね〜。
幼い頃の絵本の思い出は、とても尊いなぁと思います。
子供達への布団での読み聞かせ、日課にしていましたが、ここまでと決めたページにたどり着く前に、真っ先に睡魔に襲われ、最後はお経を唱えているかのごとくなり意識が遠のいていたことがよくありましたっけ。
猫ムスメさんの読書好きは、幼少より培われていたのですね!!


2. Posted by HyperChem   2013年04月24日 23:58
子供の頃から気に入ったものは何回でも読んでました。
その習慣は、次の世代にも引き継がれています(^_^;)。
下の子には同じ絵本を何度読み聞かせしたことか。
もう見ずに読めてしまうほどでした(^_^;)。
おじいちゃん、おばあちゃんのイメージの人はもう亡くなって
いるんだろうってつい思っちゃいますが、おじいちゃん
おばあちゃんになってからの年数って結構ありますよね。
創作できる人ですから、矍鑠としている人も多いですよね。
猫ムスメさんもきっと子供がいたら、読み聞かせとかするの
だろうなって、そんな風景を思い浮かべています…。
3. Posted by oui_et_non   2013年04月25日 01:40
やなせたかし、94歳
っていうのも入れてください!(笑)

90すぎてもお元気でいらっしゃいますよ。
さすがに、
日本漫画家協会の会長は
去年に引退されましたが。
4. Posted by 猫ムスメ   2013年04月25日 06:44
チータンさん

よくホームドラマとかでも見ますが、やはり絵本の「読み聞かせ」ってどの家庭でもやるのでしょうか…。我が家は私がいち早く平仮名を覚え自分でむさぼるように読んでいたせいか、「読んで聞かせてもらった」記憶がありません 代わりに何故か耳元で母親が演歌を口ずさんでいたのを覚えてます。ナゼ子守歌が演歌!?(笑)
しかも母はものすごい音痴なので、私が音痴に育ったのはあの「歌い聴かせ」のせいだと思っております

チータンさんのお子さん方には、読んで貰った絵本の話が温かく脳裏に刻み込まれているでしょうね (途中で寝落ちしてしまったお母さんの思い出と共に)笑。

そういうのって羨ましいです。素晴らしい情操教育にもなっていると思うので、感受性豊かな人間に育っていそう(*^_^*)
5. Posted by 猫ムスメ   2013年04月25日 06:58
HyperChemさん

素敵ですね~ 下のお子さんを膝に、擦り切れた絵本を静かに読み聞かせるパパ・HyperChemさんの姿が目に浮かびます。きっと優しいお父さんだったんだろうなぁ
そういう記憶って絶対子供の潜在意識に残りますから、お子さんにまたお子さんが出来たら、きっと同じ親子関係を築くと思いますよ(*^_^*) そうやって受け継がれて行くんでしょうね
私にも絵本を受け継いでくれる子供が出来るといいのですが…(汗)

かこさとしさんて絵本の作者紹介覽でお写真を拝見してると思いますが、私が子供の時から「おじいさん」のイメージでした
逆算すると当時50才くらいのハズなので、失礼な話ですよね 子供の目には50才でも「おじいさん」だったんだろうなぁ…

最近のお姿は見ていませんが、なんとなく変わらないルックスのままだという気が致します。子供目線で創作を続けてきた方ですから、心も体も歳をとる暇が無いでしょうね
6. Posted by 猫ムスメ   2013年04月25日 07:26
oui_et_nonさん

やなさたかしさん、94歳なんですね!!! あの方はけっこう露出が多く、ご存命なのは知っていたので入れませんでしたが、94歳とは知りませんでした 見えないですねぇ。お若いです。年齢不詳の典型ですね(笑)

同じ漫画家の流れでモンキーパンチさんをググッてみたら75歳でした。まだまだヒヨっ子ですな(笑)

しかし絵本作家さんにしろ漫画家さんにしろ、モノを創作する方は若いですね。ご高齢でも現役バリバリの方が多くて驚かされます。きっと脳が歳を取らないのでしょうね 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ