2013年06月02日

大相撲観戦 其の五

国技館を出るとそこは大勢の人・人・人・・・(((( ;゚д゚)))
「危ないですから立ち止まらないで下さ~い!警官の指示に従って下さ~い!」と叫ぶ拡声器の声が危機感を煽ります。知らなかったんですが千秋楽って終わった後すぐ「優勝パレード」があるんですね。優勝力士がオープンカーで手を振るらしい。そうか、それでみんな君が代を歌い終えるとすぐ表彰式も見届けずにそそくさ出ちゃったんですね。パレードの場所取りだったんですね。納得です。

とりあえずパレードは予定に組み込んでいなかった私達。人混みを掻き分け、急いで予約を取ってあった『割烹吉葉』さんに向かいました。国技館を出て駅とは逆方向に10分程歩くと到着です。
この吉葉さん、ちゃんこ屋が乱立する両国の中でもかなりの有名店らしい。なんと店のド真ん中に土俵があるんですよ  しかも “作りもの” の土俵じゃなく、本物・・・。「宮城野部屋」という今は無い相撲部屋の建屋と、横綱吉葉山の名前を譲り受け、店にしたそうです。

吉葉1吉葉5











流石は元相撲部屋だけあって建物も重厚。歴史を感じさせます。私達の席は早目に予約を取った甲斐あり本当に土俵脇の一等席でした
ちなみに店内は2階まで超・満席。相撲帰りの団体さんでごった返しており、予約無しで来た人達は断られていました。抜かりなく予約を取ってくれたツレに感謝です。

吉葉3吉葉6











箸置きも可愛い吉葉さん(笑)
メインのちゃんこ鍋も、ダシがきいていて具もシッカリ。美味しかった!! これに刺身の盛り合わせとデザートが付いて5250円のコースでした。かなりお腹が空いていたので夢中になって食べていたら、突如、大柄な男性と女性が登場。土俵の上でゴスペル歌手(女性)による生の相撲甚句の披露が始まりました。横浜のゴスペルグループで活躍している方だそうです。司会っぽい男性は秋田出身の民謡歌手で、ゴスペルの女性とは親子とのことでした

歴史ある重厚な建物の中、力士が汗を流した土俵を横目に相撲甚句を聴きながら食べるちゃんこは格別。大相撲観戦に相応しい締めくくりと言えるでしょう。


・・・人生初の大相撲観戦にして千秋楽という贅沢。
“日本人なら一度は” と思っていたので、夢が叶った気分です。
Sさん、何から何までご尽力頂き有難うございました(T_T)
なるべくまとめたつもりではありますがまだまだ書き足りないことは沢山あります。また7月の大和田落語会にてお話しさせて頂けると光栄です(^_^)ニコニコ




                 お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 18:56コメント(6)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by おっくん   2013年06月02日 21:34
大相撲シリーズ堪能いたしました。
やはり、会場に行くとTVでは見ることのできないことがたくさんあるのですね。
表彰式をTVで見ていましたが、マカロンには気付きませんでした。
表彰式の間中アナと解説は今場所を振り返る話をしていて、どこの国の表彰なのかさっぱりわかりませんでした。せめて国と賞品名くらいはテロップで流してほしく思いました。
わたしも日本人なのでいつかいってみたいです。
2. Posted by HyperChem   2013年06月02日 23:28
優勝パレードはすぐにやるものだったのですね。
プロ野球とかとは違うんだ(^^ゞ。
そして、そのお店。
部屋をそのままお店にってのはありそうですが、
土俵はミニ版にして、客席を広げそうなものですが、
そのまま土俵がそのサイズであるんですね。
何か酔って相撲を始めちゃう人がいそうで怖いですが(^_^;)。
でも、ちゃんと舞台としては使われているんですね。
相撲部屋にゴスペルで相撲甚句。
ちゃんこ鍋はもちろんですが、最後の最後まで
相撲で寄り切りましたね。
連勤もやっと中日あたりかな。
後半戦も頑張ってくださいね。
3. Posted by 猫ムスメ   2013年06月03日 06:57
おっくんさん

随分長いシリーズになってしまいましたがお付き合い頂き有難うございましたm(_ _)m

テレビ中継すらマトモに見たことがないワタクシ…いきなり生の千秋楽という分不相応な贅沢を味わってしまいましたが、お陰様で学ぶことが多かったです。長年テレビ観戦してきた方でも「神送り」とかは知らなかったみたいだし、やはりテレビで映すには限度があるのでしょうね

ちなみに表彰式ですが、NHKではわざと(商品やスポンサー名を)映さないと聞きました。宣伝になってしまうからです。確かにマカロンなんて思いきりフランスのイチ企業ですからね~(^_^;)
公共放送としていかがなものか? ということで、わざと表彰式中はその場所のハイライトを振り返ったりなんだりしながらやり過ごすらしいです。

そこら辺も含め、大変勉強になりました。ご尽力頂いたSさんには本当に感謝です
4. Posted by 猫ムスメ   2013年06月03日 07:14
HyperChemさん

そうなんですよ。私もまさか直後にパレードやるなんて思わなかったので、そそくさと席を立つ人達を見て「みんなせっかちだなぁ」と思ってました 外に出て成る程と納得です(汗)
しかし優勝力士も大変ですよね。延々と続く表彰式で立ちっぱなし。そしてパレード…緊張の大一番を終えた後で疲れているだろうに、休む間も無いなと少し気の毒になってしまいました(-.-;)

「吉葉」さんは本当にド迫力ですよ。間近で見るとやはり大きいんですよね、土俵って
しかし中に入ってみると案外小さく感じるような?? そんな気も致しました(^_^;)
ちなみに「中に入ると…」と言いましたが、女の私が土俵に(しかも本物に)上がるなんて、他じゃ出来ない経験ですよね レアな体験です。みんなバシャバシャ写真撮ってましたよ~(流石に相撲とる人はいませんでしたが!)笑。

仰る通り、最後まで寄り切りました。
これもプレミアチケットを取って下さったSさんのお陰。感謝感謝です
5. Posted by まいるど   2013年06月04日 17:33
「其の一~五」まで拝読しました。臨場感あふれる内容で、まさに自分が観戦しているような気になりました。
子供の頃、父に連れられて兄と一緒に蔵前国技館に行ったのを思い出します。随分後ろの方の席でお相撲さんが豆粒のように見えました。
その当時横綱だったのが吉葉山。不知火型の土俵入りをする美男力士で、とても人気がありました。子供の声で「よしばやま~!」と声援したのを覚えています。
猫ムスメさんのブログを読んで、相撲を観に行きたくなりましたよ。もちろんその後は「吉葉」でちゃんこ料理ですね。
6. Posted by 猫ムスメ   2013年06月04日 18:44
まいるどさん

おぉ~
正に本物の吉葉山を見られた世代なんですね!!
蔵前国技館で生観戦されたところに、相撲ファン歴の長さが感じられます
こんな初心者の感想文にお付き合い頂き有難うございましたm(_ _)m

ところで吉葉山はそんなに人気者だったんですね~。そうとは知らず、土俵脇でバクバクちゃんこを食べてしまいました(^_^;) 横綱の汗と涙の染み込んだ土俵、もっと崇めるべきでしたね

相撲観戦→「吉葉」のちゃんこ鍋……これ最高の流れでした。本当に感謝です。まいるどさんも奥様とご一緒に、是非一度!!!

そして、今度は舛ノ山関に声援を送ってあげて下さい(*^_^*)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ