2013年07月13日

ハムの人

「ハムの人」と言えば別所哲也さんですが、我が家にはリアル・ハムの人がいます( ̄ー ̄)ニヤリッ

それは父の大学時代の友人であるハセガワさん。
父は卒業してから故郷の函館を離れてしまいましたが、ハセガワさんはずっと残っていて、毎年律儀にハムならぬウィンナーを送ってくれるのです(^∀^)
送ってくれる商品も毎年決まっていて『函館カール・レイモン』のウィンナー詰め合わせ けっこうな高級品です( ´_ゝ`)ノ

・・・カール・レイモンさんはドイツ人の食肉マイスター。「胃袋の宣教師」という素敵な二つ名を持っています(笑)
1919年、アメリカから故郷へ帰る途中で日本へ寄港、たまたま知り合った日本人女性と結婚し、函館に食肉加工場を設立。まだ日本にハムやソーセージが根付いていなかった時代、売れずに貧乏したり第二次世界大戦で迫害されたり散々な苦労をしながらも日本における食肉加工の普及に尽力したそうです。1983年、89歳で日本ハムの子会社となるまで第一線で働き続けたというからスゴイですよね!! これもハム効果でしょうかヾ(=^▽^=)ノ

さて、そんなカール・レイモンさんのウィンナーを毎年送ってくれる我が家の「ハムの人」ハセガワさんですが、今年はピンポイントに私の帰省中、届けてくれました。なんというナイスなタイミング。母が宅急便を受け取り、CMばりに「ハムの人だよ~」と叫んでおりました(笑)  
もちろん私、家で食べようと2パック貰って帰って来ましたよ


12












ちなみにこのバームクーヘンも某所からの貰い物です(爆)
貰い物でガッツリ美味しい週末のブランチを楽しむことが出来たワタクシ
有り難いことです。

「ハムの人」からのお中元は季節の風物詩。夏到来の証です。
レイモンさんのように、父共々、元気で長生きして頂きたいものです(^_^)ニコニコ



                    お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 12:40コメント(9)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by オスカー   2013年07月13日 14:02
こんにちは。別所さん、なぜかいつもバレエの熊川さんとごちゃ混ぜになる私です 今回のお話を読んで『美味しんぼ』の「五十年目の味覚」というビールとソーセージの回を思い出しました。この前読んだマンガには「牛肉がメインなのはおもに南北アメリカ新大陸の食文化でヨーロッパではブタこそが肉の基本です それも余すところなく大事に食べます」とフレンチのシェフが言っていて、ハム・ソーセージなどの豚肉製品に想いをはせていたところでもありました(笑)
ステキな「ハムの人」ですね~いつまでもお元気でずっと交流を続けていただきたいです
2. Posted by こうじ   2013年07月14日 00:17
まお疲れさまです。

見るからに私が食べている安物と違って美味しそうですね。本物って感じ。この陽気でビールが進みますが、さらに拍車がかかりそう。
家は自営業でしたんで、御中元その他でハムの人がいたはずです(笑)。
3. Posted by 猫ムスメ   2013年07月14日 06:39
オスカーさん

美味しんぼにはなんでも載っているのですね! 最近グルメ系のマンガやドラマがやけに多いですが、侮れないですね! 勉強になります

ちなみに昨晩はモツ焼き屋さんで11人で飲み会しました(^。^;)
それこそ内臓から何から「余すことなく」食べてきましたよ~(笑)
4. Posted by 猫ムスメ   2013年07月14日 06:50
こうじさん

本当に「パリッ!ジュワッ!」って感じで感動しました いつも食べているスーパーのとは全く違います。持つべきものは函館の知り合いですよ(笑)

しかしお中元と言うとハムのイメージが強いですよね。何故だろう。やはり別所さん効果でしょうか(^_^;)
ある程度日持ちするし、おかずにもつまみにもなるし、貰って嬉しいのがハム・ソーセージですね

こうじさんのご実家は自営業だったんですねぇ。だったら日頃から戴き物が多かったことでしょう
最近やけに実家やお客さんから戴き物をすることが多く、有り難いことだと思っております(^w^)
5. Posted by チータン   2013年07月14日 18:59
先日、講習会に行き、ソーセージの作り方を習ってきたところでした。
先生曰く、「元々は、切れ端などの残ったお肉をどう美味しく食べようか?から始まった」とのこと。
腸の塩漬さえ手に入れれば、意外なほどに簡単に作れました。
ソーセージ→ドイツ→ビールと連想されますが、ブランチになさったのですね。バームクーヘンもドイツ菓子ですね。その講習会で、アプフェルシュトルーデルというお菓子を習いたくて参加しました。念願かない、満足のウィークエンドでした。
美味しいものは、口福の証です♪
6. Posted by 猫ムスメ   2013年07月15日 08:52
チータンさん

ソーセージって自分で作れるんですね!!(驚)
どうもドラマや本で見る「腸詰め」のイメージがあり、天上からぶら下ってる光景が目に浮かぶので、「チータンさん、職人・・・」と思ってしまいました(笑) 
意外なほど簡単にということですが、やはり普段から料理を得意とし、食材を扱い慣れている人でないと無理ではないでしょうか。

アプフェルシュトルーデルという舌を噛みそうな名前のお菓子も非常に気になります♪ お洒落な感じですね。

好きな料理やお菓子作りをして、それを食べる。最高の週末ですね!! 私はもっぱら食べる専門。この3日間で3キロは増量していそうな予感です(泣)
7. Posted by HyperChem   2013年07月15日 19:51
いやぁ、素晴らしい方がお知り合いで。
こんな味を知ってしまうと、その辺で売っているものは
食べられないでしょう。
夏バテが猫ムスメさんから逃げて行っちゃいそうですね。
親の知り合いで子供に感謝される親になりたいです(^^ゞ。
8. Posted by 猫ムスメ   2013年07月16日 07:36
HyperChemさん

こんな所でも一種の親のすねかじりですね(^_^;)

レイモンさんの加工肉食品は本当に美味しいですよ。北海道に寄航してくれた偶然に感謝ですな
9. Posted by    2013年07月17日 03:08
見たおまえは死ねバーカ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ