2013年09月17日

第140回・大和田落語会

第3日曜日である一昨日は、大和田落語会でした。
8月はお盆で休みだったため実に2ヶ月ぶりの開催です
今回心配だったのは、なんと言っても台風Σ( ̄ロ ̄|||)
なにせ予報ではちょうどこの日の夜が関東直撃です。実際朝は雨がザーザー降っていました これでは電車が止まり来られない方もいるかもしれません。って言うかそもそも演者さんが大丈夫なんだろうか?? 
心配しておりましたが、蓋を開けてみれば全く問題ナシ!!! 浦安はちょどお昼前に雨が止み、暑いくらいの快晴となりました。そして危惧していた終演後も降られることがなく、皆安全に帰宅することが出来ました。なんと言う運の良さ。やはり大和田の皆さんには「落語の神」が付いているのでしょうか( ̄ー ̄)ニヤリッ


1
柳家初花 「道灌」
柳家さん八 「試し酒」
   ~仲入り~
柳家初花 「死ぬなら今」
柳家さん八 「東京大空襲」

今回の演者は落語協会監事も務められる大ベテランの柳家さん八師匠、そして柳家花禄師匠の一番弟子である柳家初花さんでした  
さん八師匠は五代目小さん師匠のお弟子さんですから、“伯父と甥”になるんですかね(私のアタマではここら辺でもう分からなくなる)笑。


柳家は一番最初に「道灌」を習うと聞いたことがありましたが、やはりそうなのですね。初花さんがそれこそ“しょっぱな”に花禄師匠から教わった道灌、意外にも大和田で聴くことが出来、嬉しかったです 
「死ぬなら今」も珍しい演目なのか(?)多分初めて聴きましたが、いやぁ色んな噺があるもんだと思いました。さん八師匠も「自分が知っている死ぬなら今とは全然違ってカルチャーショックを受けた」と仰っていたので、初花さん独自のアレンジをされていらっしゃるのでしょうか。とても面白かったし、大変勉強になりました(⌒-⌒)

さん八師匠の「試し酒」は流石の一言。と言うかマクラが楽しすぎでした(笑) 次から次へと繰り出される時事ネタや小さん師匠の思い出話に抱腹絶倒。勢い止まらずマクラで終わるかと思いましたわ~(それでも大満足だったと思います!)笑。「試し酒」が終わり仲入りに入った時点で16時半でしたが、“もうそんな時間なの!?” とマジでビビりました。これでは台風なんてなんのそのです。外が暴風雨でも気付かなかったことでしょう。楽しい話は時間を忘れさせます。落語を聴いていて良かったと心から思える瞬間です  
そして東京大空襲のお話は染みました。これは分野的に創作落語なのでしょうか。でも分野なんてどうでもいいですね。師匠が前置きされたように重い話ではあるけれど、そこは師匠。合間合間に笑いも入れ、しんどくなり過ぎないように聴かせてくださいました。これは一生忘れない一席の1つになると思います。

終了時点で18時くらいだったかしから・・・
いつもよりプラス1時間の長さだったけど、全く長いと感じませんでした。普段なら2時間座っているとお尻が痛くなってモゾモゾし出すワタクシですが、今回は微動だにせず聴き入っておりました。 それだけ濃密な時間だっということでしょう。もし今回 “台風だから帰りが心配” という理由でキャンセルされた方がいらっしゃるなら、それは大変申し訳ないけど “損したよ” と言いたいです( ̄ー ̄)ニヤリッ

終演後の打ち上げも、いつも通り大盛況。
今回も沢山の差し入れのお酒を頂きました。有難うございます。
そして初花さんとは同じ歳(学年は1つ違い)で同じ大学を卒業しているこが判明。しかも同じ文学部!! 流石に何万人もいる大学なので顔を合わせた記憶はありませんが、同じ時期に同じキャンパスを闊歩していた方がこうして古典芸能の担い手としてご活躍されているかと思うと感動を覚えます。とりあえず、「学食のタコ焼きにタコが入っていなかった」という認識で合意を得ました(笑)

そのうち葛西にお住まいのさん八師匠と、バッタリどこかで遭遇できますように・・・期待しています(^∀^)




                     お後がよろしいようで。






【追伸】
素晴らしい日本酒と料理の数々の写真をアップし忘れていたので追加します(土下座)。
23















46















78



shizutamarakugo at 19:00コメント(8)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by まいるど   2013年09月17日 20:40
暴風雨を覚悟して会場に行きましたが、台風も落語に聴き惚れたようでおとなしくいてくれましたね。さん八師匠の「東京大空襲」、半世紀前にあった悲惨な戦争を落語というカタチで後世に伝えていきたいという師匠の熱い思いが伝わってくる素晴らしい噺でした。寄席ではなかなか聴くことのできない噺、時間を気にせず聴く事が出来たのは幸せでした。
2. Posted by 猫ムスメ   2013年09月17日 22:01
まいるどさん

一昨日は有難うございました。お陰様でまた得難い体験をしました。確かにあのネタは(長さもあるし)寄席ではかからないですね
本当に貴重なひとときでした。
また大和田落語会の歴史に新たな1ページが刻まれたのではないでしょうか

これもひとえに、さん八師匠を口説いて下さったまいるどさんのお陰です。間に入って下さった小里ん師匠にも感謝ですね
3. Posted by HyperChem   2013年09月18日 00:36
大和田落語会が、台風も蹴散らせてしまったのですね。
イベントの開催の微妙なタイミングの中で成功したのは
主催者、参加者の気合いの賜ではないかと思います。
新しい試みも多くされているようですし。
話のネタも懇親会のネタもお見事ですね。
日本酒は全種制覇か!?
4. Posted by 猫ムスメ   2013年09月18日 06:45
HyperChemさん

いや本当に。大和田落語会の時って何故かいつも“降りそうで降らない”んですよ(^。^)‐☆ 理事の皆さんも、落語を愛する常連の皆さんも、きっと何か“持ってる”んじゃないかと思います

いつも素晴らしい大和田落語会ですが、今回は特に量・質共に大変充実した会でした。仰る通り、落語・打ち上げともに(笑)
初花さんが同じ大学なのも驚きだったし、さん八師匠がご近所(隣の駅)なのもビックリ仰天でした

ちなみに日本酒、これでもまだ『一部』なんですよ どんどん酒瓶が来てどんどん回されて行くので写真を撮る暇がありません(汗)
私はあまり強くないのでぇ(←ここは可愛らしく)、ほんの2~3種類しか飲んでません
5. Posted by オスカー   2013年09月18日 16:48
こんにちは。お天気回復してよかったですね。
時間を短く感じるのは新しい刺激がないからだ(新しいことは未体験なので時間が長く感じる)なんていう人もいますが、はじめてでも何回目でも楽しくワクワクする時間はアッという間に過ぎるものですよね~「凝縮された旨味」がわからないなんで…つまらない人って思いました(笑)
夜はヒンヤリしますね。仕事帰り、冷えないように気をつけて下さい!
6. Posted by 猫ムスメ   2013年09月18日 19:41
オスカーさん

そういう考えの人もいるんだなぁと驚きです。普通、新しい体験をすると脳が刺激を受けるので時間感覚が麻痺し、短く感じるはずなのですが…(゜゜;)
色んな人がいるもんだなぁと、ある意味、感心です

朝晩の気温が日に日に下がってきました。今朝は私、ブルブルッと寒くて目が覚めましたよ 半袖Tシャツ一枚で寝ていた自分が悪いのですが、どうやら風邪の引き始めのようです 今日は少しだけ早上がりし、家で休んでました。

オスカーさんも風邪をお召しにならないよう、どうぞお気を付けて下さい!!
7. Posted by チータン   2013年09月20日 22:34
創作落語は、一度も聴いたことがありません。聴いてみたくなりました。
アフター含め、大和田落語会は、毎回和気あいあい、楽しく贅沢な会ですね。席亭はじめ関係者の方々の心意気を感じます♫
猫ムスメさんにとりまして、色々な繋がりを見出せた収穫の多い日でいらっしゃいましたね!
8. Posted by 猫ムスメ   2013年09月20日 23:49
チータンさん

創作落語、新作落語、たまに聴く機会に恵まれますが、皆さんよく考えられるなぁと感心しきりです。
新作落語に関しては大好きな天どんさんが教室をやっていたので(演る方じゃなく書く方の)私も通いたいと思いましたが時間的に無理でした
新作落語の定義はなんなのか、落語的要素とは何か、やがて古典となる新作に共通点はあるのか? …等々、気になることが沢山あるのでそのうちリタイヤして暇になったら知識として学んでみたいなと思っています・・(^_^i)・・

大和田落語会は流派・協会・年代を越え様々なゲストを呼んでくださいます。そして打ち上げの場でそれら演者さんとお話をする機会が得られるのも大きな魅力です。これもひとえに席亭・理事の皆さんの長きに渡る地道な運営のお陰(地域寄席としては有名な存在らしい)です。いつも色んな体験をさせて頂き、本当に感謝しています

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ