2013年11月13日

柳家小三治独演会

12連勤→店の手伝いと相変わらずバタバタしている11月のワタクシですが、昨日は会社を早引けし『柳家小三治独演会』に行ってきました(o^∇^o)ノ
場所は浦安市市民文化会館。去年も同じ11月の第2火曜日に同じ場所で同じ会をやっているので、もしかしたら「定期公演」化しているのかもしれません。ここ数年は浦安市も月に一度の「しんうら寄席」を始め落語に力を入れているようで、駅前の案内板は落語会のチラシだらけwww  けっこう大物の師匠も来ているし、なかなか遠出できない会社勤めの落語ファンとしては有り難い限りです

       『柳家小三治独演会』

   
     柳家 三之助 「片棒」
     柳家 小三治 「粗忽長屋」
          ~仲入り~
     柳家 小三治 「うどん屋」


開口一番で三之助師匠が出て来たのにはビックリ プログラムにも名前が無かったので “前座さんの都合がつかなかったのかしら?” と思いましたが、師匠の会での真打ち開口一番は“無い事ではない”(少なくとも小三治一門では)らしいです。演目も片棒をたっぷり30分演じてくださり、落語を聴き始めた頃まだニつ目だった三之助師匠にとても良くして頂いた身としては得した気分になりました

小三治師匠、去年は『百川』が印象深く記憶に残っていますが、今年は『うどん屋』でした。冬ですねぇ(●´ω`●) 
江戸では蕎麦より下に見られていたうどんを売り歩くおじさんが気の毒な目にばかり合うお噺。小三治師匠による売り声「なべや~き~うどんっ」の「うどんっ」が耳から離れません(笑) いかにもガクッとなってしまう脱力感は流石です。途中、おカミさんによる「今日は寒さが只事じゃないからやめときなさいよ」というセリフが挟み込まれており、今日という日だからこそ選ばれた演目なんだろうなぁと思いました(なにしろ昨日は寒かった・・・)。


ところで開演前にロビーをウロウロしていた私。「しんうら寄席」のポスターを見、ついウッカリ1月のチケットを買ってしまいました。なにせゲストが一度拝見してみたいと思っていた五明楼玉の輔師匠♪ 衝動買いするのも無理はないってぇもんです(笑)。
 

それにしても行けるのか、私!? 
1月月末だぞ(; ̄Д ̄)
スキー場もフル稼働し、例年青い顔して事務処理に追われている時期・・・
かなりの不安は感じますが、まぁなんとかなる(する)でしょう。
最近思うのは、“チケット買っときゃなんとかなる” です(爆)。
今回の小三治もそうでしたが、チケットさえ買っておけば忙しくてもなんとか都合つけて行くんです。お金ムダにしたくないですからね  
逆に買っていないとダメ。行こうかなぁと思っていても結局は忙しいからいいやで行かない。最近の自分を見ていてホントそう思うので、買ったのは正解でした。きっと楽しみに仕事を片付けることでしょう

“なせば成る~なさねば成らぬ~何事もぉ~” と、(もちろん脳内で)歌いながら帰りのバス亭に向かうのでした(゚∀゚)アヒャヒャ


 
                  お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 19:00コメント(12)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by おっくん   2013年11月13日 20:08
玉の輔さんは宗論で大笑いしたことがあります。きっと楽しいですよ。
2. Posted by オスカー   2013年11月13日 21:50
こんばんは。ちょっと先にワクワクする予定があるっていいですよね!頑張る気力って持続性がないので(私だけ?)一年先とかだとはぁ…って途中でもういいや~な気分になりそうですが、3ヶ月くらいならなんとか…!
猫ムスメ様には、くじけそうになった時には落語の神様が「なんとかなるよ~まぁ頑張んなさい」と優しくお気楽に励ましてくれることでしょう
風邪をひかないようにお気をつけて!
3. Posted by あきら   2013年11月13日 22:44
玉の輔さんは先日、浅草でのつくしさんの披露目で観ました。口上の司会もやってたな。
演目は白鳥さん作のマキシム・ド・呑兵衛(さっき調べて判明)。古典も見てみたい所です。
しんうら寄席、木戸銭も安くて顔付けがいいですね。
4. Posted by HyperChem   2013年11月14日 00:08
忙しい時ほど、趣味もアクティブになるかもしれませんね。
こちらもそんなこの週末になりそうです。
さらに、その先の繁忙期に予約したチケット。
そんな頃にプチご褒美があるってことで、
いつも以上の力が発揮できるかも。
浦安が猫ムスメさんの影響で、落語都市へ…。
身近にあるのはやはりいいですね(^-^)。
5. Posted by 猫ムスメ   2013年11月14日 08:14
おっくんさん

心強いおっくんさんの太鼓判、ますます楽しみになりました(*^o^*)
なんとか行けるよう努力します
6. Posted by 猫ムスメ   2013年11月14日 08:19
オスカーさん

なんとかなる~といいのですが(笑)
ここにきてまた自信喪失気味な私です(^_^;)

でも目先にプチ・イベントが控えていると違いますよね!
実は今、明日の晩からの帰省に向け絶賛調整中です
7. Posted by 猫ムスメ   2013年11月14日 08:27
あきらさん

そうなんです、しんうら寄席、なかなかあなどれないんです。この3か月の顔付けだけ見ても、11月・喜多八、12月・鯉昇、1月・玉の輔 …と、なかなか良い線ついてます こういう文化事業には今後も上手くお金を使い続けて欲しいですネ。

「マキシム・ド…」は白鳥さんで何度か聴いたことありますが、抱腹絶倒でした。玉の輔師匠で聴いてもさぞ面白いんでしょうね~(^w^)
8. Posted by 猫ムスメ   2013年11月14日 08:38
HyperChemさん

HyperChemさん、週末いつもお忙しそうですねo(^-^)o
仕事に趣味に充実しているのは素晴らしいことです。働く活力にもなりますからね
私も‘いつも’有るのは体力的にアレですが、‘たま’の「プチ・イベント」が有ると張り合いになります。今回みたいに平日夜の落語会があれば必然的に仕事がんばりますしね(残業回避に命懸け!)笑。

ちなみに文化会館は「おさんぽバス」という市内周遊バスに乗って100円で行けるんですよ
やっぱり近場が一番!! 浦安でも、もっともっと落語会をやってくれればなぁと思います(*^o^*)
9. Posted by チータン   2013年11月14日 21:59
小三治師匠、落語協会々長をお務めですよね。浦安に重鎮登場だったのですね。長いマクラ、有名だそうですが、いかがでしたか?
玉の輔師匠、圓太郎師匠とは兄弟弟子、手拭いコレクター兼デザイナーの一面をお持ちで、才能豊かな師匠ですよね♪
チケットをゲットなさった次回、是非ぜひ行けますように‼︎
10. Posted by 猫ムスメ   2013年11月15日 07:24
チータンさん

はい、会長降臨でした(笑) しかし浦安市民にはその有り難みが分からないのか、市民以外には辺境の地とでも思われているのか、チケット余りまくり 後ろ10列は全て空席で申し訳なく思いました

玉の輔師匠は随分と多才な方なんですね! 楽しみです 行けるように頑張ります(^_^;)
11. Posted by なかとみ   2013年11月15日 11:07
小三治師匠は独演会の時は、直のお弟子さんを開口一番に使うようですね。
私も三之助さん、燕路さん、はん治さんという感じでした。

高座返しもそのままおやりになるので、三之助さんのようにお若い方はまだしも、燕路さんのときは、なんか師弟の温かみなんかを感じました。
12. Posted by 猫ムスメ   2013年11月15日 11:36
なかとみさん

ブログへのコメント、有り難うございますm(_ _)m

別の落語通のフォロワーさんからも「小三治師匠の会で真打ち開口一番を見たことがある」とリプ頂いたのでこのように書きましたが、やはり恒例だったのですね

それにしても燕路師匠の高座返しとは(^_^;) 他では見れないですよねネ。見たらキュンとしそうです

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ