2014年03月25日

なぎさ寄席

お蕎麦屋さん・お寿司屋さん・居酒屋・お寺・スーパーの一角・・・色んな場所で落語を聴きました。「小さい小屋専門」を自負する身としてはどこでやると言われても引きません。逆にマニアックさを面白がるタイプ。単身どこでも乗り込みます。そんな勇猛果敢な(?)ワタクシ、先日はまた一風変わった場所での落語会に行ってきました。
なんと、団地の一室('▽'*)ニパッ♪

ま、“一室” と言っても集会場なんですがね。
浦安のお隣・葛西にある「なぎさニュータウン」という団地の集会場でした。やろうと思えば200席くらい作れそうな大きいお部屋 
私いわゆる団地というものに足を踏み入れるのは初めてだったのですが、どの団地にもこのような共有スペースがあるのでしょうか。だとしたら本当に団地って「街」なんですね。ちなみになぎさニュータウンは某不動産会社のサイトによると【葛西沖開発地区として葛西臨海公園・水族園等とともに開発されたウォーターフロントのビッグコミュニティ。約58,000㎡もの敷地に全7棟・総住戸1,362戸が建ち並び、敷地内に飲食店や病院、区立第二堀江保育園等が揃っています】とのこと。後で住人の方に聞いたところ現在約3500人が暮らしているそう。この均一化された建物の中にそれだけの方の人生が凝縮されているかと思うと田舎の“戸建てチルドレン”としては圧倒されるものがあります。そう言えば子供の頃、団地やマンションって憧れだったなぁ

1

お天気良好。集会場の前は広場になっていて子供がキャーキャー遊んでいました。

3

70個ほど用意されたパイプ椅子にお客さんは50名程度(概ね主催側の予想通りだったそう)。こんなゆったりとした空間でさん八師匠が聴けるなんて、とてつもない贅沢。

2

まずはさん八師匠ご登場。この落語会の概要について軽く説明。以前はたまにやっていたけど震災以降はやっておらず、約4年ぶりとのこと。講談の釈台・めくりの台・屏風さえも主催者の方のご主人の手作りと聞いてビックリ! 世の中には器用な方がいるものです。こういう場所で活かされる特技、素晴らしいですね
一席目は人と人との相性・・・から入り、「長短」。饅頭を食べるくだりで爆笑でした(気の長い男は半分をモッサリ・気の短い男は1つを3口でパクッ)。最後、サゲを知っているだけに「火、火ついてるよー!」と思わず長さんに教えてあげたくなりましたわぁ(笑)。

お次は講談の宝井駿之介さん。さん八師匠とは江戸川区平井(師匠の出身地)在住ということでご縁があるそうです。講談というとおじいさん出てきて赤穂浪士がどうのとか関ヶ原がどうのとか身を乗り出しながら話すイメージでしたが(←なんという偏見www)、駿之介さんは中性的なルックスが魅力の若い方。演目も1つめは東京オリンピックにまつわる話。2つめは女流義太夫「呂竹」の立身出世物語。2席とも柔らかな内容で抵抗なく楽しめました。さん八師匠が仰有る通り“若き俊英”なのでしょうね

仲入りを挟み、トリは勿論さん八師匠。ケチとシミッタレの違いから入り、「味噌蔵」。この噺、子供が出来ても全く喜ばないケチ兵衛が嫌であまり好きな演目ではないのですが、さん八師匠のは嫌味が無くて楽しめました。「ドカチャカドカチャカ」が頭から離れません(笑)。

4

2時間強で落語会終了。
「囲む会」に残る方は隣の部屋に移動してくださいと主催者から説明が入ります。指示に従い移動したところ、そこは会議室のような部屋。長机に仕出し弁当がズラリ並び、さながら「町内の寄り合い」状態
あまりの “美味しい光景” にブロガーとして喜色満面なワタクシ。ホクホクしながら席に着きビールを飲んだり師匠とお喋りしたりしていたら、宴もたけなわになった頃、誰かがカラオケ機のスイッチをオン♪ 突如カラオケ大会の開始です!! お、美味しすぎる・・・(涙目)。後でどうネタにしてくれようかと考え込んでしまいましたわぁv( ̄∇ ̄)v
お客さんは団地の住人の方ばかりで全くのアウェイでしたが皆さんの歌い上げる懐メロ聴きながら楽しい時間を過ごさせて頂きました。ちなみにさん八師匠が着物姿で熱唱された「また遭う日まで」はお世辞抜きにお上手でした~! 駿之介さんも歌唱力抜群だったし、やはり芸人さんは多才ですね。才の1つも無い私としてはただただ口を開け感心するばかりなのでした( -д-)ノ



・・・ちなみにこの「なぎさ寄席」、東京かわら版にも載っていません。本当に団地の住人を対象とした正真正銘の「地域寄席」。
では何故部外者の私が行けたかと言うと、さん八師匠に直接ご連絡を頂いたからです。地元で落語会を開くにあたり「そう言えば隣駅に住んでる猫がいたな」と思い出し、わざわざ連絡して下さった師匠のお心遣いに感謝感激。益々ファンになりました

それにしても思うのは「縁」の不思議さ。
最近よくよく感じます。
落語を聴き始めてから特に「人間の輪」が広がりました。
枝葉のごとく分かれては触れ合う人の縁。これからも有難く大切にさせて頂ければと思います。まいるどさん・奥様、ディープな夜をありがとうございました。




                   お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 21:30コメント(8)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by オスカー   2014年03月25日 23:04
こんばんは。
ニュータウンって何年たってもニュータウンですよね(笑) このあたりのマンションはどこも150~180戸くらいだと思いますが、集会所は狭いです。ウチの場合、小さい教室くらいで、六畳くらいの和室かな? だから総会などは近くの小学校の体育館を借りてやります。
猫ムスメ様がいろんな場所に出掛けて、明るく、清く正しく美しく、マナーを守って落語を楽しんでいらっしゃるので、まわりの皆さまがそうだ!彼女を呼ぼう!と声かけをして下さるのだと思います~人徳でありますよ、きっと(*^^*)
これからも落語の神様に導かれ、よい出逢いがたくさんありますように!!
2. Posted by HyperChem   2014年03月26日 01:23
まぁ、いろんな試みがされているものですね。
参加者の読みはすごいものですね。
その後の流れも緻密に設計されたかのようです。
趣味の世界は、ホント違った切り口の人が
集まりますし、それは世界を広げることになります。
これからがさらに楽しみですね(^-^)。
3. Posted by 猫ムスメ   2014年03月26日 10:29
オスカーさん

その通り(笑)
なぎさニュータウンも私が生まれる前に建ってますが「ニュータウン」(笑)  …同じツッコミをしておりました
でも住人の皆さんの団結が強く(成功した団地の自治会としてモデルケースにもなっているそう)、とても素敵な団地でした
私は単身者用の小さなマンションしか住んだことがないのでアレなんですが、マンションでもやはり規模が大きい所には(賃貸と分譲の違いか?)集会所とか総会とかあるんですね 6畳でも落語会ギリ出来るかも…などとつい考えてしまう落語脳なのでした( ̄∀ ̄)

色んな場所での落語会に行きましたが、今回の経験はいつもより得るものが多かったです。「あの猫はウルサイから呼ばないでおこう」と思われないよう、これからも清く正しく文句はなるべく書かず(笑)、落語ファンを続けてゆきたいと思いま~す(^w^)
4. Posted by 猫ムスメ   2014年03月26日 10:42
HyperChemさん

今回はさん八師匠の「古希祝い」という試みだったんですよ それで開演前に古希の方(前後2年w)を募って手ぬぐいプレゼントしたり、アットホームな雰囲気でした。本当に皆さん家族のような間柄みたいです

落語を通じ、普通では絶対知り合えないような方々とお近付きになることが出来ました。若輩者としては学ばせて頂くことが多く、ただただ頭(こうべ)を垂れるのみですm(_ _)m
また更なる世界が広がりますようにと心新たに感じる夜でした(笑)



5. Posted by tapiokakenji   2014年03月26日 23:52
「味噌蔵」は確かになんか後味微妙に悪い噺ですよね...。

私もあまり好きな噺ではないですが、ディアゴスティーニのDVDマガジンに入ってた瀧川鯉昇師匠の「味噌蔵」は鯉昇師匠のキャラ故か、あの後旦那をぶつくさ厭味言いながらも少し給金上げてやってそうな人物で演っていました。
個人的にはこの演り方が好きです。

本当に落語は演る人間で全然別物になっていきますね。



6. Posted by 猫ムスメ   2014年03月27日 06:49
tapiokakenji様

要は加減なんですよね。あまりケチ兵衛をケチに徹しさせてしまうと「なんで従業員はこんな店で働いてるのか」と聴きながら考えてしまいます(^_^;) 過去、何度もモヤモヤしましたw
でもケチじゃないと噺にならないし面白くないですからねぇ。なんで奥さんはこんな奴と夫婦を続けているのか? という疑問も湧くので、もう少し奥さんのキャラクターを表に出した味噌蔵なんかもあったら面白いんじゃないかと思います。
濃昇師匠は流石ですね。あの噺で“後から給金上げてやるのでは”と感じさせるって、ちょっと想像できないです。師匠のキャラ+テクニックだからこそ出来ることなんでしょうね
7. Posted by まいるど   2014年03月27日 16:56
地元の団地でカジュアルな格好のさん八師匠を見かけると、どうみても自治会の好々爺の役員さんって感じにしか見えませんが、ひとたび着物を着て高座に上がると、プロのオーラが漂いますね。どんな場所で演っても観客を落語の世界に引き込んでしまうのはさすがです。
今回は猫さんを遅くまで引き止めてしまって「ディープな夜」にさせてしまったこと申し訳なく思っています。翌日が月曜日だったのでさぞかし辛かったことでしょう。ごめんなさい。
8. Posted by 猫ムスメ   2014年03月27日 19:47
まいるどさん

とんでもございません 「ディープな夜」は良い意味です、もちろん こちらこそあまりの居心地の良さに長居してしまってすいませんでしたm(_ _)m

しかし本当に楽しかったです。私にとって伝説の一夜になってますよ(笑)。「あの話」であんなに盛り上がると思わなかったので、未だ興奮覚めやりません(^w^)
自分の中で鬱積していた積年の思いも初めて他人様に吐き出せましたし、何より(私にとって)とても意外な御意見を聞くことが出来、目から鱗がポロポロ落ちまくりました  かなり自分の中で考え方が変わりましたよ~本当に!

まだまだ話し足りないこともありますのでそのうち機会がありましたら是非第2段もお願い致します(笑)。


…さん八師匠のお陰で落語に歓談(?)に、あの日は本当に楽しい時間が過ごせました。連絡の仲介をしてくださったまいるどさんに感謝感謝です


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ