2014年06月25日

帰省レポ④ 「父、耕す」

心おもむくままに書いてしまった「父」シリーズ・・・
実のところ「叫ぶ」と「刺される」しか用意が無かったのですが、“次も「父、◯◯」でしょうね” という鋭いツッコミがチラホラ・・・  
それもそうだ。ワンツーと来たら次はスリーに決まってる。ネタなら幾らでも有るし、与えられた課題で即座に1記事書けてこそブロガーじゃ。と勝手に意気込んだワタクシ。早速アップしてみました~( ̄∠  ̄ )ノ



1

これは今年初収穫のトウモロコシです。
父が茹でて待ち構えていました。
本当に今年最初の1本で、私の帰省に合わせ、昼間収穫してきてくれたそう。だからお世辞言うワケじゃないですが、もう見るからに甘そうですよね。粒が揃ってつやつや。本当に甘くて濃厚なトウモロコシでした。

5

お次はある日の夕飯。
なんてことはない田舎の食卓ですが、ほぼ全て畑で採れたもの!
上からインゲンの煮付け、天麩羅(インゲン・人参・玉ねぎ・ナス)、筍とワラビの煮物、ナスとピーマンの煮びたし、茹でグリーンピース・・・・・・
オール自給です  買った物は天麩羅の海老と衣・器だけ!!(^∀^)


・・・父が定年退職し早6年、帰省するたび食料自給率が上がっている我が家。父と母の会話を聞いていると農家の爺さん・婆さんそのものです(インゲンが幾つ売れ残っていたから明日に回そうだとかナスが全部売れたからまた採ってこなきゃとか)笑

すっかり腰も曲がり、泥まみれの長靴を履き、そこに真面目一本で通した元教員の面影は全くありません。でもすご~く幸せそう。父は元々人付き合いが苦手なタイプゆえ、畑でひとり土を耕す暮らしが性に合っているのだと思います。なによりこうして自分で作った新鮮な野菜を日々食べているから健康ですネ。

「今年はトウモロコシ1000本収穫するぜぃ」と鼻ふくらませ自慢する父を見て、“ムリすんなよ・・・”と苦笑しながらも嬉しく思う娘なのでした。



                         お後がよろしいようで。





shizutamarakugo at 20:30コメント(6)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by オスカー   2014年06月25日 21:50
こんばんは。父上さま、晴耕雨読な日々を満喫されているような~!!
トウモロコシといえば、真っ白な品種があるんですね。ピュアホワイトとか言った気がしますが、歯みがき粉みたいだ(≧∇≦)そしてその並んだ実は「芸能人は歯が命」の素晴らしさでしたので(よそさまのブログで見ました)ぜひ父上さまにも!

今日は雷鳴・雷雨でしたね。レインパンプスのデビューにはキツすぎると思ったのですが……まだ お家にいますか?
2. Posted by HyperChem   2014年06月26日 00:16
続くと続けなければいけない義務感を感じてしまいますね(^_^;)。
猫ムスメさんの生まれ育った土で育った野菜たちは
体をリセットしてくれそうですね。
トウモロコシの翌日は、お通じもVeryGood(^_^;)
離れて暮らしていると、親の歳を重ねていくのを感じて、
いろいろ考えさせられますね。
どんな形でも親は子供に教え続けます。
親もたまに来る子供には、いつもよりちょっと頑張っちゃいます。
相互にいい刺激。
これからも続けてくださいね。
3. Posted by 猫ムスメ   2014年06月26日 02:33
オスカーさん

ピュアホワイトですか(笑) 確かに歯磨き粉みたいなネーミング。今は色んな品種があるもんですね。そう言えば何年か前に親戚が、黄色と白がモザイクのように並んだトウモロコシを作ってました。ハニーなんとかという品種だった気が…名前の通りとても糖度の高い品種でした。でもやっぱりトウモロコシは黄色くてなんぼって気がしますね

レインパンプス!! 昨日と一昨日、履きました(*^o^*) ‘朝は降ってなくてもなんか降りそう’という時にとても便利です。あのデザインなら降ってない時に履いていてもおかしくないですからね!! お陰様で昨日・一昨日は急な雷雨にも困らず外が歩けました 履き心地的にも問題ないです。良い買い物をしました(^_^)v
4. Posted by 猫ムスメ   2014年06月26日 02:39
HyperChemさん

お陰様でひとネタ捻り出すことが出来ました 落語に「三題噺」というのがありますが、ブログでもやったら文章書く訓練になるかもしれません(^◇^)┛


やはりこの歳になって親にたまに会うと‘老い’にドキッとしますね
いつまで元気でいてくれるか分かりませんが、また次に来る時も元気に収穫物を自慢してね…と、いつも思います(^_^;)
5. Posted by まいるど   2014年06月26日 12:20
さっそくリクエストにお応え頂きありがとうございました。寄席での紙切りの正楽師匠か猫ムスメさんかというぐらいに鮮やかな出来栄え(笑)
寄席といえば、昨日の落語協会総会で柳亭市馬師匠が新会長に就任しましたね。小三治前会長からぐっと若返った人事。新会長は大抜擢の真打昇進なんかを考えていないでしょうね?。そうなると困る噺家さんも大勢いらっしゃると思いますし・・・。
6. Posted by 猫ムスメ   2014年06月26日 17:51
まいるどさん

「三題噺」に挑もうかという心境です(笑)。何かネタくだされば書きますよ~・・・みたいなw

市馬師匠の件は主にツイッター経由で拝見しました。香盤が上の人がウヨウヨいる状態での抜擢は「小三治の改革の“仕上げ”ではないか」とか穿ったご意見を書いている人も結構いて、皆さんこういうネタ大好きだなぁと思いながら拝見していました(笑)

企業でも演芸組織でも、改革をしようとすれば必ずそれに抵抗する勢力が出る。そうしたせめぎあいの繰り返しで今の世の中って出来てるんですよね。若返りにしても然り。若くすればいいってもんではないし、かといって古きにしがみつくのも駄目。そこら辺の兼ね合いを市馬師匠なら上手くやってくれると期待しての抜擢なのでしょうね。
ま、私としては馬治・馬吉兄弟がいつ真打ちになるかだけに興味があります(笑)。そのうち“そっち系”の噂をチラリ耳にされたらコソッと教えてくださいね~

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ