2014年08月11日

第46回・赤坂寄席

20日ぶりの生落語でした(((( ;゚д゚)))
無事年季が明け、沸点に達した “落語欲” を満たすべく私が選んだのは駒次さんの鉄道落語! 我ながらナイスチョイスだと思います

32














会場は溜池山王駅から徒歩5分。
私は初参加でしたが、もう46回も続いている会なのですネ。
どうやら毎回駒次さんがネタおろしをする「勉強会」のようです。
狭いスペースにお客さんギューギュー。補助椅子まで出し大入り満員でした。台風接近による荒天候の中、これだけ呼べれば大したものです(大半が毎回来ている常連っぽい)。

【第46回 赤坂寄席 8月9日(土)】

古今亭 駒次 『車掌の夢』
古今亭 始  『黄金の大黒』
古今亭 駒次 三題噺
  ~仲入り~
古今亭 駒次 『ビール売りの女』


今回楽しみにしていたのは「三題噺」。
お客さんから3つの「お題」を出してもらい、それに沿った噺を作って披露するアレですね。そういう芸があるというのは知っていましたが、実際目の前で見るのは初めてだったんです
本当にその場で(お題を)募集するのだろうか? 仕込みとか無いのだろうか? どれくらいの時間で作るのだろうか? どの程度の長さなのだろうか? ちゃんとサゲまでつくのだろうか? ・・・好奇心で一杯です

結果は “本当にガチ” でした。
会が始まる前、駒次さんご本人が前に立ち客席から挙手でお題を募集(同じ人が3つではなく、1人1つ)。そして一席目は普通に落語をやり、二席目、ゲストの始さんが繋いでいる間に楽屋で創作する。そのような流れでした。ナルホドよく出来たシステムです。始さんはまだ二つ目になったばかりの方でしたが、少しでも長く駒次さんに創作の時間を与えようと大汗かきながら40分くらいかけて『黄金の大黒』を演じてましたよ(苦笑)。お疲れ様です。

ちなみに肝心のお題は【ブルートレイン】【大垣夜行】【深海魚】でした。
なかなか創りにくそうな組み合わせですね。特に3つめの人はもう少し空気を読めないのでしょうか。それともこういうのが当たり前(難題を与えるほど粋?)なのでしょうか。最初の1人だけは何でもいいけど、2つめ・3つめの人は責任重大。私ならもう少しまとまりのあるお題を選んであげるのになぁ・・・などと素人丸出しで考えてしまいました( -д-)ノ 余計なお世話ですいません

もちろん駒次さんは見事にやり遂げました。
創作時間は始さんが繋いだ40分程。噺の長さは7分。ちゃんとサゲもついてました。提灯鮟鱇という面白みのある魚を選んだのも流石だと思います。きっとスマホで深海魚を一生懸命調べたんでしょうね。私の大好きなテツいじりも入っていて、充分楽しめる一席でした。短時間でこんなに整合性のある落語を1つ創っちゃうなんてすごいなぁ。今「三題噺」に挑む噺家さんがどれくらいいるのか知りませんが、きっと頭の回転に自信がある方達なんじゃないかと思います(^_^)ニコニコ

お陰様で20日ぶりの「落語充」は満足のゆくものに・・・
やっぱり好きだなぁ、駒次さんの落語。
改めてその思いを噛み締めながら帰路に付くのでした。





                      お後がよろしいようで。






shizutamarakugo at 19:30コメント(10)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2014年08月11日 23:42
連勤の疲れも癒してくれそうな内容でしたね。
プレゼンや講演でも、結構いろんな情報をリンクしながら
話していきますが、基本自分のフィールド内ですから、
そんないきなり突拍子もないものが登場してきて対応
できるのは、すごいものだと思います。
皆さんの連携も…ね(^^)。
2. Posted by 猫ムスメ   2014年08月12日 09:21
HyperChemさん

なるほどです。
HyperChemさんは講演もされたりする方なんですねぇ どんな分野でも人前で一定の時間喋ることが出来るのは凄いと思います。講演自体は大体原稿を準備されているのだと思いますが、なかなか予定通りに行かないことってあるでしょうからね~。質疑応答とか(笑)。皆さん臨機応変にユーモアも交えながら対応したりしていて、素晴らしいと思いますo(^-^)o

噺家さんも大喜利や三題噺を見ていると「頭が柔らかくないと出来ない職業だ」と、つくづく思いますよ。ま、そういう人だからこそ噺家になろうと考えるんでしょうがね
3. Posted by オスカー   2014年08月12日 13:27
こんにちは。連勤、本当にお疲れさまでした!!
三題噺というと「鰍沢」な山梨県人です(笑)
高校野球、静岡、残念でしたが熱戦でしたね~こういう試合をもっとみたいです。
4. Posted by こうじ   2014年08月12日 13:50
お疲れさまです&お久しぶりです。

面倒な仕事を背負わされて、ようやく先日肩の荷が降りました(笑)。頭を柔らかくしてもらいに寄席でもいきますかな。

5. Posted by 猫ムスメ   2014年08月12日 14:10
オスカーさん

「鰍沢」、やっぱ山梨では有名な噺なんでしょうか!? 初めて聴いた時には「身延だ~♪」と嬉しくなった身延線利用者です(笑)。

高校野球、今日たまたまお休みなので見てました。静岡は残念だったけど父的には大喜びだと思います(^_^;)
それにしても素晴らしい熱戦! やはり十何点とか入るよりこれくらいの点で競り合う試合が面白いですね。負けた静岡高校の皆さんもよくやった感はあると思います。双方お疲れ様でした!!

6. Posted by 猫ムスメ   2014年08月12日 14:16
こうじさん

お久しぶりです!!(≧∇≦)
こうじさんどうされてるかな~と気にしてました
やはりお仕事が大変なことになったんですね…でもとりあえずは“肩の荷が下りた”ようで良かったです
落語聴きましょう落語を。こういう時は落語ですよo(^-^)o
駒次さんの鉄道落語みたいな軽いネタでシンプルに笑いましょう!!
7. Posted by おっくん   2014年08月12日 16:55
三題噺作る人の頭の中はどうなっているんでしょう?
駒次さんは以前、新作が未完成で、
作りながら話した(あるいは話しながらつくった)ことがあって、これもまたすごい技だなって思いました。
(面白かった。)
ではでは
8. Posted by 猫ムスメ   2014年08月12日 20:49
おっくんさん

すご~い! そんなこともあったんですか~(°□°;)
ある意味、三題噺よりすごいかもしれませんね

本当に頭の中はどうなっているのでしょうか。凡人には決して伺い知れない世界ですね(^_^;)
9. Posted by なかとみ   2014年08月15日 09:23
三題噺は、白鳥さんがお得意ですね。寄席の通常営業である定席のときに、トリを取るときにおやりになることさえあるようです。

定席は十日間単位なので、十日間連続で新作を作ることになります。トリということは、少なくても30分は必要なので、それもすごいです。

私が池袋演芸場で見たときは、仲入り前にお題を募っていましたので、約2時間でつくっていました。

その時にいっていたか、お題に関連性があると、それに縛られて、かえって発想が広がらないようです。関係の無いお題を、ああだこうだとひねっていると、面白いものができるとのこと。
10. Posted by 猫ムスメ   2014年08月15日 12:29
なかとみ様

有り難うございます。私が知りたいのは正にそこでした
そうですか、「お題」はバラバラの方が作り易い(面白い?)んですね~。そう考えると3人目の「深海魚」ではなく2人目の「大垣夜行」が若干アレだったかもしれません(^_^;) 実は駒次さんも「ブルートレイン」「大垣夜行」と出た時点で、「もう鉄道落語しかないじゃないすか」と苦笑いされてたんです。もしかしたら、そういう縛りなく作りたかったのかもしれませんね

それにしても白鳥さんはすごい! 2時間でトリネタを作ってしまうとは…しかも10日連続 
ホント、頭の中どうなってるんだろうという感じです きっと常人とは違う天才なんでしょうね
寄席はあんまり行きませんが、白鳥さんがトリの時に(三題噺やるとは限りませんが)行ってみたくなりました

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ