2014年09月27日

寄贈できると良いのですが。

洋服の入れ替え作業をしました。
夏物を洗濯して仕舞い、秋物を出す。
まだ流石に冬のセーターとかは出せませんが、薄手の長袖ニットやコーディロイのスカートを出しただけですっかり“やり遂げた気”満々。
「これで着るものが増えたわい」とニマニマしておりますv( ̄∇ ̄)v

しかし毎年季節の変わり目に悩むのは、着なくなった物をどうするか問題 私は断舎離を心掛けているので、2年着なかった衣類は手放すようにしています。でも、捨てるのは勿体無い!! 自分が物持ちの良い人間なので “捨てる” ということが出来ず、なるべく部屋着にしたり寝巻きにしたり工夫するようにしていますが、やはりどうしようもない物ってあります(サイズが合わないとか)。そこで、そういう物は近所のリサイクルショップへ持って行くようにしていますが、大したお金にはなりません。

1


今回も靴3足(どれも一度履いただけの新中古品)&カットソー数枚を持って行きましたが、合計350円でした(T_T)  購入価格は多分計5~6万円以上しているのでエェ~!? って感じですが、まぁしょうがないですね。リサイクルショップなんてそんなものでしょう。余程のハイブランド品でない限り一山ナンボの「屑」扱いです
私としてもお金目当てでなく “誰か他の人に使ってもらえれば” という勿体無い精神で行っているので別に良いのですが、いつも思うのは「だったら寄付したいな」ということです。こんな小銭で買い取られるより、困っている人達に着て頂きたい。

というのも、アメリカでは【The Salvation Army(救世軍)】のお世話になったから。そこら辺の教会に引き取り所があり、いらなくなった物はなんでも引き取ってくれました。アメリカでは非常に一般的で、何かあったらThe Salvation Armyへ・・・という感じだったので、私たち留学生も1年間で増えた洋服や家具は全てThe Salvation Armyに引渡し帰国しました。物を捨てる罪悪感もなく、ちょっとしたボランティア精神も満たされ、大助かりです(⌒-⌒)

そういう経験があるので、日本にも同じような制度があればいいのに・・・と思います。
寄贈する方法も有るには有るのでしょうが、物が限定されたり宅配便の送料がかかったりで、ハードルが低いとは言えません。同じ千葉県でも八千代市では東南アジアに衣類を寄贈する制度(資源ゴミの日に紐で縛ってゴミ捨て場に置けば回収してくれる♪)があり、私も知り合いの家で仕分けを手伝ったことがありますが、浦安には(私の知る限り)ありません。

身近で気軽に引き取って貰えるシステムは出来ないものかなぁ。
毎年この季節に感じる願いでございます(●´ω`●)





                         お後がよろしいようで




shizutamarakugo at 18:00コメント(6)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by オスカー   2014年09月27日 22:16
こんばんは。
「古着・ボランティア」で検索するといろんな団体が出てきますが、なんだろう、自分の思っていることと微妙にズレがあるような気がして、私もなかなか出来ません。時期が合わなかったりしたり、もう活動していなかったりとか…。何年か前に、市の広報にアフリカに毛布を送る会とか載っていたのですが、今は見ないなぁ…。ベルマークとかは集めていますが。

話はかわりますが、御嶽山噴火のニュース、驚きました。収穫の秋に降灰被害も心配です。早くおさまりますように。
2. Posted by 猫ムスメ   2014年09月27日 22:58
オスカーさん

そうなんですよ。ネットで検索すると色んな団体が出てくるんですが、どうもシックリ来なくて… 時期がズレていたり物が合わなかったり手間がかかって負担が大きかったり、いざ実行には移せません。八千代市みたいに手軽なシステムがあれば…と心から思います(>_<)

ところで御嶽山、大変なことになっていますね。実は丁度紅葉シーズンということで、先週からうちのスタッフが何人か行ってるんです…心配です
3. Posted by HyperChem   2014年09月28日 20:59
リサイクルショップのように商売ベースになるものは
すぐにできて広がっていきますが、ボランティア的な
ものとなると地域中心のものになっている感じがします。
思想の違いもあると思いますが、日本の風土にあった
ものが作りだされていくといいのになって思います。
4. Posted by 猫ムスメ   2014年09月29日 08:14
HyperChemさん

そうですね。日本では宗教に対する考え方がまず違いますから、救世軍のようなものは広がらないでしょう。お寺が地域の要となり門扉を開いてくれると良いのですが、なかなか時代的にも難しそうですね。

食べ物にしろ衣類にしろ、必要なものが必要な所に行かず無駄になっているのが今の地球全体に言える問題です。1つの地域が何かするだけではダメ。国家規模・世界規模で通用する“何か”が生まれなければそのうち資源は尽きる。そんな気が致します。
5. Posted by 六代目   2014年09月29日 10:20
私も捨てられない症候群で、
下取りしてくれる洋服屋さんや
靴屋さんを優先しているんですが
結局その店でも
捨ててしまうんだよな~と
モヤモヤしています。
ボランティアで
お渡しできるところがあれば
いいですね!
6. Posted by 猫ムスメ   2014年09月29日 13:17
六代目様

コメントありがとうございます
六代目様も捨てられないタイプですか(^w^)
なんか“勿体ない”と思っちゃうんですよね。まだ着れるのに、履けるのに…という

衣類にしろ食料にしろ、必要としている所に行かず無駄に廃棄されているのが現実 この矛盾が世界規模で解消される日がくればどれだけ良いだろうと思いますね(>_<)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ