2015年01月30日

変わり者の医者

箱根旅日記の途中ではありますが・・・・・・
『変わり者だが腕はいい』と評判の町医者にかかってきました
ちょっと気になる症状があり、念のため診てもらった方が安心だと思ったからです。初めてかかる科なのであれこれ調べた結果、「ここだ」と直感し、足を伸ばしました(●´ω`●)  変わり者、大歓迎です


1ボロボロのビル、分かりにくい入り口(絶対通り過ぎる)、狭い階段(もちろんエレベータなど無い)・・・否が応にも期待が高まります。この写真を見て、上に病院があると思うでしょうか?

恐る恐るドアを開けると意外にも明るい空間。受付にもちゃんと女性が2人います。外見から、もっと寂れた医院を想像していたので一安心。待っている間に待合室を観察したところ、「アンチエイジング治療」にも力を入れているらしく【特製シミ抜きクリーム】【プラセンタ注射】の貼紙がベタベタ貼られていました。


さて肝心のお医者さんですが・・・やっぱ独特でしたね(笑)
とにかくよく喋る。しかも早口で。慣れないと何言ってるか分からない系ですが、感じは悪くない。診察も愛想は一切ありませんが丁寧。きっとこういう人が「名医」なんでしょうね。私はやたらホームページに金をかけたりメディアへの露出を自慢するような病院が好きではありません(やむを得ず利用はするけれど)。こういう市井の片隅で長年やっている医院にこそ「良い医者」は潜んでいると思っています(*'-'*)

尚、“ちょっと気になる症状” は全く問題ありませんでした。
商売っけの無い先生に10秒で片付けられましたわ(笑)
そこで安心したワタクシ、「ちょっと別件ですいませんが・・・」とアンチエイジング治療の相談をしてみることに 前々から「シミ取り」に興味があったからです(三十路を過ぎた辺りから顔に巨大なシミ3つ出現

「どれどれ? あーこれね。」
私の顔のシミを虫眼鏡で覗きこんだ先生。
一言いいました。

「これはね、加齢によるシミだからムリ! 漂白しても取れないの。手術しなきゃダメ。クリームで抜けるのはね、いわゆるソバカスのようなシミなの。これは老人性だか、ムリ!」


そ、そうですか、老人性ですか、アハハハハ~
虚しく診察室に響き渡る私の声。
でも、嫌いじゃありませんよこういう人(仏の笑顔で)。

・・・変わり者の医者。
ま、こういう人なら悪い物は勧めなそうですね
今度はプラセンタ注射について聞いてみようと思いま~す(爆)






                        お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 20:00コメント(2)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2015年01月30日 23:04
今もまだ消えない症状に悩みつつも、時間だけがどんどん
過ぎていってます。気にしないのが、一番の治療法と言われ、
別の医者に行っても、同じ見解だったので、長くつきあって
いくしかしょうがないのでしょう。
この症状を最初に診てもらったお医者さんが、変わっている
というか、タイムスリップしたみたいなたたずまいで、
診察台から治療器まで、昭和の古きよき時代で、ある意味
感動しましたが、治療という点では、やや不安でした…。
宿でもそうですが、HP情報で行くとガッカリって結構
あります。きれいにHPを作りすぎてるとかえって怪しいとか。
猫ムスメさんの症状には満足な内容でよかったですが、
一言も二言もよけいでしたねぇ(^_^;)。
決して無理じゃないですから…ね。
2. Posted by 猫ムスメ   2015年01月31日 08:27
HyperChemさん

この医院が正に「昭和」でした。今は病院も“サービス業”と捉え患者は“お客様”。やたらと小綺麗で至れり尽くせりな所が多いですが、真逆でして(^_^;)
マシンガンのように喋る先生の声が待合室に筒抜けなのは笑いましたね(個人情報って一体…)笑

ホームページも有るには有るけど至ってシンプル。医師の理念の署名を見たら「1998年」だったのでここに決めました。病院にしろ飲食店にしろ、こういう目立たない町の片隅で細々続いているのは良品質の証なんですよ
…と力説してしまいましたが、私の症状は大したこと無しwww 全くの杞憂でした。しかしHyperChemさんは深刻なものを抱えていそうですね セカンドオピニオンも聞いて同じ答えだと、もう答えは変わらないのでしょうか。時代と共に医療も発達しますので、また新たな解決策などが見つかれば…と思いますm(_ _)m


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ