2015年02月27日

永久保存版

東京かわら版の3月号が届きました

3

こりゃ永久保存版っすな( ̄∠  ̄ )ノ

新真打10人がズラリと並ぶ表紙、格好良すぎる。
しかもその中には我らが馬治さん&馬吉さん(改メ馬玉師匠)。


12














10人それぞれのインタビューも載っていて、これまた興味深い。
皆個性がよく出ています。
周りの人間を大切にする馬治さん(大和田落語会の席亭・司法書士の先生など具体的に書いているのは馬治さんだけ)、師匠大好きな馬吉さん(2ページの大半を師匠との出会いや芸への憧れで埋め尽くしている)・・・・・・もちろんどちらも違って共にイイ。互いに兄弟弟子である相手への感謝(?)を綴っているところも素敵です


こりゃ本当に永久保存版だな。
保存用にもう1冊欲しい。
でも東京かわら版ってどこに売ってんだろう?
(※いつも定期購読で届くのでワカラナイ)。

どこかの本屋で見つけたら即GETですv( ̄∇ ̄)v




                          お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 19:00コメント(8)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2015年02月27日 21:22
まさに猫ムスメさんのための1冊ですね。
ここで日夜記事を書いていることが、
これを完成させたのではないでしょうか。
永久保存版のものが多過ぎて(笑)、
ちょっとレベルを落とさないとな…σ(^_^;)。
2. Posted by おっくん   2015年02月27日 21:42
50ページにある 直販店で
買うのが一番かと思います。

10人ですと真打興行のトリが1回しかないのですね。ご贔屓の人の時に行くのが大変ですな。
3. Posted by 猫ムスメ   2015年02月27日 22:30
HyperChemさん

自分を落語の世界に導いて下さった馬治さんの真打ち昇進……想像以上に感慨が深く、自分の中でも1つの「区切り」かなと感じております

HyperChemさんも「永久保存版」が多いのですね(笑)。なんとなく女より男の方が「保存」のハードルが低い気がします(^_^;)
ま、保存場所があるうちが華ということで……(
4. Posted by 猫ムスメ   2015年02月27日 22:34
おっくんさん

有り難うございます。やはり直売店が一番確実ですかね。

御披露目興行、1つの寄席で一度だけ、というのはファンにとって大変厳しいです(>_<) 手帳めくりながら唸ってますが馬治・馬吉ともに一度ずつしか行けません 一門のファンとしては情けない限りです…
5. Posted by オスカー   2015年03月01日 22:52
こんばんは。
新聞に祝い幕の記事があって、お披露目の時の祝い幕はもう準備されているんだろうなぁ…なんて思いました。
アニオタとかが普段見る用・保存用・万が一のためのものとか貸出し用とかでいくつか買い込みますが(雑誌に限らずフィギュアやDVDとか)好きなものがあったらそうなりますね(笑)
6. Posted by 猫ムスメ   2015年03月02日 04:23
オスカーさん

ジャニオタ・アイドルオタの姉が昔から「明星」を2冊買っていました。1冊は読む用、1冊は保存用です。今も実家に帰ると姉の部屋には丁寧にビニールで覆われた明星がズラリと並ぶ棚があり、圧巻です。
あと光ゲンジやSMAPのCDも必ず2枚買ってましたね

当時は“富豪か!”と思ってましたが、今はわかります(^_^;) 好きなものはお金がかかっても汚したくないんですね…
7. Posted by rakugoneko   2015年04月27日 16:58
初めてコメントさせていただきます。

永久保存版の名にふさわしい真打昇進記念号を買いそびれてしまった者です。。。猫ムスメさんの記事を拝見してバックナンバーを早く手に入れなくては!と思いました
8. Posted by 猫ムスメ   2015年05月28日 07:59
rakugoneko様

コメント頂きありがとうございます。そして、お返事が遅れ申し分ございません(>_<)
新しく付いたコメントは毎日チェックするようにしているのですが、何故か見逃しておりました。1ヶ月遅れの返信、本当にごめんなさい

rakugoneko様も馬生一門のファンなのでしょうか
"馬"好き、落語好き、そして猫好き!!(笑) 共通点が多そうです。どうぞ今後とも仲良くしてくださいo(^-^)o

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ