2015年04月30日

皇居東御苑

4月29日「昭和の日」。
だからという訳ではありませんが、皇居にお邪魔しました。
もちろん中じゃなく『皇居東御苑』ですがね(笑)

【皇居東御苑は,旧江戸城の本丸・二の丸・三の丸の一部を宮殿の造営にあわせて皇居附属庭園として整備されたもので,昭和43年(1968)から公開されています。】 ~宮内庁HPより~

タモリが “日本最大の居抜き” と表現していた皇居
会社から近いし有名な観光スポットでもあるのに意外と行ったことがありません。そこで、花の季節に合わせフラリお邪魔したのでした~(^∀^)

23















①まずはニュースでよく聞く「坂下門」に。皇室ご一家がお通りになる坂ですね。御所の方向に向かって頭を下げました。
②皇居東御苑へは江戸城の正門であった「大手門」から入場。外国人率がハンパない。

45















③④入るとすぐ「百人番所」。大手門から本丸に入る際の最大の検問所で、甲賀組,根来組,伊賀組,二十五騎組の4組が護りを固めており、各組には同心百人ずつが配属されていたところから百人番所の名が生まれたそう。とても長細い建物。

98















⑤⑥「汐見坂」を登り、お目当ての「諏訪の茶屋」へ・・・明治45年(1912年)に吹上御苑に建てられたものを東御苑の整備にあたり移築された建物。 つつじの隠れた名所。

1015















⑦高い所に登ると広々見渡せる。東京とは思えないのどかさ。
⑧満開のつつじを眺めながら、東京駅で買ってきた駅弁を食べる。eashionで2番人気という「イベリコ豚と東北育ちのハンバーグ弁当」。1,599円という高値だったけど大正解!

1314















⑨⑩「二の丸池」にとても変わった鯉が・・・。ヒレナガニシキゴイといって、天皇陛下がインドネシアのヒレナガゴイと日本の錦鯉をかけあわせ品種改良された鯉とのこと。本当にヒレ長い

1918















⑪⑫「天守台」。江戸城の天守閣は慶長12年(1607年)に完成し、当初石垣の高さは約14メートルありその上には金色の鯱をいただいた日本最大の5層の天守閣がそびえていたが、明暦3年(1657年)の大火で焼失した後は再建されることもなく基礎石である石垣だけが残っている、とのこと。

2021















⑬皇居東御苑には本当に沢山の種類の草花が植えられています。これはキモッコウバラ。
⑭ハマナス。雅子様の“お印”ですね

1622















⑮藤棚。
⑯サクラバラ。

1211















⑯シラン。
⑰シャガ。


23















⑱忠臣蔵で有名な「松之大廊下」跡。
⑲「富士見櫓」。明暦3年(1657年)の大火で焼失した2年後の万治2年(1659年)に再建されたもので、江戸城の本丸の建物の中で現存する貴重な遺構だそうです。




・・・以上、なかなかの見応えでした。
ゆっくり歩いて4時間くらい、ピクニックに最適です

ところで話は変わりますが、私にとって未だに4月29日は「天皇誕生日」「みどりの日」なんですよね。どうも「昭和の日」という呼称に馴染むことができません 
いつ変わったんだっけ?? と思い調べたら2007年でした。もうそんなに経つんだ!! そもそも4月29日は昭和天皇がお生まれになった日。それがご崩御後、自然を愛された天皇にちなみ「みどりの日」となった。これ昭和生まれの人間なら(そうじゃなくても?)誰でも知っていることです。私もそのように教えられてきたのでいきなり「昭和の日」と言われた時にはエッと思いました。そして「みどりの日」が5月4日に移されると聞いた時にはエエエッと思いました。意味ねーじゃん
というお話です。

成人の日にしろ体育の日にしろ、休みを増やしたり繋げればいいというものではありません。もう少し、“祝日本来の意味” を大切にして欲しいものですね。





                      お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 19:00コメント(4)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2015年04月30日 22:59
皇居って毎年たくさんの人が訪れてる感じですが、
意外といってないものなのかなと思います。
特定の人が何度も訪れるとか…。
都会の中の自然。
東京は結構緑化度高いですよね。
動いたり名前の変わるお休みの日はもう覚わりません。
旗日も結構働いてるので、どっちでもいいです(^_^;)。
2. Posted by 猫ムスメ   2015年05月01日 06:45
HyperChemさん

皇居東御苑、けっこう穴場です。外国人率が異様に高く混雑はしているけれど、つつじの季節にしては全然マシな方。
実はこの後、根津の「文京つつじまつり」もハシゴしたのですが、こちらはもう“押し合いへし合い”で身動きが取れず、うんざりしてしまい、連れと「やっぱ皇居は穴場だったんだね…」と溜め息をつき合いました
やはり皇居は果てしなく広いですから、人も分散されてのどかな空間になってるんでしょうね

ちなみに旗日もけっこう働いているのは私も同じですのでお気持ち大変よく分かります(笑)。自分が出勤だともはやその日が何の日か気にしなくなりますね(^_^;)

かく言う今日ももちろん出勤。月初の連勤開始です。5日だけは休むつもりですが、果たしてどうなるか…
HyperChemさんも少しはお休みが取れるよう祈ってますo(^-^)o
3. Posted by オスカー   2015年05月02日 23:00
こんばんは。
コメントが遅くなりましたが、ウチにある週刊ポストを読んでいたら『ふらっと歴史建物探訪』というコラムが皇居東御苑でした! 通常の月曜日と金曜日は閉門しているとありました。こちらの記事はイラストで、天守閣跡・百人番所・ヒレナガニシキゴイ・松の大廊下跡・諏訪の茶屋・果樹古品園(江戸時代の果樹を江戸城跡に植えてはという天皇陛下のお考えから作られた果樹園で、食べたことのない実がいろいろ実っているそうです。陛下お手植えの三宝柑もあるようです)・皇居正門石橋旧飾電燈などが紹介されていました。猫ムスメ様の写真や文章とあわせて読んで楽しさ倍増になりました! ナイスタイミングな記事をありがとうございました。私もいつか行きたいです~!
4. Posted by 猫ムスメ   2015年05月03日 06:15
オスカーさん

おぉっ、週刊ポスト! ナイスなタイミングですねぇ(≧∇≦) 見比べたら本当に楽しそうです。今発売中の号なら私も立ち読みして確認し、買ってみますね

「果樹古品園」ですが、確かにありました。なにやら夏蜜柑のような大きな実がたわわに実っていて名前を見たら「カブス」と書いてあり、連れと“これは今で言うカボスなのだろうか”と首を捻りました(^_^;) でもカボスならあんなに大きくないと思うし、多分違うと思います

他にも各都道府県の樹を植えたエリア途か、竹だけ何種類も植えたエリアとか、昭和天皇が武蔵野をイメージしてお造りになった林とか、様々な趣向が凝らされており見所満載!
オスカーさんも是非お散歩してみて下さいね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ