2015年05月31日

東京かわら版500号記念落語会

「東京かわら版500号記念落語会」なるものに行って参りました 


東京かわら版は“日本で唯一の寄席演芸専門情報誌”。今年で創刊
40周年というから大したものです。一般の雑誌がボコボコと廃刊する中、いかにコアな客を掴んでいるかがよく分かりますね。
恐らく関東のみならず日本中の落語ファンが購読しているのではないでしょうか。かく言う私も落語を聴き始めてすぐの時から56年、ずっと定期購読していますよ(´∀`*)

そんな東京かわら版様の
500号記念落語会ですから「おぉっ」って感じですね。まず間違いのない顔付でしょう。人気・実力ともに兼ね備えた噺家が出るはず。チケットも早い段階に「完売」となってしました(私は広告主であるP-マン金子さんのお陰で潜り込むことが出来ました。感謝多謝。)

12















【左】
お花も贈るところが流石です。なかなか出来ることではありません。
【右】
毎年12月号は誰かがサンタクロースになり表紙を飾る東京かわら版。今年はどの師匠になって欲しいか? 今日いるお客さんの投票で決まるそう。責任重大ですね! 尚、私が誰の名前を書いたかは秘密です。



では早速、気になる顔付け・・・・・・

l_1422244260[1]5
















喬太郎・談笑・兼好・一之輔・ナイツ・笑二・・・
す、すごい.。゚+.(・∀・)゚+.゚
落語協会・立川流・円楽一門・落語芸術協会からスター選手を集めた感じですね。これほど組織・門派を超えたスターが一度に見られるのは貴重な機会じゃあないでしょうか。落語ファンとして良い経験を致しました。本当にありがとうございます。
どの師匠も流石の腕前であっと言う間の2時間半でしたが、「健闘賞」は立川笑二さん。まだ24歳の二つ目ながら色々“持っている”人。なんと、沖縄出身唯一の噺家なんですね(以前は立川メンソーレさんがいらっしゃったけど廃業してしまいましたからね)。沖縄出身であることをフルに活かし、なんと弥次郎が離島に流れ着くストーリー展開w そしてまさかのオスプレイ墜落というサゲw もう抱腹絶倒でした。他の名だたる師匠方に決してヒケを取らない一席・・・すごいと思います。立川流にもこんな若手がいらっしゃるんですね~。これまた勉強になりました




1BlogPaint

 















あ、肝心なことを申し遅れましたが、500号、本当におめでとうございます。先日届いた
500号記念特大号では、創設者であり発行人の井上さんが今まで出した全ての号を積み上げ、その横に立った写真を載せていて、印象的でした。その高さ、1メートル40センチとのこと   
あと少しで井上さんの身長を超えそうです(超えるといいですね)。
落語ファンの、月に一度のお楽しみ・・・是非これからも続けてください。よろしくお願い致します。




                       お後がよろしいようで。 



shizutamarakugo at 12:00コメント(6)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2015年05月31日 15:22
昨晩は東京だったので、怖かった~(>_<)。
マイナーな世界で続くのは、やはりぶれないこと
かと思います。これは、まさにその1つだと思います。
違ったイベントに出ると、また違った世界観が
見えてきそうですね(^^)。
2. Posted by オスカー   2015年05月31日 18:16
こんにちは。
『シアターガイド』よりずっと読みやすそう~!!と思いました。たくさんの方のアツい想いが凝縮されている気がします。
これからも号数を重ねて愛読者を増やしていってほしいですね。ファッション雑誌より粋な読み物、東京かわら版! 500号おめでとうございました(*^▽^)/★*☆♪
3. Posted by オスカー   2015年05月31日 23:11
連投失礼します あれから(仕事帰り)本屋に行ったら『軍鶏侍』の野口卓さんの新刊『ご隠居さん』(文庫書き下ろし)があって表紙が気に入り買ってみたら解説は柳家小満んさん~すでに情報をお持ちでしたらスミマセン! 
http://hon.bunshun.jp/articles/-/3578

4. Posted by 猫ムスメ   2015年06月01日 07:26
HyperChemさん

一昨日の地震、大きかったみたいですね(>_<) 私は落語会の後、浅草でハシゴ酒をしていて全く気付きませんでした 「あの揺れで気付かなかったのはヤバい」と後から散々呆れられたものです…


落語というニッチな世界で40年続く奇跡。やはりモノがシッカリしているからだと思います。薄いながらに中身の濃いかわら版…これからも定義購読続けます(^o^)/
5. Posted by 猫ムスメ   2015年06月01日 07:31
オスカーさん

東京かわら版、サイズがいいんですよ(笑)。小さくて持ち運びにも便利 そういう意味でも“読みやすい”情報誌です。独特のサイズで市販のブックカバーが合わないので、わざわざ東京かわら版専用のカバーを自作し使っているお姉様方を何人か見かけたことがあります。皆さんの落語愛が感じられますよね

小さい中にも情報たっぷり! …厚いだけで広告ばっかりなファッション誌にも見習わせたいですな(^_^;)
6. Posted by 猫ムスメ   2015年06月01日 07:35
オスカーさん

「ご隠居さん」、今、図書館で順番待ちをしているところです(^w^)
でも小満ん師匠があとがきを書かれているとは知りませんでした! 野口さんは落語にも造詣が深く落語関連本も出していますから、きっとお知り合いだったんでしょうね

これは益々楽しみ♪ 情報ありがとうございますo(^-^)o

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ