2015年06月26日

鈴本演芸場特別企画興行「金原亭馬生独演会」

雨の金曜日・・・
会社をそそくさと脱出し鈴本演芸場に向かう私
目的は【金原亭馬生独演会】です(・∀・)つ

23















18時開演のところ着いたのは19時くらいでしたが、もう立ち見でした。流石ですね。早めにチケ買っといて良かった 後ろの扉からソッと入ったら、ちょうど仲入り手前。馬生師匠が「そば清」で得意の“トロロ蕎麦を食べる音”を披露しているところでした(笑)。師匠の「ど~~~~もっ!」が聞けてラッキー(´∀`*)

【平成27年6月26日 金原亭馬生独演会】

「お化け遊園地」 桂三木男
「粗忽長屋」 金原亭馬玉
「そば清」 金原亭馬生
  ~仲入り~
「天狗裁き」 金原亭馬治
ご存じ ケーシー高峰
「文違い」 金原亭馬生


馬治師匠の一席は天狗裁き。個人的に、天狗の「聞きはしない、聞きはしない・・・が!」の「が」がツボでして(マニアックですいません)・・・間が絶妙なんです  あと、時流に乗ったクスグリ「わしはフェイスブックもツイッターもやらない安心しろ」に大爆笑でした。

今回私が平日なのに来ることを決めた理由の1つはケーシー高峰先生。笑点ではよく見るけど意外と生で拝見した事が無かったんですよ! だから超楽しみにしてたんですが、やはりライブで見ると違いますね。ホワイトボードに何か書き始めただけでジワジワきました。ところでケーシー先生ってもう81歳なんですねぇ(驚)。びっくりです。今は半リタイアされ、いわき市にお住まいだそう。寄席にも滅多に出ないけれど馬生独演会ということで特別に上京されたとそうで、いやいや貴重なお姿を拝見致しました。前立腺癌に負けず元気で長生きして欲しいです

そしてトリの馬生師匠。演目は初めて聴くネタ、「文違い」!!!
惚れて惚れられ騙し騙されドタバタの廓噺。とてもストーリー性のある演目ですね。登場人物も皆個性的で演じ分けが難しいであろう大ネタ。へたすると聴き疲れてしまいそうですが、そこは馬生師匠。自分こそが本当のマブだと信じ込む男達の滑稽さ、それを手玉に取るけれど自分も惚れた相手には騙されてしまう遊女の可愛さ等々・・・・・・
聴きどころ満載で、展開も早く、身を乗り出し聴き入ってしまいました。あっと言う間の45分。えっもう21時なの? と我に返るほどの充実度。いや~無理してでも行って良かったです、本当に(*゚▽゚*)


帰りは師匠御自らが “お見送り” して下さるのも一門恒例。
沢山のファンに囲まれ大忙しの師匠に、脇から頭を下げたところ、「どうも連日ありがとうございます」と(大和田落語会で会ったばかりなのを受け)、私なんぞにも礼を言ってくださいました  そう、この一言なんですよね。これがあるから、次も行こうと思うのです。



                 お後がよろしいようで。














shizutamarakugo at 23:07コメント(6)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2015年06月26日 23:22
ケーシー高峰!随分久しぶりに聞いた気がします。
子供の頃から見ていたので、もうそんなお歳ですよね。
ちょっと大人を垣間見たような(*^^*)。
金曜最後のリラックスになりましたか?
何か楽しい気分で週末を迎えられそうでホッとしました。
明日はお休みできそうかな?
2. Posted by オスカー   2015年06月27日 00:07
こんばんは。
雨の金曜日、ステキな時間を過ごされなによりです~!!
ケーシー高峰さん!! 子どもの頃からテレビで見ていましたが、時々ハナ肇さんとごっちゃになってしまいました(笑) そしてなぜドクターでなくケーシーなの?とずっと思っていましたが、何年か前ある医療マンガで「ケーシーがよくお似合い」という言葉があり、ああ、あの白衣をケーシーっていうのか!!と納得しました(笑) ウチのダンナも看護師なのでアレを着ているのですが、「白衣洗って」としか言われたことがなかったので
話はかわりますが『癒し屋キリコの約束』が思っていたような作品でなくて……技巧に走りすぎというか作りすぎというか……お賽銭箱の扱いやカウンセラーの仕事などもちょっとそれは……と思ってしまいました。ダンナがずっと精神科の看護師なので余計に言葉ひとつで人の命を奪えることをしっているので、正直ガッカリより怒りに近い気持ちがあるのかも……。猫ムスメ様もたしか☆3つでしたよね? 機会があれば感想などきかせて下さい。
月末でお忙しいでしょう、お身体に気をつけて下さいね。
3. Posted by 猫ムスメ   2015年06月27日 09:25
HyperChemさん

今日はお休みです
ここ数日、低気圧の影響もあり頭痛がひどかったので、今、整骨院に向かっているところです(^_^;) 千葉はちょうど雨が上がりました。このまま晴れてくれればいいなと思います


昨日は本当に楽しかったですよ~。頭痛をロキソニンで抑えこんででも行った甲斐がありました(笑)。ケーシー高峰、懐かしいですよね! 小さい頃からテレビで親しんだ師匠です。最近あんまり見ないなぁと思ったら81才 舌癌を患い、今度は前立腺癌。体調的にはお辛いでしょうが元気に変わらず下ネタを連呼して下さいました(^w^) 芸人魂ですね。
4. Posted by 猫ムスメ   2015年06月27日 09:36
オスカーさん

ケーシーが白衣とは初めて知りました! なんでケーシーなんだろうとか考えもせず…ナンシー関のようなものかと思っていました(笑)
オスカーさんの旦那様、医療従事者というのは存じ上げていましたが、ダイレクトに看護士さんなんですね。しかも精神科の… それは大変なお仕事で、本当に頭が下がりますm(_ _)m


そんなオスカーさんが読まれたら「癒やし屋キリコ」はさぞ違和感を感じたことでしょう。実は私も全く同じ感想を抱き星3つにしました(本当は2つにしようと思ったけど宮島先生の顔が浮かびまして…w)
まずあのキリコのキャラクターが理解できません。ただのムカつくおばちゃんでは??(-o-;) あの人の所に何故依頼人が来るかもわからないし周りの人に好かれるかもわからない。そもそもあれを「カウンセラー」と言ってしまうことに抵抗があるし、「癒やし」ではないと思います
その前に読んだ「津軽百年食堂」と「虹の岬の喫茶店」が良かっただけに、“あれっ?”でした(泣)。

ちなみにそんな「癒やし屋キリコ」ですが、8月からフジテレビでお昼のドラマになるそうですよ 主役のキリコは元・宝塚の女優さんが演じるとか…。これまた「えぇ~!?」ですね(>_<)
5. Posted by オスカー   2015年06月27日 14:32
こんにちは。
夜中の暴走した感想文に共感いただき、ありがとうございました!!
落語の「文違い」のあらすじを読んでアハハ~今でも似たようなことをしている男女がいそう!!と思い「四宿」も勉強しました~そして「四谷の屁」も(笑) イライラモ&ヤモヤした気分が吹き飛びました~落語の効能、バツグンです~重ねてありがとうございました(´∇`)
6. Posted by 猫ムスメ   2015年06月27日 18:04
オスカーさん

「四宿の屁」、そういうタイトルでは聴いたことがないので検索しました。いやぁ面白いですね~ まとまってはやらないかもしれませんが、花魁の「願掛けで・・・」はよく小咄として使われてます。「お見立て」という落語の前にやる人が多いと思います(私の記憶では)。

ちなみに馬生師匠が「文違い」でお話しされていたのですが、当時内藤新宿にあった「鬼の新金、鬼神の丸岡、情知らずの大万」で有名な新金は、現在の丸井の場所だったとか・・・
当時女性が酷使された場所で今はきらびやかなファッションが売られているんですね。そう思うとなかなか感慨深いものがありました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ