2015年10月24日

健康診断からの~「鈴本演芸場 10月下席 夜の部」♪

10月22日。
年に一度の健康診断を終えた私はいそいそと上野広小路へ向かいました。馬治師匠が鈴本で主任(トリ)を務められるからです(⌒-⌒)

鈴本演芸場・下席
【馬治:22日・23日・25日・26日・30日、馬玉:21日・24日・27日・28日・29日】

落語を聴かない人もいますので念のため申し上げると、「トリ」とは寄席の最後に出る人の事。基本、真打しか出来ません。多くのお客様はトリ目当てで行きますので誰がトリを務めるかは集客数に直結します。正に責任重大。噺家さんにとっても大変な重圧ではないでしょうか
真打になってまだ7ヶ月の馬治師匠・馬玉師匠がトリに任命されるとは、やはり人気・実力あってのことでしょう。馬生一門の面目躍如です(^_^)ニコニコ

29592962















【平成27年10月22日 鈴本演芸場10月下席・夜の部】
●初音家左吉「子ほめ」 ●翁家社中(太神楽) ●金原亭馬生「安兵衛狐」 ●五街道雲助「身投げ屋」 ●ニックス(漫才) ●三遊亭歌奴「掛取り」 ●柳家小さん「親子酒」  ~仲入り~ ●ダーク広和(奇術) ●古今亭菊丸「鰻屋」 ●柳家小菊(粋曲) ●金原亭馬治「景清」


馬治師匠、人生初のトリ(正真正銘初日)を拝見できたこと、一生の自慢です。「景清」良かったですよ~。年老いた母親の心情が切なく、泣けました。よく出来た映画を観た後のような余韻でしたね。エンディングロールが終わった後も帰れない・・・みたいな。

・・・お陰様で健康診断の衝撃(体重)は忘れましたv( ̄∇ ̄)v


     
   お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 12:00コメント(2)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2015年10月25日 13:16
健康診断お疲れさまでした。来月にあるので気も体も
引き締めますσ(^_^;)。
健診の後って、血糖値下がってそうで辛そうですが、
頑張って行っちゃいましたね(^^)。
落語でもやはり「トリ」が重要なんですね。
初めてともなれば、演じる方も聴く方も感無量ですよね。
映画といえば、昨日「先生と迷い猫」見ましたよ!
ちょっと切ない最後でしたね。
動物の映像は、演技派の猫と言えども大変そうかな。
2. Posted by 猫ムスメ   2015年10月25日 20:12
HyperChemさん

今年も24時間断食して臨み、全ての検査を終えるまで2時間かかったので、食事をしたのは26時間ぶりでした(^^; お腹ペコペコで正面の「なか卯」に駆け込みましたが、親子丼を8割くらい食べたところで気持ち悪くなりました(汗)。やはり胃が空っぽの状態で急に食べるとダメですね(;_;)

けっこう具合悪かったけど寄席に行きチョコレート食べながら落語聴いたら快復しました(笑)。糖分+アドレナリン効果でしょうか♪

「先生と迷い猫」、ラスト含めなかなかシビアでしたね。“老醜”という言葉がチラつき少し辛かったです。でも猫俳優たちの演技が見事で癒されましたね(*^^*)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ