2016年03月28日

塩生姜らー麺

ランチネタ、第3弾です(本当にそれしかないw)

image%3A2897
今回は「塩生姜らー麺」。
神田の地下にヒッソリとオープンしていました。本当にできて間もないようです。名前は「MANNISH」。中へ入ると若いお兄さんが2人でお出迎え。共同経営者なのかな? メニューは本当に「塩生姜らー麺」一本のみ。最近こういう “単品勝負” が流行ってるみたいですネ。

image%3A2896

私が頼んだのは「味玉のせ」。フツーに美味しかったです。
本当に “ザ・生姜” って感じ(⌒-⌒) 
あまりラーメンを食べ慣れないのでよくわかりませんが、くどくないし、女子ウケするのではないかと思います。

・・・しかしこのお店、席はカウンター6席のみ。
しかも地下で入りにくい 神田は都内でも有数のラーメン激戦区です。「神田ラーメン選手権」なるイベントが存在するほど・・・
数々のラーメン屋ができ、潰れてゆくのを、この10年で嫌というほど目にしました。

このお店はどれだけ持つかな???
未来ある若者2人の姿を眺め、密かにエールを送るのでした。



  お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 20:09コメント(23)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 玉城綽   2016年03月28日 21:22
え?あの神田駅の狭い地下にこんな店が出来たんですか?
2. Posted by 猫ムスメ   2016年03月28日 21:50
玉城さん

あ、ごめんなさい。
「神田の地下」というのは神田駅ではなく、神田の街の地下…という意味でした。小さな雑居ビルですよ(^^;

紛らわしくてすいません。
3. Posted by 玉城綽   2016年03月28日 22:12
ハイ、了解しました👌
4. Posted by HyperChem   2016年03月28日 23:04
激戦区に参入するのは、かなり勇気が要りますね。
それだけに挑み甲斐もあるのでしょう。
これからもたまには寄って食べてあげてくださいね。
5. Posted by ぱたぱた   2016年03月28日 23:06
今晩は。塩生姜らー麺、この看板見たことあります。ランチのラーメン、夕飯まで持たないのが困りものです。(´▽`)
6. Posted by 猫ムスメ   2016年03月29日 06:47
玉城さん

m(__)m
7. Posted by 猫ムスメ   2016年03月29日 06:52
HyperChemさん

みんな、よく挑みますよね。ラーメン屋が潰れた後は必ずまたラーメン屋が入るので、「みんなここが何軒もラーメン屋の潰れたテナントだって知ってて借りるのか?」と思いますね(^^;

生き残るはごく僅か。若者2人の挑戦を見守りたいと思います。
8. Posted by 猫ムスメ   2016年03月29日 06:56
ぱたぱたさん

確かに。
麺系は食べやすいですが、腹持ちは悪いですね(^^; ここもコジャレた分、あまり量は多くなかったです。残業になると小腹が減ってしまいますねw

…と言うか、ぱたぱたさん、完全に行動範囲がかぶってます(笑)。めっちゃ近くですね多分(^w^)
9. Posted by オスカー   2016年03月29日 10:33
こんにちは。
食べてみたい~! 私、昔は味噌ラーメンが食べられなくて、塩ラーメンが大好きでした。ただひとりでラーメン屋は勇気がいる…おやぢでもチキンハートな私には……(笑)だからシャレた店構えにするんですかね? 女性客を取り込むために。
でも会社近くに飲食店が多いのはいいですよね。食べる楽しみはやる気につながりますもん!
10. Posted by ぱたぱた   2016年03月29日 13:05
行動範囲が被りすぎで失礼致します。m(_ _)m 確かに神田界隈は飲食店が豊富で、目移りします。近くのコンビニも激混みです。
11. Posted by 猫ムスメ   2016年03月29日 16:48
オスカーさん

私も流石にラーメン屋ひとりはハードル高いです。だからCちゃんがいてくれて助かってます♪ 最近すっかりランチの幅が広がってますよ(^^)

塩ラーメン、美味しいですよね。私は濃いめの味噌ラーメンも好きなのですが(学生時代は高田馬場のえぞ菊によく行ったものです)、塩もいいなぁと改めて思いました。

ランチに命かけてる私にとっては神田がもってこいの場所(笑)。もう他の気取った街では働きたくないです。
12. Posted by 猫ムスメ   2016年03月29日 16:53
ぱたぱたさん

いえいえそんな~。
めっちゃ近くにいらっしゃるようで、すごく嬉しいです(^^)

弊社はお昼休みが自由(手が空いたら好きな時に1時間出れる) なので混雑時を避けられますが、12~13時と決まっている会社はさぞ大変だろうと思います(>_<) 並ぶだけで半分くらい終わってしまいますよね…
13. Posted by 玉城綽   2016年03月29日 20:42
おお、えぞ菊をご存知でしたか
僕は大久保のお店の方ですが、無くなってしまいました😭
14. Posted by 猫ムスメ   2016年03月29日 21:57
玉城さん

おぉっ、玉城さんも「えぞ菊」お好きでしたか!
ちなみに私が行っていた早稲田通り沿いの店舗も、数年前に閉じたそうです…

15. Posted by ヌーベルハンバーグ   2016年03月31日 13:14
猫娘さんのおっしゃる通りラーメン屋ほど出来ては潰れの激しい商売って他にありますかね。私事ながら外勤エリアで「お気に入り」の和歌山ラーメンの店が閉店したという淋しい想いをついこの間したところです。逆に「手打ち日本そば」の店って手堅く残っいるという感が私の周囲ではするのですが。
16. Posted by 猫ムスメ   2016年03月31日 13:48
ヌーベルハンバーグ様

お気に入りのお店、なくなってしまって残念でしたね(>_<) 私も神田で同じ思いを何度もしているので、よくわかります。ラーメン屋に限らず、飲食店全般がすぐ潰れるんですよ…。「けっこう美味しかったのになぁ」と思うのに、潰れます。美味しい・場所がいいだけでは生き残れない時代なんですね(特にラーメン屋)。

ちなみに蕎麦屋ですが、確かに潰れませんね。うちの田舎でも、私が子供の頃からある蕎麦屋が、まだあります。街全体が寂れる一方で他はシャッターだらけなのに、すごいですよね。
「蕎麦屋は利益率がいい(原価が低い)から」と聞いたことがあります。
17. Posted by ヌーベルハンバーグ   2016年03月31日 23:09
>>蕎麦屋は利益率がいい(原価が低い) そうでしょうね。ラーメン屋さんは二百食売れないと利益にならないと聞いたことがあります。逆に蕎麦屋さんは落語「石返し」なんか聴いてみると与太郎さんが屋台担いで売り歩く蕎麦は五十食しかないですからね。屋台だから店舗経営ほど諸費はかからないでしょうけど蕎麦は五十食でも利益が得られるんでしょうね。といっても特に当節は「手打ちそば」の看板も当たり前に見かけるようになってますから、きっちり修行をつんだ蕎麦屋さんが得られる利益でしょうけどね。
18. Posted by 猫ムスメ   2016年04月01日 07:20
ヌーベルハンバーグ様

「石返し」なんて演目があるんですね! 知りませんでした! 50食とは興味深いです。与太郎さんに捌けるかは疑問ですが(笑)。

「石返し」、今度ググってみます♪
19. Posted by ぱたぱた   2016年04月02日 07:54
先日、この店行ってきました。若い男性と松嶋尚美似の女性がいました。味はふつうに美味しかったです。お昼のピークを外して行ったのですが、私が食べている間に二人順番待ちしてました。それにしてもカウンターの椅子が座りづらいのが難点です。😖
20. Posted by ヌーベルハンバーグ   2016年04月02日 08:04
>>与太郎に捌けるかはどうか 実はこの噺では親父の後を継いで夜鳴きそばを始めた与太郎さんが性質の悪い武士たち(江戸詰の下級藩士のようですが。)に騙されて五十食の蕎麦をただ喰いされてしまうんです。そして親父と一緒に今度は「汁粉屋」に扮して逆襲するんですが。五代目・柳家小さん師のCDが市販されてましたが、八代目・三笑亭可楽師の口演もYou Tube で聴く事ができます。可楽師の場合は最初が「汁粉屋」で後で「蕎麦屋」に化けるパターンなんですが。オチはわかるかどうかの「地口落」ですね。
21. Posted by 猫ムスメ   2016年04月02日 19:01
ぱたぱたさん

おぉっ!
ローストビーフ丼・カツに続き、塩生姜まで(о´∀`о)
もはや同じビルで働いてらっしゃるんじゃないかという気がしてきました(笑)。

松嶋尚美似の女性、奥さんか彼女でしょうか(^^; いかにもラーメン屋にいそうなタイプですね。このお店は回転率が命だと思います。「居心地の良さ」よりも、とっとと食べてとっとと帰って欲しいんでしょうね(^^;
22. Posted by 猫ムスメ   2016年04月02日 19:07
ヌーベルハンバーグ様

へぇぇぇ~、「石返し」ってそんな話なのですね(゜ロ゜)
いくら与太郎さんでも50杯の食い逃げは可哀想だなぁ…

YouTube、今度探してみますね。
23. Posted by sewa ac murah   2016年05月27日 16:06
私は本当にこのウェブサイトは、はるかに配慮が必要だと思い、このライトアップと上のスポット。私はおそらくその情報のためのはるかに、感謝を読むために再びなるでしょう。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ