2016年04月16日

楽しいことは分かち合おう♪ 「第12回 シェアする落語」

先日、同じlivedoorでブログをされている昇々さんの会に行った私。今度は四家さんにお会いしました(^_^)ニコニコ
四家さんもlivedoorで人気ブログを運営されていて、昇々さん同様 “気になる存在” だったんです。今回、その四家さんが主催される落語会があるというのでノコノコお邪魔しました。なんだか私、livedoor仲間に対するストーカーみたいですね(笑)

image%3A3189image%3A3194















会場は門前仲町「深川東京モダン館」
昭和7年に建築された市営食堂を改修した建物だそう。落語を聴くにはピッタリな場所ですね。

image%3A3213image%3A3202















image%3A3209image%3A3212















「シェアする落語」の概念は、文字通り、シェアすること
落語会は基本“写真撮影NG” です。しかしこの会はなんと“撮影タイム”があるのですよ。そしてそこで撮った写真をどんどんSNSに載せてください・・・という、常識の逆をゆく面白い試み。
私もガラホでパシャパシャ撮らせて頂きました。そしてこの通り、載せてます(⌒-⌒)  

image%3A3214image%3A3217















場所を移しての打ち上げにも参加。
沼津出身の橘也さんとお話し出来たのは大きな収穫でした(私、高校が沼津だったんで)。出身校を聞いたら市内有数の私立進学校で感心。そりゃ筑波大学に合格するってぇもんです。やはり頭の良さがキレのいい落語に通じているんでしょうかねぇ

“気になる方々”に次々お会い出来ご満悦の私。
さぁ次は誰に会いに行こうかな(←ストーカー)笑




お後がよろしいようで。





shizutamarakugo at 22:30コメント(8)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 玉城綽   2016年04月16日 23:58
いやぁ、流石は猫ムスメさんです

落語愛も極まってます
👌
2. Posted by HyperChem   2016年04月17日 00:21
まずは知ってもらうことからのスタートですからね。
仕掛けがあって、それがいつか実を結ぶ。
日常の開発も同じですσ(^^ゞ。
最近、古い名簿を引っ張りだしては、その中の繋がり
が、新しいことへの糸口にならないかと思っています。
猫ムスメさんのあと一歩前へという姿勢は見習わなくては。
3. Posted by 猫ムスメ   2016年04月17日 06:25
玉城さん

いやいや~単なるストーカーです(笑)

ちなみに今日は午後から大和田落語会。久々の落語2連チャンです(^-^)v
4. Posted by 猫ムスメ   2016年04月17日 06:34
HyperChemさん

この会は、正に「糸口」となることを目的としているようでした。アンケート用紙にも【この会を落語に興味がある友達に勧めたいと思いますか?】という質問がありましたし、過去11回の出演者を見ても“初心者向け”という気がします(^^)
今の時代、グルメでもなんでもSNSで広がる時代ですから、古典芸能もそうですよね。素晴らしい試みだと思います♪

5. Posted by オスカー   2016年04月17日 06:36
おはようございます。
この時代ならではの口コミ方法ですね! 写真があると雰囲気とかわかりやすいくて安心(笑)
今日は大和田の日でしょうか? 楽しんで日々のストレスを発散して下さいませ!
6. Posted by 猫ムスメ   2016年04月17日 13:20
オスカーさん

そうです、これから大和田落語会です(*^^*) しかしあまりの暴風雨にひるんでおります(泣)。

落語会、なかなか客席からの写真は出回らないので面白いですよね♪ やはりプロがベスポジから撮った写真とは違う味があると思います。
四家さんはインターネット創世記の頃からWebメディアの仕事をされている方のようなので、こうした発想になるのでしょう。素晴らしい企画だと思います!!
7. Posted by ヌーベルハンバーグ   2016年04月17日 14:14
「粗忽の使者」は五代目・柳家小さん師等、演者によっては主人公の地武田治部右衛門と田中三太夫の初めのやり取りを直接演らないで、一部始終を目撃していた大工の留っ子に語らせるという演り方をするんですよね。私的にはできれば全て演じてくれた方がこの噺は面白いと思うんですがね。
8. Posted by 猫ムスメ   2016年04月17日 22:05
ヌーベルハンバーグ様

橘也さんが丁度、「落語好きはルーツが好き」とマクラで言ってました(笑)。
誰のどの噺を誰に教わったとか、この演じ方は〇〇亭の流れだとか、そういうのを重んじるそうです。確かにそうかもしれませんネ。
ちなみに円橘師匠はルーツに大変厳しく、この噺は誰に教われとか、この噺は柳家の噺だからやらないとか、結構おっしゃるそうです♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ