2016年06月24日

第171回・大和田落語会

1ヶ月空き、久々の大和田落語会です。
今回は春風亭一之輔師匠・春風亭朝也さんによる「兄弟会」。
なんと言っても特筆すべきは、お2人とも【NHK新人演芸大賞】受賞者だということ。一之輔師匠は平成22年度・朝也さんは平成26年度の優勝者。すごいですね。“一朝師匠はいい弟子を育てられる”・・・と評判たる所以です。今を代表する若手お2人だけあり、早い段階で札止め。チケット買っておいて本当に良かったぁ

image%3A3765image%3A3766















ニつ目の時から出演されている一之輔師匠の大和田いじりに爆笑。確かに“発展” しています ボソボソっと、でも面白い、それが一之輔トークですね。一席目の『麻のれん」』は初めて聴きましたが、意地っ張りの按摩と親切な旦那の距離感が楽しかったです。「直しって大阪じゃ柳陰って言うんですってねぇ…こないだ植木屋が言ってましたよ」と、他の演目のキャラを登場させ一部落語ファンを喜ばせるところなんて流石。まんまと転がされていますよ~ハイ(●´ω`●)
朝也さんの『黄金餅』も良かったです。黄金餅は志ん生だ、と仰る先輩方は多いと思いますが(私も音源で聴いてゲラゲラ笑いました)、朝也さんの言い立てもなかなでしたヨ。ちなみにあの道行って、距離でいうとどれくらいなんですかねぇ。

image%3A3767image%3A3773















image%3A3771image%3A3774















今回は久々に打ち上げも参加。相変わらずの美酒・美食に感動。特製カレーもメッチャ美味しかったです
お忙しい一之輔師匠も残ってくださり、同じテーブルで楽しい時を過ごさせて頂きました。やはりこの演者との近さこそ、大和田落語会ですね。


 お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 19:00コメント(11)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 玉城綽   2016年06月25日 05:06
オ、おおおお〜
獺祭ではありませんか!
2. Posted by オスカー   2016年06月25日 08:09
おはようございます。
落語会でリフレッシュ! 何よりでございます~読んでいるこちらもホッと一息、安心いたしました。 ちなみにウチの二男は明日富里のスイカマラソン(?)に参加するらしいです。
お天気はジメジメして不快極まりないですが、どうぞ「笑い」を忘れずに…月末、お忙しいでしょう、どうぞお身体に気をつけて下さいませ!

3. Posted by 猫ムスメ   2016年06月25日 09:33
玉城さん

はい~。
しかも純米大吟醸(^-^)v
4. Posted by 猫ムスメ   2016年06月25日 09:38
オスカーさん

久々の落語にリフレッシュできました(^_^) やはり「笑い」って大事ですね。

息子さん、スイカマラソンですか!? いろいろあるんですね~(^^; でも、スイカなら水分補給になるので「スイーツマラソン」よりは理解できる気が致します(笑)
無事完走されますように!

※私はこれから髪をバッサリ切りま~す( ̄ー ̄)
5. Posted by ヌーベルハンバーグ   2016年06月25日 10:15
「そば清」はあの「考え落」の説明をつける演り方とつけない演り方があるようですが、朝也さんはどっちの演り方だったんでしょう。現・柳家さん喬師は噺の途中で落ちを解釈するための「ヒント」だけ出す演り方でした。
6. Posted by ヌーベルハンバーグ   2016年06月25日 10:43
「黄金餅」はどうもダークな続きがあるようですね。「黄金餅」で大繁盛した金兵衛はある日の事、金に未練を残して死んでいった西念の供養を思い立ち、仏壇の下に数十両の小判を供える。ところが金兵衛の息子が悪い女に騙されて、その金を持ち出してしまう。その報いからか金兵衛の家は潰れてしまう。十代目・金原亭馬生師がある先輩落語家から教わったものの、あまりにも暗くて嫌な噺なのでとうとう高座にかけることはなかったようです。関西では現・桂文太師が導入して「よもぎ餅」という題で演じています。題の通り「あんころ餅」→「よもぎ餅」に変えていてストーリーは同じなのですが、西念の死骸から回収した金で「餅屋」を開業して繁盛しているある日の事、店に西念にそっくりな僧がやってきて沢山の「よもぎ餅」を買い求める。その餅を食べるでなしに一つ一つちぎっては中をしげしげと見ている。不思議に思った金兵衛が何をしているか尋ねると、僧「昔この中に私が隠した金を探しております。」 というコワ~いオチをつけています。この噺を逆輸入して関東で演じる落語家さんとかいませんかね。「怪談・黄金餅」とかいう題で。イッヒヒヒ・・・・・ヒュ~ドロドロドロ・・・・・。怖すぎたらゴメンナサイ。
7. Posted by まいるど   2016年06月26日 09:26
「兄弟の確執」をうかがわせる両人のマクラ、実力抜群のお二人の高座を堪能した後、美味しいお酒と料理をいただきすっかり酔っぱらってしまいました。おかげで翌日の月曜日から1週間の長かった事、楽しいことはほどほどにしないといけませんね。
8. Posted by ぱたぱた   2016年06月26日 10:38
おはようございます。大和田落語会、楽しかったそうで何よりです。
一之輔師匠、昨年、虎ノ門での独演会に行くとき、地下鉄駅のエレベーターでご一緒したことあります。私も遠慮して話し掛けなかったのですが、オーラ消してましたね。
また、一之輔師の「麻のれん」、昨日の三田落語会で師匠の一朝師匠がかけてました。
この噺、入船亭一門以外ではやる方は少ないようです。おまけに夏限定の演目ですし。
9. Posted by 猫ムスメ   2016年06月26日 13:11
ヌーベルハンバーグ様

う~む…どっちだったでしょう(⬅よく聴いてないw)。まぁ私の落語に対するスタンスなどそんなものです。

黄金餠、そんな続編があるんですか!!(驚) こりゃ本当にびっくりです。黄金餠自体かなりスプラッターな話なのに、続きはまたおどろおどろしい……でもこれからの季節にいいんじゃないでしょうか。特に、よもぎ餠は良さそうですね。
誰か、黄金餠(よもぎ餠)全編通しの会とかやって欲しいですね(^^)
10. Posted by 猫ムスメ   2016年06月26日 13:22
まいるどさん

一之輔師匠が楽屋からドンドン襖を叩いたのは笑いましたね(^-^) 流石は歳の近い兄弟弟子、息ピッタリです♪

しかし大和田の翌日の月曜は辛いですね。これほど会社に行きたくない月曜はありません(^^; そんな中、金曜日にまた遅くまでお付き合い頂き有難うございました。お陰様で仕事のストレスも癒されました。やはり和気藹々と飲むお酒はいいものですね!
11. Posted by 猫ムスメ   2016年06月26日 13:31
ぱたぱたさん

噺家さんて外で会ってもそうは見えない方が多いですよね(^^; 特に私服だとわかりません。一之輔師匠はテレビなどの露出も多い有名ですから、わざと“それっぽさ”を消しているのもあるかもしれませんね(^-^)

「麻のれん」、やはりあまりかからない演目でしたか。初めてだったので、勉強になりました。蚊をペチペチやるところとか、夏にピッタリなお噺ですね♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ