2017年07月29日

路地好きとして

「路地」が好きです。
ちょいと覗くとそこは別世界。大通りとは違った下町の雰囲気が残っています。ここ数年、旅先でもどこでも、“それっぽい” 脇道があると覗くようになりました。干された洗濯・伸びる猫・・・路地には生活があります。

神田はそんな路地の宝庫。路地好きにはたまらない聖地です。
先日もランチの新規開拓がてら普段通らない道を歩いていたら、こんな「昭和」に出会いました。習慣でチラッと横を見た私。一旦通り過ぎ、3歩進んで後戻りしましたわ~(笑)

image%3A3807

住所的には多分【千代田区神田司町】。つまり都心の一等地です。数件先にはアース製薬の本社ビルがある。それなのに、この佇まい。たまりません。

image%3A3808
突き当りの建物に看板がかかっていたので “まさか現役!?” 前まで行ってみたら、ちゃんと稼働してました  どう見ても築70年って感じなのに・・・写真では見にくいかもしれませんが【毛筆全般 ㈱誠洋社】とあります。業種がまた渋い。でも看板はとても綺麗なので今も営業していると思われる。一見レトロな「アパート」だけど「オフィスビル」としてバリバリ現役らしく、他にも〇〇オフィスとか、1階のドア数軒に表札が掲げられていました。きっとこういう建物を事務所に選ぶ方々は“こだわり”をお持ちなのでしょう。クリエイティブ系とかそんな気がしますね(想像)。

これだから路地散策は止められません(⌒-⌒)




  お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 20:20コメント(6) 

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2017年07月29日 22:53
東京はたまに行くと目的とする華やかな部分だけしか
見えてこないけど、毎日通っていたり、住んでいたり
すると、見えてくるものがあります。
東京にいた頃は、そんなギャップも楽しかったものです。
ただ、行きつけの店がどんどんなくなってしまって、
おばちゃんの顔を見ただけで、注文ができてしまった
あのお店が懐かしいです。
2. Posted by オスカー   2017年07月30日 08:27
こんなところに猫がいたらまたサイコーですね(*´∀`)♪ ぶらりお散歩したいです!
3. Posted by 猫ムスメ   2017年07月30日 09:28
HyperChemさん

そうなんですよね。
東京は移り変わりが激しく、ふと気付くと「あの店」が無くなってしまっています…
しかしだからこそ、変わらぬ佇まいを発見すると嬉しくなるんですよね。
こうした路地が区画整理などで潰されず、少しでも残りますように…願って止みませんm(_ _)m
4. Posted by 猫ムスメ   2017年07月30日 09:31
オスカーさん

路地に猫はつきもの!!
ダラーンと伸びたニャンコにいて欲しかったです!!(笑)
5. Posted by ぱたぱた   2017年07月31日 13:11
こんにちは。神田には確かにこういうレトロな路地裏がありますね。自分の勤務先近所にもこういう路地裏あります。(*'▽'*)
いつだったか、こんな仕舞た屋に定食屋や抹茶ソフトの店があり、行列ができているわけでもないのに、潰れないのはそれなりに固定客がついているからだなと思いました。(*^^*)
6. Posted by 猫ムスメ   2017年07月31日 18:32
ぱたぱたさん

久しぶりの神田ネタでした(笑)。
地元話を理解して下さる方がいらっしゃるのはとても嬉しいです(*^o^*)

神田も「この店はどうやって成り立っているのだろう」という店構え、けっこうありますよね(^^; でもそういう店におばあちゃんが店番していたりすると、なんだか嬉しくなります。そのうち消えゆく光景かと思いますが、できるだけ長続きして欲しいですネ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ