2017年01月24日

猪(イノシシ)の悲劇

めっちゃ気になる看板を見かけました。

IMG_0310

【うまい猪 一頭入荷してます・・・。】


最後の「・・・。」に猪への申し訳なさが表れている気がします。
咄嗟に浮かんだイメージはこれ↓↓↓

BlogPaint


丸焼きですな
しかし「うまい猪」と「そうでない猪」の違いはなんなのだろう。
育ちの良さか何かだろうか。いろいろ考えてしまいました。

しかし、「猪鍋」は旨い。
それだけは確かです。


 お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 21:00コメント(10)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 玉城綽   2017年01月24日 21:14
猪の肉の味は常食しているものに左右されるようです

従って、養殖物は果物などを与えて色々と工夫して育てているようです

ある人によると蜜柑を大量に食べて育てられた物は柑橘類の香りがした、とのことです
これに比べ、野生のものは雑多な物を食べているのでそれだけ野性味があってそちらを好む人も多いようです
2. Posted by オスカー   2017年01月24日 21:44
こんばんは。
ぼたん鍋ですか~ウチの田舎ではイノブタを飼育しているところがあったと思います。食通でもないワタクシですが、Kindleでやたら魯山人の本が出てくるので、目次を見たら気になってダウンロードしてしまいました。たいいカモになっている気がします・・・でも99円だし😅
3. Posted by HyperChem   2017年01月24日 22:53
猪がネギを背負ってきたとか。
こちらの地方では、以前猪がスーパーに入って
大暴れってニュースでやっていました。
そのまま、店で売られたのかな(^_^;)。
1頭いたら、食べがいありますよねぇ。
4. Posted by 猫ムスメ   2017年01月25日 07:39
玉城さん

なるほど、やはり食べ物なんですね〜。
そう言えば我が故郷、富士宮には「ヨーグル豚(トン)」なるブランド豚がいるのを思い出しました。ヨーグルトを食べさせ飼育するので、まろやかで柔らかな肉になる…そうです(^_^;)
5. Posted by 猫ムスメ   2017年01月25日 07:44
オスカーさん

オスカーさん、すっかり電子書籍の上得意になってますね(笑)。でも私もネットで買い始めたら同じ状態になると思いますよ〜。なにせすぐ検索できるし注文もワンクリック、そしてすぐ読めるんですものね😱

ちなみにイノブタの絵が浮かばずググッてしまったワタクシです(笑)。
6. Posted by 猫ムスメ   2017年01月25日 07:50
HyperChemさん

よく(特に海外で)動物突入系のニュースを見ますが、そのうち本当に「ジビエ料理店に鹿突入」とか奇跡が起きないかなぁと思ってます(笑)。起きたら即・世界中に配信でしょうネ。

温かな猪鍋でキュッと一杯…そんな妄想にかられながらの出勤ですヽ(´o`;
7. Posted by ぱたぱた   2017年01月25日 13:13
こんにちは。猪鍋と言えば「二番煎じ」を思い出します。猪は臭いと言われますが美味しいのでしょうか。 
8. Posted by 猫ムスメ   2017年01月25日 13:19
ぱたぱたさん

やはり落語ファンとしては二番煎じですよね〜(*^o^*) あの噺を聴くと、鍋食べながらキューッと一杯やりたくなってたまりません(笑)

数年前、どこだったか忘れましたが山間の温泉旅館で牡丹鍋食べましたが、臭みは全くなく美味しかったですよ。でも玉城さんが仰る通り養殖か野生かにもよると思うし、調理方法にもよるんでしょうね…
私もジビエに関しては、変な店では食べたくないです(>_<)
9. Posted by おっくん   2017年01月25日 16:51
さっそく検索しました。
君津の山の中にイノシシがいるんですね。
猪肉はまだ食したことが無いんです。
隙あらば行けるように
記憶にとどめておきます
10. Posted by 猫ムスメ   2017年01月26日 01:54
おっくんさん

流石、看板通り素直に検索をして下さったのはおっくんさんだけだと思います(かく言う私もしてなかった)笑

なるほど確かに君津産と書いてありますね。しかも天然! 千葉県内とは意外でした😊

このお店、肉料理全般がかなり評判良さそうですから、ホント隙あらば行ってみたいですね(^-^)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ