2017年03月12日

新宿末廣亭の2階席に上がる

定席寄席を好まぬ私ですが、新宿末廣亭にお邪魔しました。
トリの小里ん師匠目当てです(・∀・)
「眼医者のついで」と言っては失礼ですが(笑)、初日ですし丁度良い時間だったのでフラリ立ち寄らせて頂いた次第。

IMG_1275IMG_1272












到着したのは14時半頃・・・仲入りの手前です。
驚いたのは、その時間で「1階席が満席」と言われたこと(((( ;゚д゚)))
マジか、そうなのか。落語ブームって本当なのね。小里ん師匠の人気もあるとは言え、恐ろしいことです(今更かwww)

・・・そんな訳で定席寄席は滅多に行かず、末廣亭自体3度目くらいだったワタクシ、初めて2階席に上がったのでした もちろん1階が一杯の時しか開放されないだろうし、貴重な体験かも???
靴を脱ぎ、ミシミシいう階段を上って到着(笑)。2階はけっこう自由で、畳に座布団が敷いてある席(前の方)と、椅子っぽい段になった席(後ろの方)がありました。やはり皆さん椅子の方がラクらしく、後ろは一杯・前の方が空いている状態。しょうがないので私は前から2列目に座りました。長時間の床座りはキツイけど、けっこう足が伸ばせるからいいや。意外だったのは、2階でも結構よく見えること!! 前から2列目だったせいもあるかもしれませんがモロ見えでした。これだと1階の後ろの方に座るより良いかもしれませんネ。提灯なども目の高さに見えるので風情がありました。みんな足を伸ばし、物を食べたりウロウロしたり、自由にしてます。このゆる~い感じが古き良き寄席なのかもしれません(昔は知らないけどね)。私は1階席より好きでしたヨ。

柳家小満ん「宮戸川」  ~仲入り~  
古今亭菊志ん(演目失念・・・)  青空一風・千風(漫才)  柳家小ゑん「ぐつぐつ」  柳家小はん「親子酒」  ストレート松浦(ジャグリング)  柳家小里ん「五人廻し」


のんびり過ごせた2時間でした


  お後がよろしいようで。





shizutamarakugo at 11:00コメント(10)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ヌーベルハンバーグ   2017年03月12日 20:32
「五人廻し」は昔はバカウケな噺だったそうですね。聴いている人の大部分が身に覚えがあるということで。やたら漢語を並べ立てるお客は演者によって、「書生」にしたり「官吏」にしたり様々ですけど八代目・林家正蔵師は「武士」にしてましたね。柳家小ゑん師の「ぐつぐつ」はいつ聴いても楽しいでしょうな。小ゑん師の他にも演じる落語家さんがいるそうですから、師の創作落語の傑作でしょうな。猫ムスメさんは「おでん」で一杯とかお好きですか?
2. Posted by ぱたぱた   2017年03月12日 21:46
今晩は。最近、寄席の昼の部は混んでいます。以前、会社を休んで一朝師匠がトリの鈴本昼の部に行きましたが満席で、また、池袋演芸場(トリは柳家喬太郎師匠)で平日に1日こもっていましたが昼はやはり満席でした。
そういえば、今年は寄席の定席には浅草演芸ホールしか行っていなかったなとおもいだしました。(国立演芸場には2回行っていますが、国立演芸場は定席とは違うので、寄席にはカウントしておりません。)
3. Posted by ふんわり   2017年03月12日 22:49
おぉ、私は、上席3月1日〜10日まで、9日間、末廣亭に通い詰めました。
もちろん、蝠丸師匠が主任だったので。
あっ、10日間でないのは、1日師匠が休演だったからです。
さすがに、疲れ果て放心状態です(笑)
でも、師匠の落語に浸りきって大満足。

二階席は、未経験です。
一階の桟敷席は、傾斜(ほんの少しですが)が苦手なのと座るのがつらくて、避けています。
二階席が、結構見やすいとは驚きです!!
4. Posted by 猫ムスメ   2017年03月13日 04:26
ヌーベルハンバーグさま

「ぐつぐつ」、正にこの日の中で一番印象に残る一席でした。
私はおでんが大好物でして、家でもよく作ります。そして、“屋台のおでんで一杯”が夢です(笑)。だからそういう意味でもおもしろかったです。
おでんを擬人化するということで、アニメ「おでんくん」を思い出しながら聴いていました(^ ^)
5. Posted by 猫ムスメ   2017年03月13日 04:36
ぱたぱたさん

やはり寄席は昼の部の方が混むんですね(汗)。学生さんとおぼしき若いカップルやグループが多く、本当にブームなんだなと思いました(°_°)

ぱたぱたさんは定席もよく行かれるんですね! 浅草…私が絶対行かないば場所だ(笑)。
そう言えば以前、小三治師匠が池袋の昼の部でトリを務められた時、朝6時から行列ができていたとツイッターで知り、いろんな意味で「マジか」と思いました。そういうのってなんか.本来の落語、本来の寄席とは違う気がするのです…
6. Posted by 猫ムスメ   2017年03月13日 04:46
ふんわりさん

末廣亭に9日!!!
恐らく2017年に入って私が最も尊敬した出来事です(笑)。蝠丸師匠もさぞ噺家冥利に尽きるでしょうねぇ(o^^o)

ちなみに2階席もけっこう傾斜していると思います。私は前から2列目でしたが、一番前に座ったことのある方が「落ちそうで怖い」と仰ってました(^^;
昔の建物なので造りはガッチリですが、東日本大震災の時2階席にいた人は、パニックになったのではと思います………
7. Posted by オスカー   2017年03月13日 07:45
おはようございます。
猫ムスメ様が落語を楽しまれているとホッとします~!
落語で2階席というイメージはなかったのですが、舞台などは2階前列で全体を見たいと思う私なので一度体験しないです。椅子席がいいんですけど(笑)
また寒くなるみたいですね。暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが、キツい・・・眼医者さんとのことですが大丈夫ですか? お大事にして下さいませ。
8. Posted by ぱたぱた   2017年03月13日 08:04
末廣亭の2階席は以前、6月下席で小三治師匠が夜の部トリのときにいったことあります。1階席が満席で、2階席は結構傾斜がありみやすかったです。また、8月上席で池袋演芸場での小三治師匠トリのとき、朝9時にいったことあります。すでに10数人並んでいました。早めに開場してくれなかったら熱中症で倒れるところでした。(汗)
因みに池袋演芸場では小三治師匠トリのときには、前売りを販売しているそうです。
9. Posted by 猫ムスメ   2017年03月13日 09:20
オスカーさん

落語も楽しんでいるし、何を隠そう今、箱根にいますよ(笑)。例の無料宿泊券です♪

末廣亭の2階、なかなか雰囲気があるので是非。オスカーさんならきっと気にいると思います(^ ^)

ちなみに眼医者はコンタクトの定期補充なので大丈夫です。ご心配頂きありがとうございますm(_ _)m
10. Posted by 猫ムスメ   2017年03月13日 10:15
ぱたぱたさん

流石、ぱたぱたさんはくまなく行かれてますね。2階席も経験済とは流石^ ^
私、桟敷は狭苦しくて苦手でしたが、2階席はけっこう好きでした。でも2階席のお客さんは高座の途中でも平気で出たり入ったり、トイレに行ったりしていたので、独特の掟? があるのかなと思いました(^^;

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ