2017年05月22日

帰省レポ② 「自宅 de バードウォッチング」

我が家は軒先に「鳥小屋」を設置しています。
去年までは駐車場の方に吊るしてましたが、今年は文字通り軒先(リビングの外)に移しました。理由は恐らく父がウォッチングしたいから(笑)。娘2人が去り、犬にも死なれ、寂しいのでしょうか( -д-)ノ 暇さえあれば家の中からガラス越しに眺めているそうです(母談)。

IMG_2684IMG_2686











①比較的オーソドックスなタイプ。
②親鳥がいない隙に入り口からスマホを当て撮影してみましたが、やはり暗いし接写すぎてよく写りません 薄ぼんやりしたシルエットだけ見えますね。あまり近付くと雛がビビるのでこれ以上はやりません。


ちなみに鳥の種類は「シジュウカラ」です。もちろん野生。毎年必ず誰か来て住み着きます~。いつも思いますけど、よく見つけますよね!! 飛んでいる最中 “おっここに丁度よさそうな箱がある” と気付くのでしょうか。まぁ鳥の習性はわかりませんが、なにはともあれ毎年無事に発見し、卵を産み、ヒナを返し、また巣立って行くので大したものです(※当然ですがウチはそのまま飼ったりしませんよ~。野鳥ですので~それは禁止です!)

私も家の中からウォッチング。
親鳥2羽が代わるがわる虫を捕まえ中に運びます。かなりひっきりなしに運ぶので、感想は「よく食うなwww」。雛が何羽いるのか知りませんが、けっこうな量、食べてますよ。親鳥自身はホッソリしているので捕まえた虫全部、雛にあげているのではないでしょうか。人も鳥も親の偉さは変わりませんネ。

IMG_2712IMG_2714











IMG_2715IMG_2716











③④親鳥Ⅰが虫をくわえて現れ、中に入り、また出てくる。
⑤⑥親鳥Ⅱが虫をくわえて現れ、中に入り、また出てくる。
これを延々と繰り返す。ホント、どんだけ食べるのだろう(((( ;゚д゚)))

自宅 de バードウオッチング。
いつまで見ていても飽きません(←暇人)

尚、父は「虫が段々大きくなってきたから巣立ちも近いぞ♪」とプロっぽいことを言ってました。そうか、エサのデカさまでウォッチングしてるのか・・・

The 暇人 です(笑)



 お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 22:09コメント(4)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2017年05月22日 23:59
いやいや、そういう時間って大事ですよ。
仕事の場や都会では、自然の時間の流れを忘れがち。
時間があるとスマホやパソコンでネット世界やゲーム
にすぐに入っていってしまう人が多いですが、
人間も自然の一部であるはずなので、自然が自然に
行われていることに身を委ねるのはとても体に
よさそうです。
ボーッと見てるようで、ヒトはいろんなことを
考えますから。
2. Posted by オスカー   2017年05月23日 00:04
こんばんは。
父上さまにはぜひ漫画の「とりぱん」をすすめていただきたいです~きっとハマって下さるはず(笑)
立派なお家で子育て出来て幸せだと思いますよ~いつか恩返しがあるかも!?
3. Posted by 猫ムスメ   2017年05月23日 07:48
HyperChemさん

はい。
本当に田舎にいると「時間の流れがゆっくりだな」って感じます(^_^) 都会で仕事している一日と同じ長さなのに全く違いますね…

リビングから父と鳥を眺め「親鳥が鳴いてる、警戒してるんだよ!」なんて話す時間はとても穏やかで平和でした(笑)。
こうして半隠居みたいな暮らしが出来たらなぁなんて思いますが…私なら3日で飽きるんだろうなぁなんて気も致します^_^;
4. Posted by 猫ムスメ   2017年05月23日 07:51
オスカーさん

「とりぱん」って鳥の漫画なのでしょうか。一瞬、鳥型に焼いたパンが頭に浮かびました^_^;
(後でググります〜)。

そのうち玄関にミミズでも置いてあるかもしれませんね(笑)。い、いらない…

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ