2018年02月26日

カーリングって面白い

平昌オリンピックも終わりましたね。
スポーツに全く興味がない私としては生まれて初めてマトモに見たオリンピックでした(スポーツ好きの男性と結婚したため

夫が「解説」してくれたのでどの競技もそれなりに楽しく拝見できましたが、やはり一番釘付けだったのはカーリングでしょう。特に女子。私はほぼ全試合リアルタイムで見ました  
今までは正直「何この人たち床こすってんだろう」くらいにしか思いませんでした。あと、これがスポーツなのかどうなのかもよくわからない(´;ω;`)    いわゆる「ゴールネット」のような物が無いのでどうすれば点が入るのかすら知りませんでした。

F1EBADD4-CCB2-4C90-8B07-665580920901F844EEFE-951E-4B1D-8D93-85E3690BCAD9











しかしそこはスポーツ全般詳しい夫。試合を見ながら図に描いて解説してくれました(なんでも図にするところがThe理系)笑。
なるほど〜相手のストーンより内側に入ってればいいのか  「ナンバーワン」「ナンバーツー」「ガード」といった用語や「先攻より後攻有利」などのポイントもわかり、段々と夢中になりました(・∀・)   カーリングが他の競技と違う所は

●ぶつかり合うスポーツではないためゆっくり見れる。
●試合中に選手が会話する。しかもそれを聞けて面白い。
●体力と同じくらい知力勝負。一緒に考える楽しみがある。
●おやつタイムが可愛い。
●何故かどの国も美形が多い。


他にも多々ありますが上手く表現できない。言葉にできるのはこれくらいかな。
あと、「マイナースポーツゆえの必死さがある」というのも大きいですね。藤沢五月選手が自分でスーツ着て資金集めに回ったとか、本橋選手が裏方に徹したとか、そういう「美談」込みで観戦したため銅メダル獲った時には本気で涙が出ました(T_T)  良かったねぇみんな・・・もはや娘を見る心境です。

これを機に良いスポンサーが付くといいなぁ。
おばさん、切に願って止みません。



 お後がよろしいようで。




 

shizutamarakugo at 12:00コメント(4) 

コメント一覧

1. Posted by オスカー   2018年03月03日 11:51
こんにちは。
カーリングと言えば森沢明夫さんの青森三部作の一作目『青森ドロップキッカーズ』を読んでいないわ~と思いました😅 カー娘さんたちを叩いているおねーさま方がネットにたくさんいるとオタ息子が教えてくれましたが、それだけ注目される存在になったということですね。
メダリストたちの帰国で成田空港は大混雑でしたが、ヒョロヒョロくんに「見た?」ときいたら「役得」とメダリストがはらんだ写真をLINEで送ってくれました✨
宇野くん、やっぱりいろんな意味でまわりと違うオーラを感じました😅
2. Posted by 猫ムスメ   2018年03月03日 15:26
オスカーさん

実は私も3部作のうちドロップキッカーズだけ読んでません(^^; 当時はカーリングという競技に馴染みがなくルールもわからないしぃと思ってましたが、今読めば理解できる気がします。
息子さん、貴重な経験が出来て良かったですね。羽生結弦もカー娘もメディアに出れば出るほど「アンチ」が増えますが、唯一そうならないのが宇野昌磨・小平奈緒だと思います(笑)。
3. Posted by ヌーベルハンバーグ   2018年03月04日 21:35
カーリングのルールは今一理解できてなくて・・・・・・。大会期間中に社の後輩に教えてもらってようやく理解できたかな。そのおかげか女子カーリングで英国のストーンが日本のストーンをあの位置まで弾いた時は「おおっ!!(^o^)」でしたね。「そだね~。」とか今年の流行語大賞になるかしらん?
4. Posted by 猫ムスメ   2018年03月05日 08:52
ヌーベルハンバーグ様

最後のあの一投は感動的でしたね。
勝利がわかったにも関わらず喜びの表情を浮かべなかった藤澤選手がまたいい(相手のミスだから喜ばないのがマナー)。
そだねーも可愛いですが、無理に言わせようというマスゴミには腹が立ちますね(^^;

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ