2018年03月02日

ブックカフェは素晴らしい

『気になってはいるけど買う程じゃない本』ってありますよね♪
大体の本は図書館で借りるけど新刊はすぐ回ってこない。でも読みたい・・・


そういう時はブックカフェです。

先日、夫の確定申告(@柏税務署)を待っている間に柏高島屋内のブックカフェを利用しました。本当は「ショッピングしながら待ってて」って言われたんですが、1時間くらいで飽きちゃったんですよ あまり物欲ないんでね・・・
で、ウロウロしていたら5階に「くまざわ書店」を発見。そしてその横には「カフェドクリエ」が有ったのです  

くまざわ書店の本を未会計のまま持ち込める。
ルールは「一回につき2冊まで」ということくらい。
カフェ内にはブランケットや荷物カゴが完備され、読んだ本を返却するボックスまであるという “至れり尽くせり” っぷり。素晴らしいサービスですね。

B3E014E0-D4A3-438B-83E1-23D4DEA1959E

早速持ち込んだ本は『ヨコハマメリー かつて白化粧の老娼婦がいた』『君たちはどう生きるか』
どちらも雑誌か何かで書評を読み気になっていたので即決。尚、カフェで注文したのはカフェインレスコーヒー(300円)です

結局、夫の確定申告に時間がかかり3時間くらい戻って来なかったので、カフェ内に滞在したのはたっぷり2時間くらい コーヒー1杯で申し訳ないと思い途中もう1杯追加しましたが、それでも600円で本2冊読めるってすごい。商売的に成り立っているのだろうか!?

ちなみに隣の女性は参考書(と思われる本)の中身をスマホで撮影していました。恐らく重要箇所だけ撮影し、戻すのでしょう。けっこうな量でした。ルールに「撮影禁止」と書いてなかったのでセーフだとは思うのですが、ちょっとヒヤヒヤしましたね('A`|||)

「本当は買った方が作家のためになる」「出版不況はこういうところから来る」と分かっているのですが・・・・・・ついつい便利さに負けてしまう私です。


 お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 12:00コメント(0) 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ