2018年05月26日

鬼平犯科帳の世界

2013年、東北道上り線・羽生P Aにオープンした『鬼平江戸処』。
ずっと気になってましたがようやく行くことができました

https://www.driveplaza.com/special/onihei/annai/index.html



33C097B4-AE16-4D28-A436-89FB29839B2B3B809111-9699-4CD3-A5F4-F6D934A3F517










9C0C9BE3-0928-40BA-9E5A-C55E4660CFB0E34A46B7-6F7F-442A-8207-C4B492FD2CE0












夜行ったらこの雰囲気。風情あるなぁ。

AC5FEE1C-9C56-4F34-9154-3CF7744722BB5BE88215-F1D7-4B7D-BBE9-4C42F5EA2D59











中はまるでテーマパークです。

2F89EB64-51BF-4098-AC59-0C4EC6A0FDDEE10E1D84-B521-4E7C-8BAA-5CC00DCF92CD











そして飲食店。
「五鉄」だ‼︎  いつも平蔵や密偵達が集まる軍鶏鍋屋。鬼平犯科帳を象徴するお店です。これが見れただけで私は大満足(・∀・)

877415C7-7C2E-498F-8EDC-E4BC2568B6653C05B4F8-4E64-4D8B-AECB-9E96049E602B











「忠八」も‼︎  これまた物語によく登場する辻売りの鰻屋。
しかし私は何故か「万七」で海鮮丼を注文(五鉄の軍鶏鍋定食が結構高かったので)笑。

7960DA8A-D124-4EB6-B279-A5E32641EF64FEF7D13F-06C1-40C3-8997-9A146CAF40D7











館内にはクイズもいくつか。
もちろん私は全部わかります 夫に解説してしまいました♪


・・・という感じで鬼平の世界がリアルに再現。
池波正太郎ファン・鬼平ファンにはたまりません。
出来たら今度は昼間行ってみたいなぁ。
しかし「上り」だと必然的にどこかへ行った帰りとなる。どうか「上り」だけじゃなく「下り」P Aにも作ってください



 お後がよろしいようで。











 

shizutamarakugo at 11:11コメント(2) 

コメント一覧

1. Posted by ヌーベルハンバーグ   2018年05月28日 17:02
プライベートでは高速料金ケチる習慣がついちゃいまして。帰省の時とか羽生PA辺りは下道走ってます。こんな素晴らしいスポットがあるとは(*_*) 今度は高速代ケチらずに寄ってみましょう。
2. Posted by 猫ムスメ   2018年05月28日 17:59
ヌーベルハンバーグ様

うちの夫も結婚するまで、1人でスキーや山登りに行く時は下の道を使うことが多かったみたいです(^^; 運転自体が好きなので苦にならないみたいですね。

しかし鬼平江戸処は素晴らしいですよ。一般道からも入れるみたいです。是非一度お立ち寄りください^_^

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ