2018年06月20日

第193回・大和田落語会

梅雨の晴れ間、大和田落語会でした
今回は「正太郎・宮治2人会」。所属する協会は違えどとても仲が良いというお2人。 ご両人とも二つ目ながら大変な人気ですのでさぞ混むだろうと思っていたら想像以上の満席で驚きました。開場直後に行ったんですけど夫と並んで座れなかったんですよ  初めて見るお客さんも多かったのできっとお2人の追っかけファンなのでしょう。凄いものです。

D30F974F-C6E5-4CCB-A6E9-851A2F1973BE

底抜けに明るく爆発力満点な宮治さん。
そして人柄が良く落ち着いてしっかり者の正太郎さん。
今回の顔付を一言で言うならば「ナイスコンビネーション」! 流石は席亭です。宮治さんが2人いても暑苦しいし(←失礼)、正太郎さんだけでもなんとなく物足りない。この2人が組み合わさることにより化学反応が発生。「えッもう2時間経ったの?」という感じでした。4席とも楽しかったけど私は特に宮治さんの『壺算』が好きだったかな  あんなに笑った壺算は初めて。兄貴が他のお客さんを接客して行李(だったか?)を売りつけるくだりは初めて聞きました。「うちで働いてください」というサゲも初めて。宮治さんオリジナルなのでしょうか? いや本当に大笑いでした。

しかし宮治さん、数年前にミュージックテイトで聴いた時より明らかにパワーアップしてたなぁ♪ どこまで行くのでしょうか。夫もいたく気に入ったようで帰ってから何度も「宮治さん面白かったなぁ」と言ってました。落語初心者の人にもウケる芸人さんですよね。

さて私は現在妊娠8ヶ月後半。来月の今頃はもう臨月間近です。
ということで「身ひとつ」での大和田参加はこれで最後。次に行く時は「身ふたつ」になっていることでしょう(無事そうなることを願います)。当面落語は無理かもしれませんが生まれたら顔だけはお見せしに行く予定。その時には是非皆さんに抱っこして頂ければと思います
それではまた会う日まで〜ヾ(´ω`=´ω`)ノ



 お後がよろしいようで。

 

shizutamarakugo at 10:06コメント(6) 

コメント一覧

1. Posted by だいすけ   2018年06月20日 19:27
行李じゃなくて火鉢でしたっけ?
なんにしても爆笑でした
2. Posted by 猫ムスメ   2018年06月21日 21:41
だいすけさん

あらっ火鉢でしたっけ?
最近とみに記憶力が低下しています(^^;
まぁ細かいことはさておき楽しかったですね! 打ち上げも出たかったです…
3. Posted by オスカー   2018年06月22日 10:33
「壺算」知らないので検索しましたが、あらすじがよくわからなくて・・・計算できないバカは自分だけかと思ったら、ほかにもわからない~とYahoo!知恵袋で質問している人がいてホッとしました(笑)
今『異世界落語』の4巻を読んでいます。「文七元結」が出てきました。どうしても題名と内容が一致しないです~落語がつまらないとかではなくて、文七元結という文字から受けるイメージと中身が私の中で一致しないみたいです😅 だから毎回、こんな内容だっけ?となってしまいます💦
4. Posted by 猫ムスメ   2018年06月22日 10:53
オスカーさん

宮治さんもくすぐりに使ってましたが、壺算は一度聴いても分からない人、絶対いると思います(笑)。夫によると「ドラえもんにも全く同じ話がある(のび太がジャイアンに騙される)」そうで、落語から取ったのかしら〜なんて思いました^ ^

文七元結はあまり好きじゃない演目の1つです。何度聴いても「娘売った金をそんな簡単にあげるか!?」と思います。某噺家さんに言ったら「それを考えたらこのネタは出来ない」と仰ってましたが(^^;
今の人は「元結」がまずわならなくてイメージしにくいのかもしれませんね。
5. Posted by ヌーベルハンバーグ   2018年06月25日 21:41
「佃祭」はよい噺だと思うんですけどあのサゲが現代の人にピンと来ないのが残念ですね。現・柳家権太楼師のようにサゲまで演らない落語家さんもいるし。
6. Posted by 猫ムスメ   2018年06月26日 08:32
ヌーベルハンバーグ様

「梨」のやつでしょうか。
正太郎さんも最後まではやっていないと思います(ただしどういう切り方をしたかは半分気絶状態でして、覚えておらず…)。
今の人にわかりにくいサゲは段々とやらなくなってしまうんですかね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
猫ムスメ

猫ムスメ