お正月

2011年12月28日

昔からクジ運の良いことで定評のある私ですが、昨晩はまたすごい物が届きました。
ななんと、3万円相当のおせち料理です∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

111227_2209~0001
そう言えば先月、年賀状印刷を頼んだ写真屋さんで『豪華おせちプレゼント』の応募葉書をもらったんですよね。1枚だけしかくれなかったし当たる訳ないだろうと思いながらも一応記入し投函したのですが・・・当たったぁ
昨晩いきなりデカイ箱が届いて驚きましたよ。本当に豪華だし(ご覧のように3つのお重+添え物の鯛まで付いていますw)


ちょっと笑っちゃいました。
あのぅワタシ、独り暮らしなんですが~(笑)

しかも賞味期限はどれくらいかしらと確認したら、「常温で1ヶ月」と書いてあるんです。 ・・・どんだけ保存料使ってんだよ!(爆)
そりゃおせち料理って元々主婦が正月に休むための保存食だと思いますが、それにしても1ヶ月というのは恐ろしいですね

などと文句タレてしまいましたが、やはり当たったのは素直に嬉しいです(´∀`)
見た感じ美味しそうだし、早くもお正月気分になれました♪♪♪
大切に保管し、年が明けたら早速いただきたいと思いま~す


と言うか、ここまでくると皆が思うハズです。
  『なぜ宝くじだけ当たらないのか』
・・・むぅ。どうしてくれよう、この理不尽感( -д-)ノ



                       お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 16:11コメント(6)トラックバック(0) 

2009年12月28日

091227_1355~0001091227_1922~0001











今年も、大手町のオフィス街に“お飾り屋さん”が出現しました。正式な名称は知りませんが、勝手にお飾り屋さんと呼ばせて頂きましょう 毎年だいたい最後の1週目に入るとどこからともなく現れ、路上に屋台のような仮店舗を作るんですね(写真左)。しかも一軒じゃなく、3ブロックに一軒くらいの割合で(お互い無関係っぽい)
いいですね、お飾り 殺風景なオフィス街に赤と白のコントラストが大変映えます。そして、忙しさに心を忘れたビジネスマンに「郷へ帰れよ」と伝えてくれるのです。
・・・なーんてカッコ良く言ってみましたが、毎年気になってしょうがないんです。『あなた達、どこから来るんですか?そして、誰なんですか?』
・・・誰か教えてください 私の観察によると、何故かどれもオジサン2人組なんですね~。そして椅子に腰掛けオチャケか何か飲んでる(笑) みんな人の良さそうなオジサンなので、お祭りのテキヤさんとは違う感じ。かと言って、しめ飾りを作っている農家の方なのかなぁと思いましたがそういう職人ぽい感じもしない・・・なんか非常に“自由”な感じが謎なんですよね。しかも何故こんなオフィス街のド真ん中にこぞって広げるのかという根本的な疑問含め、長年の謎でございます( -д-)ノ

謎なのでジーッと観ていたらオジサンと目が合ったので、いっそ聞いてみようかなと近寄りました。でもなんとな~く聞きづらく、結局小さなお飾りを1つ買って終わりました(写真右)。でも、弾みで買ったとはいえ赤い鯛がチョー可愛い かなり気に入りました。交通安全と書いてあるので父の車にでも飾ってあげましょう(私は運転ができません)。
ちなみにコレ、値段聞いてビックリしたんですが150円だったんです。新たに “こんなに利が薄くて商売になるのか” という疑問まで生まれ、ますます謎は深まるのでした・・・

                      お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 20:22コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月12日

091212_1905~0001091212_1911~0001






1・2




091212_1908~0001091212_2059~0001





3・4






1.スタジオの裏に無造作に積まれていた座布団。リアルだ・・・

2.本番前の説明をする桂枝太郎さん。芸歴12年で年収180万円だそうです(本人談。ネタか真実かは不明)

3.私より後ろのお客さんたち。臨場感ありますネ。

4.コーナーごとに後ろの襖の柄を交換。東西大喜利では風神雷神だったのが、大福大喜利では富士山に・・・。張り替えるスタッフの素早さにはプロを感じます。


(注)これらの写真は全て本番前なので撮影OKでした。無理矢理撮ったわけではないので、あしからず。

shizutamarakugo at 23:21コメント(6)トラックバック(0) 
猫ムスメ