ケーシー高峰

2015年06月26日

雨の金曜日・・・
会社をそそくさと脱出し鈴本演芸場に向かう私
目的は【金原亭馬生独演会】です(・∀・)つ

23















18時開演のところ着いたのは19時くらいでしたが、もう立ち見でした。流石ですね。早めにチケ買っといて良かった 後ろの扉からソッと入ったら、ちょうど仲入り手前。馬生師匠が「そば清」で得意の“トロロ蕎麦を食べる音”を披露しているところでした(笑)。師匠の「ど~~~~もっ!」が聞けてラッキー(´∀`*)

【平成27年6月26日 金原亭馬生独演会】

「お化け遊園地」 桂三木男
「粗忽長屋」 金原亭馬玉
「そば清」 金原亭馬生
  ~仲入り~
「天狗裁き」 金原亭馬治
ご存じ ケーシー高峰
「文違い」 金原亭馬生


馬治師匠の一席は天狗裁き。個人的に、天狗の「聞きはしない、聞きはしない・・・が!」の「が」がツボでして(マニアックですいません)・・・間が絶妙なんです  あと、時流に乗ったクスグリ「わしはフェイスブックもツイッターもやらない安心しろ」に大爆笑でした。

今回私が平日なのに来ることを決めた理由の1つはケーシー高峰先生。笑点ではよく見るけど意外と生で拝見した事が無かったんですよ! だから超楽しみにしてたんですが、やはりライブで見ると違いますね。ホワイトボードに何か書き始めただけでジワジワきました。ところでケーシー先生ってもう81歳なんですねぇ(驚)。びっくりです。今は半リタイアされ、いわき市にお住まいだそう。寄席にも滅多に出ないけれど馬生独演会ということで特別に上京されたとそうで、いやいや貴重なお姿を拝見致しました。前立腺癌に負けず元気で長生きして欲しいです

そしてトリの馬生師匠。演目は初めて聴くネタ、「文違い」!!!
惚れて惚れられ騙し騙されドタバタの廓噺。とてもストーリー性のある演目ですね。登場人物も皆個性的で演じ分けが難しいであろう大ネタ。へたすると聴き疲れてしまいそうですが、そこは馬生師匠。自分こそが本当のマブだと信じ込む男達の滑稽さ、それを手玉に取るけれど自分も惚れた相手には騙されてしまう遊女の可愛さ等々・・・・・・
聴きどころ満載で、展開も早く、身を乗り出し聴き入ってしまいました。あっと言う間の45分。えっもう21時なの? と我に返るほどの充実度。いや~無理してでも行って良かったです、本当に(*゚▽゚*)


帰りは師匠御自らが “お見送り” して下さるのも一門恒例。
沢山のファンに囲まれ大忙しの師匠に、脇から頭を下げたところ、「どうも連日ありがとうございます」と(大和田落語会で会ったばかりなのを受け)、私なんぞにも礼を言ってくださいました  そう、この一言なんですよね。これがあるから、次も行こうと思うのです。



                 お後がよろしいようで。














shizutamarakugo at 23:07コメント(6)トラックバック(0) 
猫ムスメ