タケノコ

2013年04月18日

富士宮では『ミルい』という言葉をよく使います。
例えば「このタケノコはミルくて美味しいわ~」といった感じ

意味はそうですね、“柔らかくて瑞々しい” でしょうか。
辞書に載ってるワケじゃないので正確なところは知りませんが、我が家ではそのように使っていました。念のため同級生にメールで確認したら「言う言う!」と元気な返事が返ってきたので、少なくともウチだけじゃないはずです(笑) 
富士宮ないし静岡の方言なのだと思います(^_^)ニコニコ

富士宮生まれ・富士宮育ちの母&祖母も、旬の野菜や山菜を調理すると必ず「ミルくて旨いねぇ」と目を細めていました。そんな姿を見て育った私にも「ミルい」は生鮮品に対する最上級の誉め言葉の1つとして刷り込まれており、他に同義語が見付からないせいもあってか?? 故郷を離れて十年以上経つ今も、青々とした新鮮そうな野菜を見ると “お、ミルくて美味しそうだ” と内心つぶやいてしまいます(●´ω`●)


・・・昨日、スーパーで “ミルそう” なアスパラガスを見かけました。
美味しいですよね、アスパラガス。今が旬です♪
何故か千葉県産とチリ産が並べて売られており、値段に3倍の開きがありましたが、千葉県産は見るからにミルそう(←ダジャレになってしまったw)   そしてチリ産は見るからに固そう  
貧乏人ですが、迷わず千葉県産を購入です( -д-)ノ

13玉ねぎ











アスパラガスはベーコン・エリンギと一緒にバターで炒めて塩コショウで味付け。ついでにミルそうな新玉葱も購入したので、ザックリ4つ切りにし鶏肉と一緒に煮ました

アスパラガスも新玉葱も本ッ当にミルくて美味しかったです!!!
ご飯が止まりません(笑)
やはり食事は旬のものに限りますね(⌒-⌒)

もうすぐ実家から、ミルいタケノコと蕗が送られてくるでしょう。
みるみるミルい季節になりました。




                    お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 20:24コメント(7)トラックバック(0) 

2012年04月30日

昨日、GW中なら在宅しているだろうと考えた母から大量の救援物資が届きました     ※もちろんヤマト運輸指定です(笑)

メインはやはり、タケノコ!!!!!
今年は冬が寒くそして急激に暖かくなったため、タケノコも一気に成長してしまい質が悪いのだそうです。どう悪いのかというと、小さいんですね。外から見ると立派に大きいのですが、皮を剥くと中身が小さい あれ~って感じですが、旬は旬。小さくとも新鮮で(母が前日の15時に掘ってきたと自慢してましたw)とても柔らかく、存分に堪能させて頂きました(´▽`)

今回はタケノコや米に加え、蕗(ふき)・蕨(わらび)といった山の幸、新玉葱・ジャガイモといった野菜も入っていました

120429_0917~0001120429_1940~0001












早速タケノコは鶏肉と一緒に煮物に。蕗もシンプルに煮て。蕨は蕨ご飯に。ジャガイモはポテトサラダに。新玉葱はお味噌汁に入れて戴きました。何故か鯖の切り身も入っていたので煮付けにして戴きました(笑) 後から聞いたら鯖も唐突に入れた訳ではなく、父が海で釣ってきたので切り身にして送ってくれたそうです(もう鯖って獲れるんですね~
正に自給自足・・・完璧ですv( ̄∇ ̄)v


あ~美味しかった。
田舎では当たり前に食べていた料理ばかりだけど都会に一人で住んでいると大変な御馳走に感じます。
人間、こういう物を食べていれば健康なんでしょうな(●´ω`●)

お父さんお母さん、新鮮な山の幸・海の幸を御馳走様でした

shizutamarakugo at 16:12コメント(8)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ