チラシ配り

2011年11月26日

この冬、生まれて初めてチラシ配りを体験しました。
もちろんアルバイトじゃなくボランティアですよ~(笑)

たまに手伝っているお店の売り上げが上がらず苦戦しているので、ひとつクーポン券でも配ろうかと私が手伝いを買って出ました(ご本人も店が終わった後たまにバイクでポスティングを行うという経営努力はしていますが、やはり作業に追われなかなか出られないようです

手伝おうと思った理由の1つは純粋なボランティア精神。そして1つは『珍体験ハンター』としての血が騒いだから( ´∀`)つ  
色んな人の行きかう駅前でランダムに手渡すワケですからブログのネタになる体験が出来そうだわぁ、な~んて(笑)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【第1回】10月某日 京成O駅前 朝7時~8時

朝の通勤ラッシュ直撃なので人通りが多い。しかもO駅は長閑な田舎なので住人もスレておらず優しい。ほとんどの人が受け取ってくれ、1時間で手持ちの300枚を完配。余裕じゃんv( ̄∇ ̄)v

【第2回】11月某日 京成K駅前 19時半~21時半

仕事を終えた後、19時半開始。O駅より賑やかなターミナル駅だけど夜の帰宅ラッシュを過ぎた後なので人通りは少ない。駅前に飲み屋が多いので酔っ払い率が高かった。皆、仕事帰りで疲れているのかなかなか受け取ってくれない。朝とは全く違う雰囲気。2時間かけ150枚完配(´;ω;`)

【第3回】11月25日(昨日) 京成S駅前 19時半~21時半

仕事を終えた後、19時半開始。O駅と同じくらいの田舎で駅前も真っ暗。15分に一本程度、電車が到着した直後しか人が通らない。そしてひたすら寒い。でもO駅同様、人は温かく、受け取ってくれる方が多かった。ちょっと大変だったけど2時間で150枚完配( -д-)ノ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

感想を一言で言うと、世の中にラクな仕事は無い、という事。
邪魔だと文句を言わることはなかったけれど、露骨に迷惑な顔をされたり手を払われたりした。そして一番こたえたのが“ムシ”だった。チラシを差し出されてもまるでそこに人がいないような無表情で通り過ぎられるのは初体験なだけにちょっと悲しくなった。でも逆に「ごめんなさいね」と言ってくれたり、軽く会釈をして断ってくれたりする人も多く、救われた。人柄ってこういう所にこそ出ると思う。

そして、意外と楽しかった!!!!!
●人の流れを見て立ち位置を決める ●近付きながら「○○のクーポンです!!」と元気良く言う ●受け取ってくれたら必ず礼を言い次に進む ・・・

等々、常に頭で考え工夫をこらしながら配ってゆくのはかなり楽しくタメになった。受け取ってもらえた時の喜びも大きい。中には「御苦労さん」「ありがとね」と言ってくれる人もいて嬉しかった。笑顔を絶やさず高いテンションでチラシを配り続ける作業は意外と自分に向いているかも思った。

もちろんこれを生業(なりわい)とし一日中配り続けるのは大変な仕事だと思う。どんな仕事にもプロはいる。私はせいぜい2時間程度の臨時ボランティアだけど、少しだけ彼らの苦労が分かった気がする。


・・・という訳で、これからは駅前でチラシを配る人に(受け取らないまでも)少し優しい通行人であろうと思いま~す( ´∀`)つ


 
                  お後がよろしいようで。






shizutamarakugo at 10:03コメント(11)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ