ラーメン

2012年03月12日

普段ほとんどラーメンなど食べない私ですが、たまに無性に食べたくなる一杯があります。それは家の近所にある、頑固おやじが1人でやっているラーメン屋のラーメンです
(噂によると40年くらい1人でやっているらしい・・・)

それはもう絵に描いたような頑固おやじ(笑)
痩せた身体、鋭さを隠した目つき、結ばれた口・・・「愛想は悪いが腕は確かだ」と全身で表現しているかのようですv( ̄∇ ̄)v 
初めて店に入りおやじさんの顔を見た瞬間嬉しくなりました。

でも入るまでに2年くらいかかったんですよね。
毎朝毎晩前を通りかかっており、店構えからして「この店は絶対旨い」と確信があったのですが・・・あまりに昭和な佇まいなので入りにくかったんです 結局ツレがいる時、勇気を出してガラッと開けてみるまで2年かかりました。そして開けてみたら中も思い切り昭和でした(笑)

120311_1919~0001カウンター数席とテーブル2席のみの狭さ。古いけど磨き抜かれた床。無言で入り無言で帰る常連。壁にズラッと貼られた黄色い短冊のメニュー。ラーメン1杯400円~という価格・・・

この盛り付けの雑さもたまりません。
なによりナルトが昭和です(笑)

味は化学調味料をあまり使っていないであろう優しいお味。物凄く美味しい訳じゃなけどこれがいいんだなぁ。

今は空前のラーメンブームです。
どこに行っても目立つのはラーメン屋と消費者金融の看板ばかり。こんなにあってよく商売やってけるなと思いますが有るということはそれだけ食べる人がいるということなんでしょうね

揃いのユニフォームを来たお兄ちゃんが働くお洒落なラーメン屋は沢山あります。家系だの二郎系だの(よく分からないけど)流派もあるようです。出汁の鶏は名古屋コーチンですとか、塩は天然塩ですとか、高級食材を使ったラーメンも多い。そいうった今時のラーメン屋が必ず使う言葉は『こだわりの〇〇』・・・・・・ラーメンは芸術だそうです。
でもたまにそういった店に(誘われるか何かして)入ると、平気で1杯1000円とか取って驚きます。アホか。ラーメンってそんなにご大層なモノなのだろうか??

私は漫画に出てくるような頑固おやじの作る400円のラーメンで充分。これこそがラーメンではなかろうかと思うのです。
7~8回通ううち、おやじさんの鋭い目つきが一瞬柔らぐようになったと感じるのは、私の気のせいでしょうか(⌒-⌒)



                    お後がよろしいようで。



※写真は400円のラーメンではなく700円の五目ソバですよ~(念のため)。それにしても安い!!



shizutamarakugo at 19:42コメント(4)トラックバック(0) 

2010年02月25日

100224_0811~0001両親の沖縄土産に続き、今度は社長から函館土産を戴きました。無造作に渡されたビニール袋の中身は・・・いかめしでした(・∀・)

シブイ、そしてツマミになる(笑)。なんともウチの社長らしいチョイスです。
当社の社長は大変グルメな方で、自分でも料理をするし味へのこだわりはかなりのものがあります。でも、どちらかと言うとB級専門

特にラーメンが好きなようで、神田・神保町のラーメン店はほぼ制覇している模様。・・・そんな方ですので仕事でもプライベートでも地方に行くことの多い社長の土産は大体ご当地のB級グルメ 中でもインスタント化されたご当地ラーメンが多く、去年ソウルに出張した際は計30個ほどのラーメン・うどん・ジャージャー麺・冷麺を戴き、消化に数ヶ月かかりました(わざわざ現地の人にどのメーカーが旨いか?と聞きまくり買ったそうです)。どれも辛いけどメッチャ美味しかったですヨ どうか代表取締役の肩書きに負けず今後もB級に邁進して欲しいものです。

ところでいかめしで思い出したのですが、昔、『はじまりはいかめし』という本がありませんでしたか!? 私は見ましたよ、どこかで・・・  
内容は忘れましたが、大変気になるところです。誰か読んだことある人いたら、教えてください。

                        お後がよろしいようで。

 



shizutamarakugo at 20:00コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ