三遊亭天どん

2013年01月21日

2か月ぶりの大和田落語会でした。
(11月・12月はいつも仕事が忙しくて行けない・・・
そして、これが「落語始め」でもあります。
年々遅くなっている現実には気付かないフリをしましょう(●´ω`●)

新年一発目の大和田落語会は『新春初笑い三人会』。
タイトルの通り、3人出演という豪華さです。しかも毎年恒例、小里師匠の獅子舞付き!!! こりゃ楽しみですね~

4

ほたるさん・天どんさんはお馴染みだけど「三升家う勝」さんは初めて。なんて読むのか?? と思ってましたが「みますや・うかつ」さんなんですね 
ちなみに50歳・二つ目とのこと。麟太郎さん以外にも落語協会にこういうご年齢の方いらっしゃったんですね~。旅行会社や葬儀屋に勤務されていたそうで、ご自身の出自・経歴からスッと入った『紀州』・・・お見事でございました(⌒-⌒)


そして落語とは全く関係が無いのですが、う勝さんを一目見た瞬間思ったのは “肌が綺麗!” ということ 生まれたての赤子のようなピンク色の肌をしています。肌が綺麗だとそれだけで若く見えるんですよね。言われなかったら50歳だなんて絶対わかりません。とても溌溂とした印象で、他の噺家さんとはちょっと違った雰囲気をまとっていらっしゃる方だなぁと思いました(別に他の方が溌溂としてないワケじゃないですよ!)笑

そんなことを思いながら高座を眺めていたワタクシ・・・
打ち上げで斜め前に座ったう勝さんを見てどうにも我慢できず「う勝さんて本っ当に肌がお綺麗ですよね!!」と微妙な発言をしてしまったのですが、う勝さんも肌には自信があるのか?(笑、進んで『美肌の秘訣』を話してくださいました
 ①蒸留酒は飲まない
 ②1日1つリンゴを食べる(なるべく小さくて酸っぱいもの)
 ③睡眠は大体7,5時間

・・・とのことです。
この冬「1日1個リンゴは医者いらず」との格言を信じ朝ご飯をフルーツ(基本リンゴ)にしている私は思わず “我が意を得たり!” とばかりに膝と叩いてしまいました(*´∇`*)
ちなみに睡眠はサラリーマンをやっていたせいか今も0時回ると眠くてしょうがなく、そして朝は「(成田山参道裏に住んでるので)6時に新勝寺の鐘の音で起こされる」とのことです(笑)  
僅かな時間お話ししただけなのに、とても引き出しが多く多才な芸人さんなんだなというのが分かりました。う勝さんとお話し出来たのは今回の落語会の大きな収穫の1つだったと思います。とにかく人が多かったためバタバタして名刺などは渡せませんでしたが、次回どこかでお会いしたら「大和田でお肌の話をした・・・」と名乗ってみようと思います(記憶力も良さそうなんで覚えていてくれそうな気がする


123











小里ん師匠の寿獅子舞も変わらぬ見事さで、今年も口にご祝儀を入れ頭を噛んで頂きました。福を呼べた気が致します。思えば大和田落語会で寿獅子舞を見るのもこれが4回目・・・随分と長くお世話になっているものです。今年も年会費を払い「落語好きの証」を手に入れましたが、果たして11回のうち何回来れることやら・・・ ちょっと自信が無いですが、どれだけ忙しくても大和田落語会だけはなんとか来たいと(勝手に)思っています。どうぞ本年も宜しくお願い致します(^_^)ニコニコ



                        お後がよろしいようで。






1314











【左】打ち上げで『なごり雪』の替歌を披露するほたるさん。「寿司を待つ君の横でボクは~値段を気にしてる~♪」という歌詞。芸達者ですネ。
【右】大鵬が亡くなったことから、大鵬・千代の富士・若乃花等の力士の真似を披露する小里ん師匠。私には1つも分からなかったけどウケてたので多分似てたのでしょう。最後の「談志が相撲取りになったら」だけは私も腹抱えて笑いました。

6119











今回も美酒美食の数々、有難うございました。あれだけの人数での打ち上げ、さぞ大変だったことと思います。ただただ感謝です。



shizutamarakugo at 19:24コメント(12)トラックバック(0) 

2012年02月15日

バレンタインナイトの昨晩は、落語カフェにいました。
国生さゆりがキッスして結婚しようと、ま、私はこんなもんです( -д-)ノ

久しぶりの「らくごカフェに火曜会」。
この会は数人の二つ目が交代で毎週火曜日に行っている勉強会です。バレンタインの今回は三遊亭天どんさん&柳家こみちさんでした
この組み合わせは意外にも約1年振りだそう。顔付けを決めているこみちさんの策略ではないか・・・ま、もっとヤバイ組み合わせもあるけどね・・・と最初から毒を吐く天どんさん( ´∀`)つ
ちなみに火曜会は1500円の木戸賃でワンドリンクが付きます。コーヒーだのウーロン茶だのを選ぶ女性が多い中、私はキッチリ「サングリア」♪♪♪  100円のサンドイッチをつまみに、まずは腹ごしらえ

120214_1915~0002三遊亭天どん  『金明竹』
柳家こみち    『旅行日記』
三遊亭天どん  (こみち夫婦をモデルに作った新作)
    ~仲入り~
柳家こみち    『紺屋高尾』

こみちさん、今回はめくりをチェックするだけでなく座布団の返しまでチェックしてお客さんに「返してるよ」と言われていた。クセなんだろうか・・・。天どんさの作ったユル~イ雰囲気を正すべく、正統派な『紺屋高尾』、高尾がしっとり品があり、お見事でした。

天どんさん、全く似合わない赤い着物で登場。もしやバレンタインを意識したのだろうか(いつも着ているのかな??)
一席目は苦手の金明竹を自虐チョイス。いつも通り、セルフ突っ込みを入れながらグダグダと。二席目は「お下劣なネタやりますからね~」との宣言に違わず、「う〇こ」連発の小学生のような新作w 少し前の早朝寄席でも聴いた気がするけど、なんてタイトルなんだろう。どうでもいいけど、旦那がこみちさんに言う悪口(!) 「小三治の弟子の弟子!」がヤケにツボで後を引きました(笑)

19時半開演、21時終了・・・のハズが時計を見たら21時半。
毎回長引きがちなこの会、聴く方も体力勝負です
 しかし火曜日というスタートダッシュ的な曜日にも関わらず毎回かなりの集客で(今回はチョット少なかったけど)頑張っているのは大したものだと思う。落語カフェも隣のテナント(子供向けの本屋)との確執があって、並ぶ位置が変わったり久しぶりに行ったら大変そうだったけど、若い女性が沢山手伝いをしていて良い雰囲気でした。どんな世界にもクレーマーや言いたがりっていますが、くじけず直進して頂きたいものです。



                           お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 19:50コメント(10)トラックバック(0) 

2011年06月26日

24日ぶりの落語会でした∑( ̄ロ ̄|||)
本気でブログのタイトルを変えなくてはいけないかもしれません

昨日も一軒家の片付け+「おそうじ本舗」さんの立会いで帰宅が遅くなり、もうクッタクタ・・・。身体中が痛く頭もボーッとしておりましたが、なんとか7時に起床。“落充”目指し鈴本演芸場に向かいました

早朝寄席は毎週日曜日に行われている、二つ目の勉強会です。
9時半開場・10時開演という早さですが、私が到着した9時にはもう行列が出来ていました そして、開演後しばらくしてフト後ろを振り向いたら立ち見客が出ていました(((( ;゚д゚)))  私がしばらく来ないうちにまた固定客が増えたんだなぁ、早朝寄席・・・

110626_1128~0001  6月26日早朝寄席

古今亭 志ん八 「七福オーディション」
春風亭 正太郎 「棒鱈」
三遊亭 天どん 「渋谷の交差点」
鈴々舎 馬るこ 「牛ほめ(改作)」



開演した瞬間から、寝落ちする覚悟は出来ていたんですよ(←言い訳)
だから、志ん八さんの途中から天どんさんの冒頭まで記憶が飛んでいるのは想定内です(←開き直り)

しかしそんな私をも覚醒させてくれた天どんさんは流石
久しぶりに天どんさんの高座を拝見しましたが、やはり4人の中で一番爆笑が起きていたし、客席が良い意味でワクワクした雰囲気になりました。「新作でいいの? 知らないよ」と言いながらグタグタ始めた『渋谷の交差点』は、初めて聴くネタ。飯能の交番に勤務していた警官が渋谷の交番に異動となる噺でしたが、妙な前フリをしていると思ったらサゲを『茶の湯に』絡めていて笑えました。天どんさん曰く、よく出来た噺というのは古典に繋がるのだそうです(笑)
トリの馬るこさんも独特の風貌で改作を磊落に演じ、楽しませて頂きました(AKBのマクラは余分でした♪)

早朝寄席に来るの自体1年ぶりくらいでしたが、このいかにも勉強会っぽい雰囲気、嫌いじゃありません 隅の方でウツラウツラしながら聴いている、緩~い時間が心地よかったです。

さて、これにて “落充” 終了。
明日からまた労働の日々が始ります(しかも月末ではないですかw)
次の落語会はいつかな??

届いたばかりの東京かわら版7月号を片手に、日程調整をしているところでございます( ´∀`)つ



                       お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 15:14コメント(6)トラックバック(0) 

2010年07月25日

落語を聴くようになってから、いろんな所に行きます。基本的に一都四県どこでも駆けつける心意気ではありますが、今のところ一番遠かった所で「横浜にぎわい座」かな 運賃の高さと駅からの遠さで言うと馬治さんのホームタウン、印西市(笑)  まぁ意外とそんなモンです。

さて、そんな私ですが、昨日、最短距離を記録しました!!!
「行徳落語会」です。行徳といえば東西線、浦安の隣です たった5分の移動で落語が聴ける、この便利さよ・・・落語ブーム万歳。
ちなみにこの会、実は毎月一回行われている柳家ろべえさんの勉強会なんです。毎月かわら版で見て行徳という言葉に引っかかってはいたものの、なにぶんろべえさんは全く知らない噺家さん・・・つい行かず仕舞いでしたが、今日は特別です。だって、ゲストが三遊亭天どんさんですから(* ̄∇ ̄*)エヘヘ もう私に行けと言っているようなものです

会場は駅前のお洒落な居酒屋「酔い処 紗らさら」さん。いつも借りている文化センターが借りられなかったので、今回だけココになったとのこと。お気の毒に思いますが、居酒屋の座敷という近い距離で観れて、私的にはラッキーでした。なにせ30人も入れば一杯です

100724_1420~0001 
柳家 ろべえ 「元犬」
三遊亭 天どん 「ろくろ首」
  
   ~仲入り~

三遊亭 天どん 「もう半分」
柳家 ろべえ 「船徳」

(幼児2名がいたため、途中で泣いたり暴れたりという余興?アリ)

 事前にググッたところ柳家ろべえさんは喜多八師匠のお弟子さんで、現在33歳。入門7年目、二ツ目になってまだ4年の方です。そういう予備知識を持って聴いたせいか、見かけも今風の感じだし、明るくフレッシュな高座だと感じました。天どんさんが隣にいるから余計そう思うのか(笑) 天どんさんは相変わらずの気だるい感じ♪

会場が居酒屋さんということもあり、そのまま打ち上げに突入。残ったお客さん15人ほどがほとんど常連さんぽかったので少し迷ったけど私も残りました。幸い天どんさんが隣に座ってくれたので楽しかった 天どんさんはお酒を飲んでいてもグダグラで、愛想のカケラもありません(笑) でもそのユルさがメチャメチャ面白く、笑いっぱなしでした。内輪で行った二次会にも潜り込ませて頂き、解散したのは23時過ぎ・・・飲み始めたのが17時過ぎだったので、6時間も飲んでいたことになります( -д-)ノ  頑張ったね、天どんさん!

それにしても驚いたのは、これだけ落語会に行ってあげている(あえて上から目線♪)、私の名前を、天どんさんが知らなかったことです。確かに初めて大和田落語会でお会いした時しか名乗っていないけれど、それにしてもねぇ。そもそも近眼なので来てること自体気付いていない恐れがある・・・と、火に油を注ぐような言い訳をしていましたが、おかしな人だ。愛想がないにも程がある(●´ω`●)
いちおう客商売でしょと説教し、ムリヤリ覚えさせました。
次回会った時、もし忘れていたら首を絞めます。

                        お後がよろしいようで。

100724_1748~0001100724_1823~0001100724_2218~0001











《写真左》打ち上げでの一品。刺身盛り合わせ。ハモとか入ってて高級感ありました。ちなみに正面の人物は、柳家ろべえさんです。
《写真中央》私に焼酎を作ってくれる、天どんさんの手(笑)
《写真右》私にマッコリを注いでくれる、ろべえさんの手(笑)
・・・つまり、私は何もせずただ飲んでいただけです





shizutamarakugo at 12:34コメント(8)トラックバック(0) 

2010年07月04日

珍しく6連勤などし、昨日ボロ雑巾のようになって帰宅した私
一応計画では“明日起きれたら早朝寄席に行こう”などと考えていましたが、なんとなく億劫で行かずに終わる気が満々でした( -д-)ノ

しかし!! 行きましたよ、ちゃ~んと だって、今日の演者は天どんさんだったんだも~ん♪ 人間、好きなことのためなら無理が利くモンです。ワタクシも老体に鞭打って行って参りました・・・

100704_0902~0001100704_1125~0001100704_1229~0001











昼でも夜でもボーッとして覇気のない天どんさん。いつ見てもボソボソボソボソやる気があるんだかないんだか分からない人なので、私はとても興味津々だったんです。“この人、朝はどんな感じなんだろう”と・・・そして、登場した朝10時の天どんさんは、意外と元気でした(笑) なんかこう、低空飛行で安定してる感じ?? 低いは低いなりに一定して好調のようです(゚∀゚)アヒャヒャ

しかしまぁ、やっぱり疲れた 開場30分前から並んだしね・・・。早朝寄席の良い所は、終わった後一日を有効に使えることですが、流石に今日はウロウロする気がしませんでした 上野界隈で少しだけ買出しをし、帰宅。家で夕方からビール飲んでグダグダしちまいました。

ちなみに写真右端は、不忍池の蓮+紫陽花です。鈴本演芸場は目の前が上野公園なので、たまに立ち寄ってみますが、四季を感じさせる良い場所です

さ、たくさん笑ったし綺麗な自然も見たし・・・明日からまたお仕事がんばりますか(*´∇`*)


                      お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 19:12コメント(0)トラックバック(0) 
猫ムスメ