不動坊バラ園

2013年02月25日

すごいものを見ました
座・高円寺にて行われた『一之輔の無茶ぶられ・その3』。
この会は、春風亭一之輔さんが古典落語のバージョンアップに挑む主旨の会です。一之輔さんがバージョンアップさせたいネタを事前に先輩ゲストに提出し、先輩がそのネタを良くするためのアイデアを“無茶ぶり”。そしてその “無茶ぶり案” を元に一之輔さんが改作した一席を披露するのです。3回目の今回は、「不動坊」でした。

8今回の先輩ゲストは三遊亭兼好師匠と、先輩なのに抜かされちゃった三遊亭天どんさんw 丁々発止のビフォートークから始まります。

ビフォートーク
三遊亭 天どん 「初めての確定申告」
三遊亭 兼好  「七段目」
~仲入り~
春風亭 一之輔 「不動坊バラ園」
アフタートーク

元々の「不動坊」はこんな噺ですね。
【不動坊】http://senjiyose.cocolog-nifty.com/fullface/2009/06/post-a762.html

一之輔さん作「不動坊バラ園」は、主に天どんさんの無茶ぶりを取り入れ、あろうことかオネエ・バージョン!!!(爆)

まずマドンナであるはずのお滝さんがイソガイタキノスケ(漢字にすると磯滝ノ輔といったところか?)という名のいかめしい侍。この侍がゲイで、吉公を見初め嫁(!)に貰おうとする。そしてそれを邪魔するのが磯貝様に惚れているオネエ3人組(溜まり場の湯屋の名は「カマの湯」)。
幽霊役の噺家は何故か柳家さん坊。
・・・もう、設定を聞いただけで涙目ではないですか

磯貝に意味深なコナをかけられ引きまくるノンケの吉公。
支度金目当てに吉公を差し出し高砂を唄って逃げる大家。
憧れの君を奪われ泣きわめき身悶えるオネエ3人組。
サンバのリズムで踊り狂う幽霊、さん坊。


・・・終わった時、一之輔さんもボロボロ、客もボロボロ。
筆舌に尽くしがたい破壊力満点の一席でした(´-д-;`)
“これ以上の内容はこれから聴く人のために書きません” と言いたいところだけど、果たしてこのネタに2回目はあるのだろうか???
もしかしたら私は将来名人と呼ばれるであろう一之輔師匠の “幻の一席” を聴いたのやもしれません。

平成25年2月22日《オネエ一之輔》誕生の日。
この高座を観たことが幸だったのか不幸だったのか、3晩経った今でもよぅ分かりません。



                    お後がよろしいようで。


shizutamarakugo at 20:38コメント(7)トラックバック(0) 
猫ムスメ