丸花亭

2012年11月04日

12連勤・7日目(o^∇^o)ノ
相変わらず元気に連勤中です(独りぼっちの会社でパチパチw)

さほど忙しいシーズンではないと言ってもやはり月初は月初。
次から次へと請求書を作らなくてはいけず、休む間がありません
でも6日目である昨日は少~しだけ早く退勤し、『丸花亭』へ行ってきました。そう、大和田落語会でお世話になっている丸花亭です

散々落語会でお邪魔している『寄席・丸花亭』ですが、意外にも『天麩羅の丸花』へは過去一度しか伺ったことがなく・・・
しかもブログを見返したら、前回行ったのは去年のゴールデンウィーク・・・
そろそろまたあのカウンターに腰掛けジックリお酒が飲みたいわネという話になり、今回の「早脱出」となったのでした(^∀^)

丸花亭①丸花亭⑨丸花亭③銀杏











①いつもは見ることがない、灯りが燈った丸花亭の提灯。
②まずはビール。
③銀杏をポルトガルの塩と一緒に。真っ先にこういうのを頼む私w

丸花亭⑤さめがれい丸花亭⑥天ぷら丸花亭⑧












①人生初、『さめがれい』のお造り。味は多分、普通のカレイと変わらない感じ? クセもなくパクパク頂きました♪
②丸花亭の真骨頂、天麩羅盛り合わせ。
③三元豚の豚カツ。シメに豚カツを頼む私のツレって・・・

丸花亭②お酒丸花亭⑦お酒丸花亭④お酒











①②③
今回も私なんぞには勿体ないお酒の数々。特に興味深かったのは『子宝』というう名のヨーグルト酒!! 本当に見た目「飲むヨーグルト」で、味も「飲むヨーグルト」でした(笑) アルコール8度だそうですがノンアルコールみたいにグイグイ飲めてしまいます。こういうお酒に喜ぶ私は所詮“おんなこども”ですな( -д-)ノ


・・・『子宝』繋がりではないですが、お店に入った時カウンターに先客が2人いらっしゃり、女性の方が以前よく大和田落語会でお会いしていた方でした 最近いらっしゃらないなぁと気にはなっていたのですが・・・なんと臨月!!! 大きなお腹を抱え、旦那様とご飯を食べに来られていたのでした。優しそうな旦那様と今にも生まれくる子供。幸せそうな笑顔を拝見でき嬉しかった  どうぞ無事、元気な赤ちゃんを産んでください。そしてお子さんには落語の英才教育をし、数年後、大和田落語会に連れて来てください!!!(笑)


他にも落語会でいつもお会いする皆様が次々とお見えになり、めっちゃ賑やか。私もツレも次の日シゴトでしたが、何も考えずひたすら食べて飲んで喋りました( ´∀`)つ あー楽しかった。

これでエネルギー補給できたので、残り6日も頑張れます♪
席亭さん、有難うございました~。また伺いま~す(o^∇^o)ノ




                      お後がよろしいようで。

 

 



shizutamarakugo at 12:40コメント(8)トラックバック(0) 

2012年01月16日

今年初の大和田落語会に行ってきました
年末はなにかと忙しく11・12月は行くことが出来なかったので、実に3ヶ月ぶりの大和田です(≧ヘ≦) ムゥ

1稲葉 千秋   寄席囃子
三遊亭 夢吉  「のめる」
三遊亭 円馬  「河豚鍋」
   ~仲入り~
三遊亭 夢吉  「両泥棒」
三遊亭 円馬  「小言幸兵衛」
柳家小里ん   寿獅子舞





日頃、落語芸術協会の噺家さんにはほとんどご縁が無いため、円馬師匠・夢吉さん共に拝聴するのは初めてでした  ちなににお囃子の稲葉千秋さんは円馬師匠の奥様だそうです。ステキですね~ そう言われて見ると、どうもお2人、お顔がまぁるく表情も似ていらっしゃる(笑) やはりいつも一緒の夫婦というのは似てくるものなのでしょうか(´▽`)

ところで今回は椅子が足りなくなるほどの超満員でしたが、どうもいつもと客層が違う。見慣れないお顔が多く、しかも女性が多い。不思議に思っていたら、なんと皆さん円馬師匠の同級生でしたΣ(゚д゚;)
円馬師匠は東京都生まれですがその後、横浜→千葉と移転し、千葉県にいた期間が一番長いそうです。中学が丸花亭のある八千代市で、高校が船橋市だったそうなので、正に地元ですネ。恐らく皆さんは中学の同級生なんだと思いますが、後から先生らしき方も登場し「35年ぶりだわぁ~!」などとプチ同窓会のような様相になっていました(笑)
なんかいいですよね、机並べていたクラスメイトが噺家になるってどんな気分なんでしょうか・・・(゚∀゚)アヒャヒャ

円馬師匠の飄々としたダジャレ満載の高座で大爆笑!!
新年恒例、小里ん師匠による寿獅子舞も縁起良し!!
思えば私、大和田落語会で獅子舞を見るのは今年が3年目です。
と言うことは落語を聴き始めてもう3回も年を越したのですネ。
早いな~歳とる訳だな~。゜゜(´□`。)°゜。

流石に3回目ともなると獅子の口から手が出てきてお札を掴んでもビビリませんよ~(笑) 小里ん師匠を獅子舞業者の人だとも勘違いしませんよ~(爆) 師匠、身体柔らかいなぁと感心しながら今年も景気の良い獅子舞を堪能させて頂きました♪♪♪


324











久しぶりの参加でしたが打ち上げ含め、やっぱり大和田落語会は温かいなぁと実感
あ、遅ればせながら今年度の年会費も払いました~(o^∇^o)ノ
大和田の皆様、本年もよろしくお願い致しま~す(^_^)ニコニコ



                 お後がよろしいようで。



【追伸】いつも「拍手コメント」を書いてくださっているnagatomoさん、有難うございます。拍手コメントはブログ管理者本人しか見れない(多分)ため、“お返事”を返すことが出来ずごめんなさい。無反応で申し訳ありませんが、いつも的を得た一言コメント、楽しく読ませて頂いてます(・∀・)  どうぞ今後とも、よろしくお願い致します♪



shizutamarakugo at 19:29コメント(6)トラックバック(0) 

2011年09月19日

割烹旅館での納涼会から1ヶ月、大和田落語会に行って参りました。
今日の演者は柳家三三さん・古今亭菊六さん・・・という激アツぶり
だいぶ早い段階からチケットは売り切れていたようです。きっと、遠くからお2人を追いかけて来られたお客様も多かったでしょうね

1 
 古今亭 菊六 「つぼ算」
 柳家 三三   「加賀の千代」 
     ~仲入り~
 古今亭 菊六 「四段目」
 柳家 三三   「妾馬」






菊六さんは確か去年も今くらいの季節に大和田で見たなぁと思って調べたら、去年も9月に出演されていました。ネタは「高砂や」と「心眼」。共演は春風亭一之輔さんで、ネタは「妾馬」と「徳ちゃん」。
http://www.oowada-rakugo.com/neta2010.htm

このお2人のお名前を見てピンと来た方は、落語ファンの方でしょう♪
そう、正にこのお2人、来年真打ちに昇進されることが発表されたばかりのお2人なんですね(他にも古今亭朝太さんが昇進されます)。
ちなみに発表は大和田落語会から3日前の9/15というタイムリーさでした

一之輔さんが一足早い来年春で、21人抜き!! そして菊六さんが来年秋で、なんと29人抜き!!  ・・・小三治会長、本気出してるなぁと各地で話題になっている昇進発表でした(笑)

流石は大和田落語会、二つ目さんでも実力派揃いなんですネ(´∀`)
丸花亭で楽しくお酒を酌み交わさせて頂いた演者さんが立派なご師匠になられるのは嬉しいですネ。お2人とも偉ぶらず、私のようなド素人にも優しく接してくださった噺家さんなので、余計に嬉しいです

尚、今回も私のブログを読んでくださっている方がお2人、遠くから駆け付けてくださいました。中山さん、金子さん、有難うございます。
残念ながら今回は珍しく(次のお仕事の都合で)噺家さんの参加されない打ち上げになってしまいましたが、お陰様でいつにも増して楽しい飲み会でした  理事の皆さま、常連の皆さまも、お世話になりました。また来月、よろしくお願い致しま~す(o^∇^o)ノ


                 お後がよろしいようで。

 

234











【写真】毎月恒例、打ち上げでの御馳走の数々。今回はまさかのタコ焼きも登場(笑) バラエティー豊かでどれも一手間も二手間もかけたお料理。毎月のことながら、美味し過ぎて感涙です



shizutamarakugo at 18:17コメント(4)トラックバック(0) 

2011年08月28日

8月も終わろうとしていますが、今年初の花火大会に行ってきました
場所は千葉県八千代市の、八千代総合運動公園周辺。私がお邪魔するのは昨年に引き続き、2回目です(昨年はちょっとした思い出があったり??・・・うふふw)  5000発というのは花火大会の規模としてそんなに大きくないかな??  でも花火を見るのは今年初めてなので、かなりワクワクしていました(*゚▽゚*)

ワクワクしていたもう1つの理由は、丸花亭さんが出店を出すと聞いていたから   大和田落語会でお世話になっている、あの丸花亭さんです。ハイボール・肉巻きおにぎり・唐揚げ等を出すとリサーチ済み(笑)だったので、本当に楽しみにしていました♪♪

110827_2027~0002110827_1912~0001110827_1918~0001











110827_1959~0001110827_1958~0002110827_1958~0001











花火も威勢よくポンポン上がり、会場は大盛り上がり。
微妙な天気でしたが、去年に負けない大層な人出でした。
もちろん食べ物も美味しかった~(´∀`*)
丸花亭さんが店の後ろに椅子を設置していてくだり、そこで座って花火を見ながらゆっくり食べることが出来ました。正に特等席。しかも落語会の常連の皆さんが集まっていて、ハイボールやら唐揚やら枝豆やら買ってくださるんです(笑) すっかり甘えて御馳走になっていまいました 有難うございます!!! 後から噺家の金原亭馬治さんもフラリと現れ久しぶりにお話しすることも出来、嬉しかったです。
なんだか座って食べてばかりで申し訳なかったですが、次また何かのイベントで出店することがあるのなら、是非 “猫の手” として売り子でも揚げ子でもお手伝いさせて頂ければと思っています(゚∀゚)アヒャヒャ

ところでこの花火大会、今年で最後との噂を聞きました。マジで!?
どうか続けて欲しい・・・。私は八千代市民ではありませんが、地元で37年も続いていた祭りがなくなったら地域住民は淋しいと思います。経済的にもダメージ大きいはず(≧ヘ≦) ムゥ

来年も行けたらいいなぁ。
そう願いつつ、なかなか進まぬ道を帰路に就くのでした。


                         お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 18:09コメント(2)トラックバック(0) 

2011年08月22日

昨日、大和田落語会に行ってきました。
ただし今回は番外編、「暑気払いの会」でございます(^∀^)

場所も丸花亭でなく、船橋の割烹旅館「玉川」さん。
市役所や消防署がある街中に、突如現るレトロな建物。
大正10年創業。なんとこの「桔梗の間」で太宰治が小説を書いたそうです。しかも昔はここで婚礼もやっていたそう。当時の貸し衣装が館内そこかしこに飾られており、風情に拍車をかけていました。http://www.tamagawa-go.jp/front/bin/home.phtml

123












≪暑気払いの会 式次第≫
第一部 16時~17時  「金原亭馬吉独演会」
          (温泉タイム)
第ニ部 18時30分~21時30分 「暑気払い豪華大宴会」
第三部 21時30分~翌朝   「温泉&語りあかしタイム」


ご覧の通り、落語あり温泉ありご馳走ありの、たまらない内容
こういう “THE・日本人” 的なイベント、大好きです(笑) 
温泉も天然ラジウム温泉で、熱々でしたがお肌サラッサラになりました。こんなご近所に天然温泉が湧き出ていたなんて、驚き
料理も流石は割烹旅館。一品一品がどれも細かく繊細で見目麗しく、上品なお味がしました。特大舟盛りの盛り方もハンパありません(笑) 

456












私は残念ながら諸事情により「日帰りコース」で帰宅しましたが、多くの皆さんが勢い止まらず「お泊まりコース」で残っておりました
あれからどうなったんだろう・・・ 「宿屋の仇討」みたいな事態になっていないといいですが(貸切だから大丈夫か)笑。

次回9月、丸花亭にて様々な伝説を聞くことが出来るでしょう。楽しみです。最高の暑気払いが出来ました。最初から最後まで全力で盛り上げてくださった馬吉さん、席亭さん、理事の皆さん、ありがとうございました(*'-'*)


                   お後がよろしいようで。

 

 



shizutamarakugo at 19:24コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ