十代目金原亭馬生

2010年06月29日

再び一晩置いてのアップとなりますが・・・
昨晩、「先代馬生一門会」に行って参りました(^∀^)

このブログにも“馬生一門”として頻繁に登場する馬生師匠。もちろん普段はフツーに「馬生師匠」と呼んでいますが、実は11代目でいらっしゃいます。先代は、あの古今亭志ん生さんの長男であり、志ん朝さんの兄であり、そして池波志乃さんの父であるという物凄い家柄 
ま、私も落語通ではないので、生病法は怪我の元!! 詳しくは割愛しますが、その先代が55歳という若さで亡くなられた後、数あるお弟子さんの中から認められ名跡を継がれたのが、現在の、ダンディで私がダ~イスキな馬生師匠なんですね(^_^)ニコニコ

さて、そんな先代馬生師匠の生涯が一冊の本になりました
小学館より5月10日に発売された「十代目金原亭馬生 ~噺と酒と江戸の粋」です。本日はその本の出版を記念しての先代馬生一門会でございました(●´ω`●)

100627_1625~0001100627_1528~0001









   金原亭 馬吉 「鮑のし」
   隅田川 馬石 「厩火事」
   五街道 雲助 「千両みかん」
   桃月庵 白酒 「親子酒」
   吉原 朝馬  「佐野山」
   金原亭 馬生 「笠碁」

うーん、早々たる顔ぶれですネ
しかも仲入りの後なんと、サプライズゲストとして池波志乃・中尾彬ご夫妻が登場したんですΣ(・ω・ノ)ノ  ま、娘と娘婿なので妥当ではありますが、プログラムにも無かったのでお客さんビックリしていました。もちろんとりあえずは中尾氏のネジネジをいじる朝馬師匠(笑) 「今はユニクロでも売ってる」の言葉に中尾氏、憮然。「俺にマージンよこせ」などと軽妙なトークで場を湧かせてくださいました。志乃さんはとても細くて小顔。超絶美人です。馬生師匠はじめ雲助師匠たちが入門した頃は中学生だったそうで、「よくイジメられたわぁ」と仰っていました

雲助師匠の、まさかの「先代モノマネ」が拝見できたり、いつもと一味違った“一門会”。それぞれ一家を成し大師匠となったお弟子さん達を見て、10代目様も草葉の陰で涙していらっしゃるのではと思い、私まで(お会いしたことないのに)ジーンとしてしまうのでした。

          
                    お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 21:07コメント(2)トラックバック(0) 

2010年06月01日

100530_1332~0001 6月です。
ここ数日お天気が悪く寒いので実感が湧きませんが・・・いわゆる “初夏” といっていい季節ですね  今年の梅雨は雨どうかなぁ、暑いかなぁ、などと今から憂鬱になっている私です。

さて、そんな鬱陶しい6月の、東京かわら版の表紙は百栄さん! あ、他意はありませんよ(笑) キモカワイイと若い女性にも人気の百栄さんです

いつも東京かわら版が届くとスケジュール帳を埋めてゆく私ですが、今月はあまりサエません。落語以外の用事が既に幾つか入っており、行きたい落語会と重なってしまう日が多いからです(≧ヘ≦) ムゥ 
ま、無理して行くもんでもないので、こんな月もあるわなと思い今月は静観する所存でございます

      6月5日(土)  黒門亭 1部・2部
      6月8日(火)  ちぇほふ寄席
      6月17日(木) 白鶴寄席
      6月26日(土) 金原亭馬生独演会
      6月28日(月) 十代目馬生一門落語会

とりあえずこんなところカナ
今月は田舎に帰省したり、なんだかんだと忙しい( -д-)ノ
体調崩さぬよう、そしてご馳走続きで体重増やさぬよう、ボチボチ乗り切ろうと思っております。


                      お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 20:41コメント(0)トラックバック(0) 
猫ムスメ