印西

2015年09月27日

「木下(きのした)駅ってどこよ」「きのしたじゃなく木下(きおろし)です」

うん、読めない!!!ヾ(=^▽^=)ノ
という場所での落語会でした。馬治師匠、凱旋公演です。

image%3A2496image%3A2495















【平成27年9月26日 金原亭馬治真打昇進御披露目興行】
 金原亭 駒松 「子ほめ」
 桂 三木男 「猿後家」
 ロケット団  漫才
 金原亭 馬生 「厩火事」
    ~仲入り~
 翁家社中  太神楽
 金原亭 馬治 「お見立て」


キャパ500の会場がギッシリ・・・恐らく400人は入っていたんじゃないでしょうか(まぁそのうち30名程は大和田落語会関係者でしたが)笑。すごいですね。なにせ印西、都会ではないし、交通の便も悪い。よくこれだけ埋まったものだと正直驚きました。流石は馬治師匠ですね。千葉ニュータウンが生んだ真打。いかに周囲に愛され・期待されているかが分かります(⌒-⌒)


馬生師匠・ゲスト・弟弟子・そしてお客様・・・
皆が主役:馬治のために団結し盛り上げる! そんないい雰囲気の会でした。感想は多々あれど個人的な想いを1つだけ
再三書いている通り、私が落語を聴き始めたキッカケは馬治師匠です。ちょど6年前の9月、浦安市中央公民館で行われた「市民講座」に講師として来られた馬治師匠(当時は馬治さん)を観たのが全ての始まりでした。そしてその時の演目が『お見立て』だったのですよ(●´ω`●)  
今もハッキリと覚えています。

あの日、初めて聴いた落語。
鮮烈な記憶として残っている演目を「師匠」となった同じ方の、昇進披露興行で聴く・・・・・これは本当に感慨深いです。
“一周回って帰って来た” そんな言葉が浮かびました。そしてまだ(落語ファンとして)初々しかったあの頃を思い出し、ふと、衿を正すのでした。



    

   お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 12:00コメント(6)トラックバック(0) 
猫ムスメ