宝登山

2013年08月22日

長瀞町にある標高497メートルの山「宝登山(ほどさん)」は、山麓に宝登山神社、山頂には梅園や動物園を有しています。山頂へはロープーウェイで行くことが出来、秩父連山の眺望を楽しむことが出来ます。


【宝登山神社】
まずは神社に参拝。
この宝登山神社、日本武尊ゆかりの古社で、なんと1900年の歴史があるらしいですよ かつて宝登山山頂に向かう日本武尊一行が火の手に囲まれたところを山犬に助けられたことからこの山を「火止山(ほどさん)」と名付け、神様を祭ったのが始まりとされています。今では「宝の山に登る」という縁起の良い名前が人を呼び、地元だけでなく関東一円から参拝者が訪れ、秩父神社・三峯神社と並び、秩父三社と呼ばれているそうです(*´∇`*)

宝登山ご宝登山はち















【左】
美しい本殿。数年前に改修工事をし、元々の色彩を取り戻したそう。色鮮やかでした。
【右】
火除けのうちわを購入。


宝登山いち宝登山さん















【左】
二十四孝の彫刻・・・川原明戸村(現・熊谷市)の彫刻家、飯田岩次郎作。拝殿の両側に施されています。二十四孝は中国に古くから伝わる24の孝行話を集めたものです。そして奇しくもこの日の夜の「落語研究会」は、小満ん師匠による「二十四孝」でした。奇遇ですね(・∀・)つ
【右】
5匹の竜・・・拝殿から張り出したひさしの部分(向拝)には5匹の竜が。拝殿正面の柱にまたがり神様をお守りしているそうです。とても美しい極彩色でした



【宝登山ロープーウェイ】
山麓から山頂までの832メートルを約5分かけ登ります。春はツツジ・夏は新緑・秋は紅葉・冬は蝋梅・梅を見渡すことが出来、人気だそうです。

宝登山きゅう宝登山じゅうよん















【左】

すれ違う「バンビ号」。私達が乗ったのは「モンキー号」www
【右】
山頂から景色を眺めていたところ、一本だけ変わった木を発見。まっすぐだ(・∀・) 面白い木が有る~とはしゃいでいたら、冷静に言われました。「それ、電柱だよ・・・」



【宝登山神社奥宮】
山頂に鎮座します。ここだけ明らかに空気が違う神聖な場所。毎年5月2日(八十八夜)には「奥宮祭」が行われ、日本武尊の御神霊を乗せた神輿が奥宮へと登るそうです。

宝登山じゅう宝登山じゅういち















【左】

急な階段を上ると、急にひんやり。売店のおばちゃんによると気温27℃だそうです(下は35℃でした)
【右】

階段を上り切ったところにラムネの売店とは消費者心理突きまくり 森の中のベンチに腰掛け飲むラムネは格別でした。



【宝登山小動物園】
山頂には「関東一のロケーション」と言われる梅園がありますが、流石にこの時期は何も咲いておらず残念。でも自然公園になっているので軽くお散歩するには良いかもしれませんね。とりあえず時間の関係もあるので私達は小動物園に向かいました。動物園と言ってもロープーウェイのオマケの様なものですから、猿や小動物がいる程度。昨年大晦日に行った鬼怒川を思い出しました。あの時乗ったロープーウェイも降りたらモンキーパークがあり、猿にフェンスを叩いて威嚇されたものです。ロープーウェイには猿が付き物なのでしょうか。ま、お子さん達は大喜びですがね
130817_1339~02宝登山じゅうに















【左】
ラマ:「誰がオマケだって~???」
【右】
モルモットだからって盛る男はちょっと・・・(しかもメス



外界と8℃違う奥宮は本当にパワースポットでした。ひんやりして涼しい。これまた【涼】を求めるという目的達成です。
(日帰りなのに)伸ばしに伸ばした長瀞旅日記も次回で最終回(笑)
最後は「SL列車」です(o^∇^o)ノ



                       お後がよろしいようで。




shizutamarakugo at 19:30コメント(6)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ