少年時代

2011年08月31日

今日は8月31日です。
はちがつさんじゅういちにちという響きに若干の哀愁を感じるのは私だけでしょうか(⌒-⌒) ・・・きっと、子供の頃を思い出すからでしょうね。

楽しかった夏休みが終わり、明日から学校という重圧感。
サザエさんを見ているサラリーマンどころではありません(笑)
1ヶ月余もフリーダムな暮らしを送っていたワケですから、そりゃ悲しいですよね。そして宿題!!! 8月31日の今、過去の日記を遡って書いているお子さんが日本中に沢山いるのではないでしょうか

ちなみに私は「嫌な事は先に片付けないと気が済まない」性格の子供でした(今でも仕事をする上でその性質が表れていますw) 
だから宿題は、夏休みの前半で大体終わらせていました。読書感想文に至っては4つ上の姉の分まで書いていました(笑) 
別に優等生的な評価を狙ってのことではなく、終わっていないと自分が気が気じゃなくて楽しめないからです。だから親に言われる前にサッサと終わらせ、後半は悠々と遊んでいました

ただ1つの例外は、工作です。
先日のコメントでもチラッと触れましたが、私は工作が苦手でどうしても作ることが出来ませんでした。私の時代は「アイデア貯金箱」がメジャーな課題でしたが、発想力が乏しいのでアイデア自体、浮かばないのです アイデアが浮かばない上に天性の不器っちょ&根性ナシという三重苦・・・。グダグダと最後まで引き伸ばし、結局は父に毎年作ってもらっていました。と言うか、元々自分でやる気が無かったんだと思います(笑)  “中学校教諭” という立場にありながら自分の子供の宿題をやる父の気持ちはいかがだったでしょうw  その節は大変ご迷惑をおかけしました

きっと皆さん、いろんな夏休みの思い出があるんでしょうね。
キラキラ輝いていたあの頃、二度と戻れない少年(少女)時代です

今年は震災の影響で、お子さんにとっても今までとは違った夏休みだったかもしれません。夏休みがズレたり、プールに入れなかったり、外で遊べなかったり・・・不便を強いられることも多かったでしょう。
再びお子さん達が何の屈託もなく思い切り遊ぶことの出来る平和な夏休みが来ることを、願わずにはいられません。



shizutamarakugo at 20:08コメント(5)トラックバック(0) 
猫ムスメ