岡本綺堂

2010年12月16日

「半七捕物帳」は、言わずと知れた岡本綺堂の代表作です。
日本における探偵小説草創期の傑作といわれ、後世の様々な作家に影響を与えました。

うら若き乙女だった高校2年生の時、ふとしたキッカケで池波正太郎を手に取った私・・・それからドップリ時代小説にハマり、藤沢周平や山本周五郎・平岩弓枝などを読み漁ってきました もちろん半七捕物帳も全て読書済みでしたが、最近気になるタイトルを図書館にて見つけたんです。

101216_0954~0001

それが、『読んで、「半七」!』『もっと、「半七」!』の2冊です。
今をときめく北村薫・宮部みゆきのお2人が数ある短編の中厳選し、編集しただけあってどれも粒揃い。ちなみに宮部みゆきさんは「時代小説を書く前には必ず半七を読み返す」というほど岡本綺堂の世界をリスペクトしているそうです。なるほど、なんとなく宮部みゆきの書く人情話には、半七に共通するものがある気が致します

けっして他書に未収の短編が載っているわけではありません。全て岡本綺堂の単行本で読んだ既読作品です。が、何年も経っているのでかなり忘れている部分があります。夢中になって読み進めてしまいました。

半七の面白さの1つは、明治時代を生きる老人が江戸・幕末を振り返るという時代設定でしょう。明治時代が“イマドキは…”であり、江戸時代が“あの頃は…” なワケです  “御一新(維新)” を生き延びた老人の目から語られる江戸の風俗が、とても生き生きと魅力的に映し出されています。また、大正~昭和初期にかけて書かれた作品にも関わらず、今に通ずるテーマが数多くあることにも驚かされます。

やはり、良いものは時代を超えるのですネ。
時代小説に抵抗感を感じている方々にも、是非読んでみて頂きたい一冊です(^_^)ニコニコ



shizutamarakugo at 23:40コメント(2)トラックバック(0) 

2010年06月27日

昨晩は疲れていたのでサクッと更新してしまいましたが、昨日行った根岸の「そら塾」さんはスゴイ場所でした 良い意味でド肝を抜かれたので、写真混じりに改めてご紹介します♪


100626_1330~0001100626_1339~0002100626_1335~0001









地下鉄日比谷線の入谷駅から徒歩10分程でしょうか・・・しかし初めて行く人は100%迷うような場所にあります 駅から現場まで一軒のコンビニもスーパーもなく、あるのは昔ながらの古い一軒家と八百屋さん・魚屋さん・床屋さんなど・・・路地が多く、まるで迷路です。さまよい歩いているうち、デジャブ体験のような幻想的気持ちになりました。

そして到着。看板の1つもなく、突然現れる「そら塾」という手書きの張り紙。それに誘われ路地を曲がると、目に飛び込んでくるのはこの光景です(写真左)。あーなんということか ここは江戸か∑ヾ( ̄0 ̄;ノ  リアル三軒長屋ではないか・・・。ちなみに三軒長屋とは、1つの長細い建物を3軒に仕切った住居のことです。落語に「三軒長屋」という演目もあり、落語ファンならまず頭に浮かぶ言葉です。
これが落語会の会場か?? と疑問が浮かびましたが、よく見るとポストにチラシが貼ってある(写真左)。うむ、間違いない。ちなみに三軒のうち、一番手前がアートスペース「そら塾」さんです。内部には木の梯子がかかり、中二階みたいになっている(写真右)。

昭和初期に建てられたというこの長屋。もちろん空調など無い。ものすごく暑い 聴いている私達が暑いくらいだから、演じている小権太さんは激暑なハズ。サウナのような大汗をかきながら熱演しています。しかし、これほど落語を聴くのに適した場所はあるだろうか?? 正に熊さん八っつぁんが住んでいた世界。話芸で江戸時代に誘う必要すらありません。今にも「てぇへんだてぇへんだ!親分てぇへんだ!!」と八五郎が駆け込んで来そう。 ←岡本綺堂著「銭形平次」参照

落語を聴きながらフト外に目をやると、そこには三輪車で何度も路地を疾走する丸刈りの少年・・・・・・「真田小僧」か?? 
なんだか夢の中にいるようでした ちなみに奥の二軒は普通の住居で、今でもちゃんと人が生活しているそう。こんな場所で暮らす生活を想像してみる。うん、多分無理。憧れはするけれど、実際暮らしたらきっと私は根を上げるはず。震度4で崩れるらしいし。

夢は夢としてとっておこう。月に一度ここで行われる小権太さんの勉強会。月イチで江戸に旅すると思えばまた楽しみが増えます
ただし7月・8月は行こうか行くまいか悩み中。
だって・・・・・・暑いもん(●´ω`●)


                     お後がよろしいようで。








shizutamarakugo at 12:24コメント(2)トラックバック(0) 
猫ムスメ