懸賞金

2013年05月30日

【稀勢の里vs琴奨菊】
今場所のハイライト、稀勢の里。
驚いたのですが、日本人で優勝したのは平成18年1月の栃東が最後だったのですね モンゴル人ばっかりというイメージを抱いておりましたがまさかここまで開いていたとは・・・観戦に来なければ知らないままでした。また、日本人最後の横綱は平成15年1月場所中に引退した貴乃花が最後だそうで、以来10年、日本人横綱不在の状態が続いているとか・・・不甲斐ないですね。確かに頭上の優勝額を見たら白鵬・白鵬・白鵬で、日本人は1人もいませんでした(((( ;゚д゚)))  
こういうデータを見てしまうと稀勢の里にかける皆の期待がよく分かります。実際、日馬富士に対し「今日は頼むよ!」と叫んでいる人もいました(稀勢の里が勝って日馬富士が白鵬に勝てば優勝決戦にもつれ込むので)  
しかし結果は皆様ご存知のように、稀勢の里の敗け。呆気無い勝負でした。やはりプレッシャーに負けたんですかね。ちなみに勝負がついた瞬間の国技館内の空気はなんとも言えなかった・・・溜息の渦・・・誰が可哀想って琴奨菊(泣)  これほどやりにくい取組があったでしょうか。その場の大半に喜ばれない勝利って気の毒です。誰か1人でも琴奨菊に「よくやった!」って叫んであげてやって欲しかったですね
稀勢の里2



【白鵬vs日馬富士】
稀勢の里が負けた時点で白鵬の優勝は決定。後は全勝で優勝するかどうかだけです。こうなるともう、白鵬の強さを見物するのみですネ。で、実際見た白鵬はメチャメチャ強かったです 既に優勝が決まっていて肩の力も抜けていたのか余裕の表情。圧倒的な勝利でした。ちなみにオペラグラスで見て気付いたのは、白鵬の身体の綺麗さでした。グラス越しに見ると大変よく分かるのですが、どの力士も肩・手首・足首にサポーターをグルグル巻いているのですよ。そして胸や背中にも多かれ少なかれ傷を負っています。でも白鵬だけは違いました。右手首に細いサポーターを一箇所巻いているのみ。後はまっさら。傷も見えませんでした。やはり強い力士というのは怪我しないのかしらね~と感心するワタクシでした(あくまで素人考えなので違うかもしれません)。・・・なにはともあれ白鵬関、優勝おめでとうございます(^∀^)
結びの一番



【懸賞金】
相撲には企業や団体から懸賞金がつきますネ。それは知っていたのですが、対象となる取組前に土俵の回りを呼出さんが「懸賞幕」を持ってグルグル回るのには驚きました。懸賞が多いと大変じゃん 
また、全てのスポンサーの名前を読み上げるのですが、一社につき何本も懸けられるらしく「味ひとすじお茶づけ海苔の永谷園」「さけ茶づけの永谷園」「梅干し茶づけの永谷園」・・・とか微妙に変えているのがウケた。永谷園とタマホーム、どんだけ相撲で宣伝したいんだwww  
(ちなみに3本懸けてる高須クリニックは全て“イエス!イエス!イエス!高須クリニック”で通しており院長のブレなさを感じました)笑。 
さてこれだけ懸賞が懸けられていると気になるのは金額 一体いくら貰えんのよ~と思うのが人のサガです。で、後から調べたら「一本6万円」でした。このうち5千円は相撲協会に行き、力士の取り分は5万5千円(うち2万5千円は引退後に入る)。つまりその場では3万円貰えるワケですね。あ、今「その場」と書きましたが本当にその場で貰えるんすよね 後から銀行振込とかじゃない(笑) 取組が終わった後すぐ土俵上で行司さんが軍配の上に懸賞袋を乗せ手渡すのを目撃しビックリでした。でも考えてみればこれ程わかりやすい「ニンジン」はない。勝ったらその場で現金決算!! こりゃヤル気が出るってモンです。
尚、この日の「白鵬vs日馬富士」の取組には、取組表に書いてあるだけで41本の懸賞が懸けられていました。直前に申し込む人もいるみたいですから、実際はもっと多かったかもしれませんね(上限は51本だそうです)。白鵬に渡された懸賞袋はぶ厚く、横綱の大きな手でも持ちきれないくらいになってました。41本×6万円・・・246万円・・・・・・ただひたすら「羨ましい」の一言です
稀勢の里白鵬













 ・・・さて、本来なら「其の三」あたりで記事を終わらせるつもりでしたが他人のお金の皮算用をしていたら長くなってしまいました(笑)  
もう少し続けさせて頂きたいと思いま~す( ´∀`)つ

shizutamarakugo at 19:15コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ