振り込め詐欺

2012年05月31日

今朝、田舎に住む叔母から一通のメールが送られてきました。

娘(私にとっては従姉)からメールが送られてきたけど英文で読めない。でもタイトルに「Help」と書いてあるから緊急ではないか。悪いけど代わりに読んでくれ・・・という切迫した内容でした

原文は以下の通り。

Subject: FW:Horrible Experience (Help Needed)!!!!!!!

    I am writing this with tears in my eyes. I am presently in Manila, Phillippines on short vacation as I write you, Its unbelievable I am stuck here, I was mugged at gun point on my way to the hotel, all cash, credit card, cellphone and other valuable things were taken off from me at the gun point, am thanking Almighty God for save keeping my passport., I really need your urgent assistance. I just need $2,500 to settle out my hotel bills, I promise to I get home because I still have some cash in my account but I cant access any here right now, I've already cancelled my credit card and am at the public internet library where am making use of the free internet access, I will forever be grateful if you can help me. Waiting to hear from you quickly because my flight leaves in couple of hours but I need to settle the hotel bills.

Regards,


通勤途中だったのでザックリとしか読めませんでしたが、要はこういうことですね。『今、泣きながらこのメールを書いている。マニラを旅行中、ホテルに帰る途中の道でギャングに銃を突きつけられ現金とクレジットカードを奪われた。パスポートは無事。帰国したら必ず返すから2500ドル振り込んでくれ。もうすぐフライトの時間だけどホテル代が払えなくて出られず困っている。急いでくれ。』 ・・・こんなところです

一瞬こりゃ大変だと焦りましたが、何かがおかしい。
まず最初の一文「writing this with tears」が従姉らしくない。
この人は女だてらに海外を飛び回りセレブに宝石を売って歩いている豪傑です。某国のホテルでマフィアの銃撃戦に巻き込まれエレベーターを逆走して逃げたなんて出来事を笑いながら話している人です。だからギャングに財布を盗まれたくらいで母親にこんな泣き事めいたメールはしない筈です(/TДT)/

早速、心配している叔母に内容を話し電話させたら、従姉は普通に日本にいました(笑)  振り込め詐欺ですね・・・ 

でも、幾つか疑問が湧きます。
振り込め詐欺にしては振込先口座が書いていない。叔母が騙されて振り込んだとしても娘の口座に振り込んだはず。
個人情報なので削除しましたが、本文の下にちゃんと従姉の会社の名前と住所・電話番号・携帯メールアドレスまでサインされていました。送信元のアドレスもキチンと会社のアドレスでした。いわゆる『なりすまし』というヤツだと思いますが、ここまでなりすませるものなのでしょうか。
従姉が海外を飛び回っている人間だと知っているような内容。例えば私がいきなりマニラにいるとメールしても誰1人信じないはず。

一体これはなんなんでしょう。
誰か従姉を知っている人間の悪質な悪戯なのか??

なんにせよ、朝から人騒がせなヤロウです( -д-)ノ
歳とった叔母をドキドキさせないでください


                お後がよろしいようで。









shizutamarakugo at 19:43コメント(8)トラックバック(0) 
猫ムスメ