新春寄席

2013年01月28日

先週の大和田落語会で “落語熱” が再燃した(?)私。
土曜日は再び、千葉の地域寄席的落語会に行って参りました


130126_1927~0001【新春寄席@勝田台文化ホール】

柳家 喬四郎 『つる』
笑福亭 鶴光 『善悪双葉の松』
柳家 権太楼 『くしゃみ講釈』
 ~仲入り~
鏡味 正二郎 太神楽曲芸
柳家 さん喬 『幾代餅』

三つ巴競演会というタイトル通り東西の大御所が腕を競う素晴らしい顔付け。


鶴光さんは初見。ネタも『善悪双葉の松』という初めて聴く演目でした。10年間真面目に奉公した男が貯めた100両を持ち故郷へ帰るが途中山賊に会い全て奪われる。しかし山賊から狼よけに貰った刀が実は名刀で300両という値がつき再び故郷へ向け出発。そして途中で山賊(実は兄だった)から救ったお嬢さんと結婚、子を儲け後は大地主となる・・・という新春らしいおめでたい噺。関西らしくダジャレをふんだんに交えながらの熱演で始終、爆笑。これって上方のネタなのかな?? 鶴光師匠のブログを拝見したら、2012年7月に「南燐さんからいただいて初めてやった」と書いていらっしゃいました。まだネタおろしされて日が浅いのですね。でもその後、国立や深夜寄席などで頻繁にやられているようなので、すっかり得意ネタの1つになられたのだと思います。いや、いい噺を聴きました
権太楼師匠の『くしゃみ講釈』は相変わらずくしゃみを堪える顔などがなんとも言えず、お見事。ただ途中で後ろから「その顔イイネ!」などとヤジを飛ばすオッサンがいてウザかった。黙れ勘違い落語ファン
トリはさん喬師匠。空き空きの客席を見て「昼夜2回やることかな」とチクリ(苦笑) でもしっとり聴かせる『幾代餅』を演じてくださいました。


ところでこの『新春寄席』、さん喬師匠がおっしゃったように毎年、「昼の部」と「夜の部」の2回やっています。私は初めて行った昨年も、2回目の今年も、「夜の部」をチョイスしました。しかし時間が少し違ったんですよね(昨年は18時開演・今年は17時開演・・・)
と言うのも、失礼ながら勝田台は “お年寄りの街” 
商店街は概ね19時に閉まるしヨークマートでさえ22時閉店Σ(´д`;)
19時過ぎるとほとんど駅前しか人が歩いていません。
で、去年の新春寄席も「夜の部」の入りが非常に悪かったことから1時間開演を早めたらしいです(他のお客さんが噂してました)。
しかし工夫の甲斐なく今年もガラガラ。326人収容のホールですが目算100人ほどしかいませんでした  
昼の部はほぼ完売だったらしいので、すごい差ですね( -д-)ノ

勝田台というあまり聞き慣れない土地柄どうしても“地元のお年寄り中心”になるのは無理もないのですが・・・それにしても2/3空席って・・・
権太楼・さん喬なんて、都内だったら300席くらいすぐ埋まる顔付けなのにねぇ 

ゆったり見れてラッキーだったわ♪ と思う反面、「みんなもっと千葉に来ようよ(勝田台は僻地じゃないよ!)」と、少々複雑な思いを抱くのでした(´-д-;`)



                    お後がよろしいようで。




130126_2004~0002130126_2046~0002











【写真】
落語の後、勝田台で働く知り合いと一緒に南インド料理『葉菜』でカレーを食べました。ここのカレーはヘルシーで本当に美味しい
食べていたらご主人から「ビーツが今日で閉店です」と言われました。ビーツとは隣のビルで奥様が経営されているバーです。閉まるのは知っていたけどまさかこの日がラストだったとは・・・。慌てて向かい、カウンターで最後の一杯を飲ませて頂きました。偶然とは言え閉店に立ち会うことが出来て良かったです。奥様、9年間お疲れ様でした。



shizutamarakugo at 19:56コメント(8)トラックバック(0) 

2012年01月22日

「新春寄席」に行ってきました
http://www.ycp.or.jp/jigyou/j23-yose.html

演者は三遊亭小遊三師匠と、柳家三三師匠(こうして書くと三が多いなw)
小遊三師匠は笑点でお馴染みだし、三三師匠は “いま最もチケットが取りにくい噺家の一人” と言われている人気者です
ところが今回、2週間ほど前「18時の部ならまだ空席アルヨ」と八千代市スポーツ財団の知り合いに囁かれたんです川 ̄_ゝ ̄)ノ

と言うのも実はこの新春寄席、毎年、八千代市市民会館で開かれているのですが、今年は市民会館が改装工事中のためイレギュラーに勝田台文化センターが会場となったのです。それで恐らく地の利が悪かったのか(?)チケットが少しだけ売れ残りました   ・・・ま、こうなったら行くしかないでしょう(笑)

120121_2011~0001春風亭 べん橋 『転失気』
柳家 三三    『二番煎じ』
      ~仲入り~
林家 二楽    紙切り
三遊亭 小遊三 『羽団扇』

二楽さんの紙切り、今回は特に気合が入っていた気がする。お客さんのリクエストが「平清盛」とか「ダルビッシュ」とか無茶ぶりが多かったけれど、うまく作るどころか想像を上回る細かさで一同“オォーッ”でした

三三さんは相変わらずの間合いで二番煎じを悠々と。
小遊三師匠の演目は最初「天狗裁き」だな~と思って聴いていたら夫婦喧嘩の後いきなり天狗様登場。大家も奉行もなし。マクラ(談志師匠の思い出話)でだいぶ時間を取ったから大胆にショートカットしたのね~と思っていたら、鞍馬山の頂上で天狗様から団扇を騙し取り、空を飛び。そして七福神の船に転落し、共に新年会をするというまさかの展開。初めて聴いたのでヘェ~でしたが、最後に演目のボードを見たらタイトルは『羽団扇』でした。やはり似た噺でも落語って色々あるのね~と、改めて感心するのでした(゚∀゚)アヒャヒャ

ところで私、ここ最近やけに笑点メンバーにご縁があります。
あまり興味がないので今まで一切チケットを取ったりしていなかったのですが、ここ3ヶ月ほどで、たい平師匠→円楽師匠→小遊三師匠と続きました。ホント、狙った訳じゃないんですけどね~(←ここ強調w)
皆さんの落語を聴いて“やっぱりテレビに出る人ってそれなりに落語もお上手な方達なのね” との感想を抱いておりましたが、皆さん笑いを取るのに揃って使われるのは、やはり “歌丸死亡ネタ”♪ もはや古典の世界です
私もお次は歌丸師匠のチケットを取ってみようかしら~。
・・・ご健在なうちに(´∀`)


                       お後がよろしいようで。




120121_2146~0002【写真】落語会がハネた後、ツレと知り合いのママさんがやっている居酒屋へ。
三三師匠の「二番煎じ」を聴いた後だったので、たまらず湯豆腐を頼みました(流石にしし鍋はありません・・・) 

もちろんお酒は燗で!!! 
三三さんほどリアルに出来ませんがハフハフ言いながら“三番煎じ”まで飲ませて頂きました






shizutamarakugo at 17:01コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ