月がとっても青いから

2013年10月29日

ここのところ、月がとっても綺麗でしたね
(台風連発の前はwww)
「中秋の名月」、そして「十三夜」共によく晴れて真ん丸お月様を拝むことが出来ました。

ゴミゴミした都会でも月はよく見えます。
会社からの帰り道、“綺麗だなぁ”と空を見上げながら歩いていた私は無意識に口ずさんでいました。
 【月がとっても青いからぁ 遠回りして帰ろう♪】

・・・ん、なんじゃそれ!?!? です(つд⊂)ゴシゴシ
私は何の歌を歌っているんだ  しかも節回しが怪しい。歌詞も【遠回りして帰ろう♪】の後が分からない。遠回りして何すんだ(笑)
ものすごい気になったものの、どうしても思い出すことが出来ません。十五夜で思い出せず、十三夜でも思い出せず・・・壊れかけのレディオの様に【月がとっても青いからぁ 遠回りして帰ろう♪】を繰り返すのみ。モヤモヤ~モヤモヤ~(((( ;゚д゚)))

どうしても気になってならないので、ツイッターでつぶやいてみました。「月がとっても青いからぁって歌のタイトルが思い出せません」と。
すると驚くべきことに、すぐさま5人のフォロワーさんからお返事を頂きました。恐るべし、ツイッター インターネットが無い時代ならこういうことって調べ様がなく、モヤモヤ~のまま一生を終えていた(?)んでしょうね。改めて便利に時代になったもんだと実感です。しかもそのうち2人の方はご丁寧に音源まで貼り付け送ってくださり、一瞬にして十五夜からのモヤモヤが解消されたのでした(o^∇^o)ノ



  題名『月がとっても青いから』
作詞:清水みのる、作曲:陸奥明、唄:菅原都々子
1.月がとっても青いから  遠まわりして帰ろう  
あの鈴懸の並木路(なみきじ)は  想い出の小径(こみち)よ  
腕をやさしく組み合って  二人っきりでさあ帰ろう


・・・そうか、こういう歌だったんだ。とっても可愛い歌ですね
歌詞も切ないし、菅原都々子さんの歌声も可愛らしい。
昭和30年、今よりずっと市場が狭かった当時で100万枚のヒットを飛ばしたというから驚きですが、売れたのも大変よく分かります。

それにしても私、なんでこんな古い歌を知ってたんだろう(汗)。
何かの懐メロ番組ででも見たんですかねw

ちょっと謎だけどとにかくモヤモヤが晴れてよかったです。
これで今度から月を見上げた時、正確に口ずさめる(笑)
フォロワーの皆さん、ありがとうございました(^_^)ニコニコ




shizutamarakugo at 20:11コメント(6)トラックバック(0) 
猫ムスメ

猫ムスメ