末廣亭

2010年12月26日

今年最後の日曜日。
とんと落語から遠ざかっていた今日この頃ですが、年内にもう一度は生落語を聴きたいなと思っていました。いわゆる『笑い納め』です

そこで、なんとか昼間だけ時間を作り、寄席へ行くことにしました。
とは言っても普段あまり定席寄席は行かないので顔付けすら知らず、どこをチョイスして良いやらわからない(´-д-;`)  
しかも朝起きてから急に行くことを決めたくらいのドタバタっぷりだったので、結局、ロクに調査する間もないまま東西線に飛び乗りました。
そして、“ついでに買い物もしたいし” という理由だけで新宿末廣亭へ・・・・・・ある意味、博打です(笑)


【新宿末広亭 下席 昼の部】
三遊亭時松「犬の目」・マギー隆司(奇術)・入船亭扇治「道具屋」・桃月庵白酒「つる」・入船亭扇好「寄合酒」・柳家はん治「唐獅子牡丹」・柳家紫文(俗曲)・三遊亭吉窓・桂才賀・ペペ桜井(ギター漫談)・林家正蔵「ハンカチ」  ~仲入り~  林家しん平「狸賽」・笑組(漫才)・五街道雲助「持参金」・三遊亭円丈「がまの油」・鏡味仙三郎社中(太神楽)・柳家さん八「短命」

途中、演目名の抜けている部分がございますが、気にしないでください。大人の事情です(←要は爆睡していただけ) 
・・・大変失礼致しました。゜゜(´□`。)°゜。

開場10分前に到着したものの、既に50人ほど列を成していました。そんなに派手な顔付けじゃないのに、落語人気すごい 
終わった時には立ち見まで出ていました。

内容的には、市馬師匠がお休みで代演が正蔵師匠というガッカリもありましたが(爆) 代わりに、うん平さんの代演で白酒さんが登場するという拾いモノもあり・・・寄席ならではの楽しみ方をすることが出来たと思います 前座噺の「つる」も白酒さんが演ると爆笑噺になるから素晴らしいですネ。

・・・これにて本年の落語活動は終了。
明日から晦日まで、しばらく早朝出勤が続きます。
落語の神様、本年は大変お世話になりました。来年もよろしくお願い致します(^_^)ニコニコ


101226_1137~0001







             

      お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 18:28コメント(17)トラックバック(0) 
猫ムスメ