東京かわら版

2015年05月31日

「東京かわら版500号記念落語会」なるものに行って参りました 


東京かわら版は“日本で唯一の寄席演芸専門情報誌”。今年で創刊
40周年というから大したものです。一般の雑誌がボコボコと廃刊する中、いかにコアな客を掴んでいるかがよく分かりますね。
恐らく関東のみならず日本中の落語ファンが購読しているのではないでしょうか。かく言う私も落語を聴き始めてすぐの時から56年、ずっと定期購読していますよ(´∀`*)

そんな東京かわら版様の
500号記念落語会ですから「おぉっ」って感じですね。まず間違いのない顔付でしょう。人気・実力ともに兼ね備えた噺家が出るはず。チケットも早い段階に「完売」となってしました(私は広告主であるP-マン金子さんのお陰で潜り込むことが出来ました。感謝多謝。)

12















【左】
お花も贈るところが流石です。なかなか出来ることではありません。
【右】
毎年12月号は誰かがサンタクロースになり表紙を飾る東京かわら版。今年はどの師匠になって欲しいか? 今日いるお客さんの投票で決まるそう。責任重大ですね! 尚、私が誰の名前を書いたかは秘密です。



では早速、気になる顔付け・・・・・・

l_1422244260[1]5
















喬太郎・談笑・兼好・一之輔・ナイツ・笑二・・・
す、すごい.。゚+.(・∀・)゚+.゚
落語協会・立川流・円楽一門・落語芸術協会からスター選手を集めた感じですね。これほど組織・門派を超えたスターが一度に見られるのは貴重な機会じゃあないでしょうか。落語ファンとして良い経験を致しました。本当にありがとうございます。
どの師匠も流石の腕前であっと言う間の2時間半でしたが、「健闘賞」は立川笑二さん。まだ24歳の二つ目ながら色々“持っている”人。なんと、沖縄出身唯一の噺家なんですね(以前は立川メンソーレさんがいらっしゃったけど廃業してしまいましたからね)。沖縄出身であることをフルに活かし、なんと弥次郎が離島に流れ着くストーリー展開w そしてまさかのオスプレイ墜落というサゲw もう抱腹絶倒でした。他の名だたる師匠方に決してヒケを取らない一席・・・すごいと思います。立川流にもこんな若手がいらっしゃるんですね~。これまた勉強になりました




1BlogPaint

 















あ、肝心なことを申し遅れましたが、500号、本当におめでとうございます。先日届いた
500号記念特大号では、創設者であり発行人の井上さんが今まで出した全ての号を積み上げ、その横に立った写真を載せていて、印象的でした。その高さ、1メートル40センチとのこと   
あと少しで井上さんの身長を超えそうです(超えるといいですね)。
落語ファンの、月に一度のお楽しみ・・・是非これからも続けてください。よろしくお願い致します。




                       お後がよろしいようで。 



shizutamarakugo at 12:00コメント(6)トラックバック(0) 

2015年02月27日

東京かわら版の3月号が届きました

3

こりゃ永久保存版っすな( ̄∠  ̄ )ノ

新真打10人がズラリと並ぶ表紙、格好良すぎる。
しかもその中には我らが馬治さん&馬吉さん(改メ馬玉師匠)。


12














10人それぞれのインタビューも載っていて、これまた興味深い。
皆個性がよく出ています。
周りの人間を大切にする馬治さん(大和田落語会の席亭・司法書士の先生など具体的に書いているのは馬治さんだけ)、師匠大好きな馬吉さん(2ページの大半を師匠との出会いや芸への憧れで埋め尽くしている)・・・・・・もちろんどちらも違って共にイイ。互いに兄弟弟子である相手への感謝(?)を綴っているところも素敵です


こりゃ本当に永久保存版だな。
保存用にもう1冊欲しい。
でも東京かわら版ってどこに売ってんだろう?
(※いつも定期購読で届くのでワカラナイ)。

どこかの本屋で見つけたら即GETですv( ̄∇ ̄)v




                          お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 19:00コメント(8)トラックバック(0) 

2010年09月01日

9月です。
信じられないけど、9月です。毎日熱帯夜が続き、昼間は昼間でウッカリ外を歩くと死んでしまう暑さ・・・でも、9月です(●´ω`●)

今年は秋が無さそうですね。やっと暑さが和らいだと思ったら寒い冬が来て、あっという間に年が明け、そしてまた1つ、歳をとるのでしょう  あっけないものです。

100831_1929~0001そんなボヤキから始めてみましたが、今月も東京かわら版が届きました。毎度のセリフですが、月末にコレが届くと、“あぁ、もう1カ月が終わるのか” と実感します。私には光陰矢の如しを映し出す、バロメーター。
そして、私のスケジュールを決める決裁権者でもあります(笑) しかし、今月に限っては見るまでもないんですよね  なんだかんだで忙しく、もう行くべき落語会は決まっちゃってますから・・・
特に今月前半は仕事もギッシリ・遊びもギッシリ・落語もギッシリという有り得ない状況です。体力もつのかなぁ。

とりあえず、今月を乗り切れば夏の仕事が一段落します。
秋が来たら田舎にも帰りたいし、旅行にも行きたい。だから今のうちに「落充」しておきたいと思うのです(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

shizutamarakugo at 19:42コメント(2)トラックバック(0) 

2010年07月06日

今月も東京かわら版が届きました。これが届くたび、“1カ月って早いなぁ。歳とるわけだ。” と背筋が凍る私です 
まぁ今月のかわら版に特筆すべき点はありません。楽しみにしている巻頭エッセイが、私が心底バカにしている中谷彰宏なので、特に・・・写真だけで虫酸が走るので、あまり開けないようにしています。

100703_1045~0001100703_1045~0002











ところで東京かわら版で私が必ず見るページの1つに、裏表紙があります(写真右)。一言で言うならば、広告ページです。見るからに利益の薄そうな情報誌、東京かわら版。そんなかわら版を発行している(有)東京かわら版における貴重な収入源ではないのでしょうか

きっと一コマの値段もメチャメチャ安いと思うし、こんな所に広告を載せるのはよほどの落語好き。どう考えても本気で広告効果が有るとは思えないので、恐らく 「お遊び」 でしょう(^_^)ニコニコ

・・・に、しても皆さん香ばし過ぎです
『落語本のことなら古書 芸林荘』・・・うむ、これは妥当ですね。落語雑誌っぽい広告。
『芸人さんたちを応援する蕎麦屋 人形町翁屋』・・・素晴らしい、今度食べに行きます。
『落語大好きおじさん 税理士 野口会計事務所』・・・ぷっ(笑)

そして!!! 
私が購読当初より気になっていた広告がコレ。
『お笑い大好き! パチプロ P-マン金子』 です

まず、本当にP-マン金子さんはパチプロなのか?
そして、パチプロって宣伝する必要があるのか??
妄想は膨らみます。落語会でなんとなく“それっぽい”人を見ると、もしやこれがP-マン金子さんかしらなどと思ってしまう私・・・トリコです。

こんな魅惑の情報誌、東京かわら版。一部書店や寄席にて絶賛(?)発売中。どうぞ見かけたら手に取ってみてください。そして、裏表紙を見てください(o^∇^o)ノ

                        お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 21:02コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月01日

風薫る5月です。皐月です。GWです。
今年のGWは期間中ずっと天候に恵まれるようで、皆さんウキウキと予定を立てているのではないでしょうか(^_^)ニコニコ

私は・・・と申しますと、相も変わらず仕事です お正月もそうですが、月始めは忙しいので土日祝日カンケーありません。今年も5/4のお昼までは仕事が詰まっており、「働けど働けど・・・」とつぶやきながらジッと手を見る今日この頃です(*´∇`*)

100501_0811~0002さて、そんな毎日でして特にネタもありませんので、仕事しながら届いたばかりの東京かわら版5月号など手に取ってみました(笑)
今月は落語芸術協会から真打ちに昇進した4人が表紙を飾っていますね。凛々しいです

・・・さぁ困った。ここから話題を広げようない。というわけで、とりあえずオススメ情報を一つ(笑)

私の大学の先輩であり、お酒を飲むとこの上なく楽しい師匠である、柳家甚語楼師匠が「ひとり会」を開かれます。かわら版の「Pick Up情報」にも取り上げられているのですよ  真打ちになって4年、テレビの「落語者」にも出演された実力派の師匠ですが、意外や意外、ご自分でひとり会をされるのは初めてとのこと・・・。
さぁ皆さん、5月22日はお江戸日本橋亭です
・・・・・・あ、予約一杯だったらゴメンナサイ( ̄ー ̄)ニヤリッ
        
      http://jingoro.sakura.ne.jp/index.html


                           お後がよろしいようで。

 



shizutamarakugo at 17:50コメント(4)トラックバック(0) 
猫ムスメ