東京国立博物館

2010年02月28日

100228_1709~0001今年も桜が咲きました。
今年度、初めて見た満開の桜は東京国立博物館の河津桜

実は今日、ある噺家さん(大師匠)に上野でお蕎麦をご馳走になったんですね。
それで『今、国立博物館で長谷川等伯展をやっているので行きましょう』という話になり、食後のお散歩がてら連れて行って頂いたんです。

長谷川等伯の迫力ある仏画・花鳥画もさるものながら、庭に咲く1本の桜が何よりも価値あるものと感じました(*゚▽゚*)

それにしても お蕎麦&日本酒 → 桜&日本画
・・・こりゃ完璧な和の休日ですな 気分は池波正太郎です。

こんな静かな休日がとても愛おしい、初春の一日。
師匠、ありがとうございました

                        お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 20:21コメント(2)トラックバック(0) 

2010年01月11日

さて、3連休最終日にして落語連チャン2日目 世間はどうやら成人式のようですね。成人式で暴れる若者がニュースで流れる度、『日本にも徴兵制を作った方がいいんじゃないだろうか』・・・と本気で思ってしまうここ数年です(自衛隊にでもブチ込んでほしい)

100111_1622~0004西郷さん横目に上野公園を突っ切る。
今日の会場はすごいですよぉ 上野の「東京国立博物館 平成館大講堂」です(⌒-⌒) 博物館で落語なんてやるの?? と思いきや、毎年恒例とのこと。金原亭馬治さんに聞いたら、馬生師匠が(昔の)文部科学省のお役人と知り合いで、その関係で頼まれ始まったのがキッカケだったそうです。なんか大人の事情が察せられますが、まぁ楽しきゃいい。本日の演目は・・・

古今亭菊春 「寿獅子」
金原亭馬吉  「替り目」
古今亭菊春 「みやと川」
一同     茶番「忠臣蔵 三段目」
      ~仲入り~
金原亭馬治 「真田小僧」
金原亭馬生 「富久」
一同      大喜利

馬生一門を拝見するのは新年明けて初めてでしたが、やはり落ち着きます・・・。『脱ピヨピヨ宣言』で馬治さん離れを宣言した私ですが、やはりホームはここですな 離れて初めて知る、親の有り難さ。観客にも顔見知りが多く「久しぶりだね~今年もよろしく!」と声をかけて頂きながら、私の居場所はやっぱりココかしら、と感じてしまいましたよ
・・・でも、くじけてはいけません。しばしのサヨナラ馬生師匠・馬治さん・馬吉さん(また来るからねぇ)と心の中で手を合わせ、再び猫一匹、旅に出るのでした。まだ見ぬ噺家を求めて・・・        <完>

                         お後がよろしいようで。

shizutamarakugo at 22:04コメント(0)トラックバック(0) 
猫ムスメ