林家しん平

2011年03月23日

映画「落語物語」を観てきました。

現役の噺家である林家しん平師匠が監督をされた、生粋の落語映画です(^_^)ニコニコ     メガホンを取ったのが噺家なら、出演者も噺家が盛り沢山。しかも柳家権太楼師匠や柳家喬太郎さん等、当代きっての人気者が出ているんですね(それも、まさかの配役で♪)
私が直接親しくしているのは主役の柳家わさびさん・柳家小権太さんだけでしたが、それでもいつも寄席で拝見している師匠方がスクリーンで見られるのは、とてもエキサイティングな体験。
余震は怖いですが、勇気を出して行ってきました 
http://rakugomonogatari.jp/


爆笑必至の映画だとは聞いていましたが、まさかこんなに泣けるとは…  “やられた~”って感じです。ネタバレになるので詳しくは書けませんが、田畑智子さん演じる女将さんには泣かされっぱなしでした。いくら噺家の皆さんが役者揃いだからといって、本物の役者さんはやっぱり違うなぁ(当たり前)、叶わないなぁ(当たり前)というのが、一番の感想です。うますぎる。

それと、配役の妙。主役のわさびさんも “まんま” 弱々しい小春だし、床屋の親父の権様・天狗になった真打ち馬石師匠・アヤシゲな呑み屋の喬太郎さん・・・どれも、この人しかいないっしょというハマリっぷりでした。これもしん平師匠の厳選の賜物ですね。本物の役者さんの使い方含め、最高のキャストだったと思います

周りのお客さんもほとんど落語ファンの人たちでした。誰かが登場するたび、「小朝~w」とか「百栄ちゃ~んw」とか声が漏れるんです(笑)

ちょっと変わった空間だけど、純粋に映画としても楽しめるレベル。
東京では東劇にて4/8までやっています。お暇がある方は、是非行ってみてください(⌒-⌒)


                         お後がよろしいようで。



shizutamarakugo at 21:30コメント(6)トラックバック(0) 
猫ムスメ